こはく湯の宿 中鉢旅館(再訪)

1DSCN1523.jpg

今日は、東鳴子温泉の中鉢旅館に行ってきた。
約4年半ぶりの訪問となる。
中鉢旅館の場所は、国道47号線沿いにあり、川渡温泉と東鳴子温泉の中間ぐらい。
到着時、駐車場には10台程度の車が停まっており、混雑覚悟で入ることにする。

1DSCN1575.jpg

駐車場のところにある温泉入口から建物の中に入り、通路を抜けて外に出ると本館がある。

2DSCN1573.jpg

館内に入ると、いつものように愛想のいい女将さんが出てきて対応してくれる。
券売機が故障中で、千円札が使えないので現金で払う。
廊下の右側は無料の休憩所となっている。
お風呂は廊下を奥に進み、途中から左に曲がった突き当りにある。

3DSCN1527.jpg

正面が男湯、奥が女湯となっており、前回と同じ。

3DSCN1559.jpg

細長い造りの脱衣所は、左側に鍵付きのロッカーがあり、奥に洗面台がある。
洗面台にはドライヤーが2台備えられている。

4DSCN1528_201711191714241e5.jpg

浴室に入ると、先客さんが5名ほどいらっしゃる。
そこで、掛け湯だけして、そのまま露天風呂に向かう。
露天風呂には6人サイズの岩造りの浴槽がある。
今日の鳴子方面はみぞれ模様で、時折風に煽られて吹雪のようになっている。
寒いので露天風呂に入ってくる人は誰もおらず、終始貸切状態。

4DSCN1534.jpg

湯口は、浴槽の底の辺りにあり、かなり熱いお湯が注がれている。
お湯の注ぎ口付近には泡が立っている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉で、中性のお湯。
色は土色で、匂いはモール系のアブラ臭。
湯温は少し温めだがほぼ適温。
以前は露天風呂の温度が低くて寒い時期には入れなかったが、改善されていた。

4DSCN1538.jpg

掛け流しになっていて、溢れたお湯は岩の隙間から外に流れ出している。
露天風呂では、風が冷たいので、顔だけ出してお湯に浸かった。

しばらく露天風呂を楽しんだが、内湯が空いてきたので移動する。

5DSCN1544.jpg

浴室には8人程度が入れる広さの浴槽がある。

5DSCN1549.jpg

湯口からは熱めのお湯が静かに注がれている。
泉質は露天風呂と同じだが、お湯の色はかなり濃く感じる。

5DSCN1554.jpg

浴槽の隅に設けられた切り欠けからは静かにお湯が溢れ出している。

5DSCN1541.jpg

洗い場は5箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

髪と体を洗い、髭を剃っていると、後ろから大きな音が聞こえる。
お爺さんが床で滑って転んで、頭を浴槽の縁にぶつけてしまった。
私も手伝って救急搬送することに。
最初は意識がなく心配したが、救急隊員が到着するころには意識が回復した。
無事であることを心から祈っている。

久しぶりの中鉢旅館だったが、露天風呂の湯温が改善されたのが嬉しい。
みぞれ混じりの小雪が舞う中、家路に着いた。

こはくの湯 中鉢温泉
場所 大崎市鳴子温泉大口要害38-5
料金 大人500円 子供200円(小学生は大人料金)
時間 10:00~17:00


スポンサーサイト

松島温泉 乙女の湯

1DSCN1419.jpg

11月11日(土)に、栃木県のさくら市にある松島温泉乙女の湯に行ってきた。
場所は、東北自動車道の矢板ICから車で10分程度のところ。

1DSCN1421.jpg

駐車場は広く、正面に日帰り入浴施設、左側には宿泊施設がある。
営業開始5分前に到着し、さっそく乙女の湯に向かう。

1DSCN1339.jpg

スロープを登り玄関から中に入る。
「あと5分ほど外でお待ちください」とのこと。
玄関の外でしばらく待ち、10時ちょうどに館内に入る。

2DSCN1413.jpg

鍵付きの下足入れに靴を入れて、受付で鍵を渡して入浴料を払うと、脱衣所のロッカーの鍵が渡される。

2DSCN1410.jpg

受付から奥に進むと、廊下の左側には無料の休憩所兼食堂がある。
向かい側には手前に男湯、奥に女湯が配置されている。

3DSCN1392.jpg

脱衣所は広く、鍵付きのロッカーがたくさん並んでいる。

3DSCN1404.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられ、「美肌水」と呼ばれる化粧水が置かれている。
少し手に取って肌に擦ると、肌がスベスベになる。
きっと女性には大好評だと思う。

4DSCN1354.jpg

浴室に入った瞬間に、タマゴ臭が感じられて嬉しくなる。
浴槽は10人程度が入れる広さ。
窓から光が入るので浴室は明るい。

4DSCN1359.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉。
トロミのあるお湯で、湯温は少し温め。
湯使いは、加水なし、循環なし、消毒なし、冬季のみ加温ありの掛け流し。

4DSCN1383.jpg

浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出している。
浴室の床は、溢れ出したお湯で濡れている。
滑るので歩くときには注意が必要。

4DSCN1362.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワーのみ設置されている。
嬉しいことにシャワーのお湯は温泉。
タマゴ臭プンプンのお湯を頭からかぶると、全身がローションに包まれ、とても気持ちが良い。
シャンプーもできるというボディソープが置かれているが、普段使っているシャンプーを持参した方がいいかもしれない。

5DSCN1371.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
岩造りの浴槽は10人程度が入れる広さで、一部に屋根が掛けられている。
周囲を塀で囲まれているので眺望はあまりよくないが、青空を眺めながら気持ちよく湯あみができる。

5DSCN1375.jpg

岩の隙間からお湯が注がれている。
泉質は、内湯と同じ。
湯温は少し温め。

5DSCN1388.jpg

岩の間から絶えずお湯が溢れ出している。

朝一を狙ったおかげで、ほぼ貸切状態。
お風呂から出る頃に1人入ってきたが、それまでは独泉。
お湯が新鮮で、湯温が温めなので、いつまでも入っていたいと思える温泉だった。

松島温泉 乙女の湯
場所 栃木県さくら市松島900
料金 大人820円 子供510円
 16:00~大人610円 子供400円
時間 10:00~21:30(入館は20:30まで)




ホテルシンフォニーアネックス(再訪)

1DSCN1248.jpg

11月5日(日)に山形県の寒河江市にあるシンフォニーアネックスに行ってきた。
こちらへは約1年半ぶり、2度目の訪問となる。
場所は、ゆ~チェリーの隣。
本館は立派なホテルで、別棟に食事処みやま亭と日帰り温泉がある。
日帰り入浴は1,000円と高いが、食事付きコースは1,200円分の食事が付いて1,800円なのでお得感がある。
そこで、今回は食事付きにしてみる。

2DSCN1320.jpg

ホテルの玄関とは別にある専用の入口から中に入り、食事処で受付をする。
食事付きの入浴を申し込むと、食事券が渡される。
食前に入浴することも、食後に入浴することも可。
また、食前に入浴して、食後にもう一度お風呂に入ることもできるとのこと。

3DSCN1303.jpg

お風呂への入口で靴を脱いで奥に進むと、右手に女湯と貸切の家族風呂(別料金)がある。

3DSCN1254.jpg

廊下の突き当りを左手に進むと男湯がある。

3DSCN1302.jpg

脱衣所は広く、立派なホテルの施設だけあって清潔。
脱衣所内には貴重品ボックスがあるので利用する。

4DSCN1283.jpg

浴室内には、10人以上が入れる広さの浴槽がある。

4DSCN1268.jpg

木枠の施された浴槽は落ち着いた雰囲気がある。

4DSCN1280.jpg

大きな湯口からは、熱いお湯が注がれている。
泉質は、中性の単純泉。
色はウーロン茶ような感じで、モール系のアブラ臭がほんの少し感じられる。
消毒ありとなっているが、塩素臭は感じられない。

4DSCN1273.jpg

窓際にある排出口からは、溢れたお湯が外に流れ出している。
浴槽内にも湯口があり、湯使いは循環と掛け流しの併用と思われる。

4DSCN1271.jpg

洗い場は15箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN1285.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
浴槽は2つあるが、現在は1つは休止中となっている。

5DSCN1290.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
お湯の通り道は茶色に変色している。

5DSCN1292.jpg

浴槽の隅に排出口があり、溢れたお湯はここから外に流れだしている。
湯使いは、おそらく循環と掛け流しの併用。

6DSCN1307.jpg

入浴後には、無料の休憩所で休むことができるようになっている。

6DSCN1336.jpg

お風呂でまったりとした時間を過ごした後、食事処みやま亭に向かう。
店内には、テーブル席の他に座敷もあり、かなりの人数を受け入れることができる。

6DSCN1334.jpg

食事は、葉っぱ会席。
メインの蕎麦の他には、刺身・天ぷら・ご飯・煮物・果物などが付いていて盛沢山。

6DSCN1331.jpg

十割の蕎麦がとても美味しい。
葉っぱ会席は、ボリュームがあり満腹になる。

お風呂は、終始貸切状態。
広くてゆったりとした施設なので、のんびりと過ごすことができた。

ホテルシンフォニーアネックス
場所 寒河江市寒河江久保11
料金 入浴のみ1,000円 食事付き1,800円
時間 10:30~16:00


青根温泉 名号館

1DSCN1243.jpg

昨日、青根温泉の名号館に行ってきた。
名号館は青根では一番のお気に入りで、約1年ぶりの訪問。

1DSCN1246_20171104050434028.jpg

木造2階建ての建物はかなり鄙びた感があるが、かえって情緒があり自分好み。

1DSCN1190.jpg

連れをじゃっぽの湯で降ろして、名号館の駐車場に向かう。
隣の岡崎旅館との間が中庭のようになっていて数台の車を停めるスペースがある。

2DSCN1193.jpg

玄関から中に入ると帳場があり、いつものようにお宿のご主人がテレビを観ている。
「今日はあったかいですね」「途中、道路は混んでませんでしたか?」など、ちょっとした会話をしてお風呂に向かう。

2DSCN1240.jpg

お風呂は帳場から中庭に面した細長い廊下を奥に進んだところにある。
手前が男湯、奥が女湯で固定制。

3DSCN1239.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみのシンプルな造りとなっている。

4DSCN1199.jpg

浴室のドアを開けて階段を数段下がったところに浴槽がある。
浴槽の縁に新たに木枠が施されている。

4DSCN1210.jpg

湯口からは熱いお湯が静かに注がれている。
コップにお湯を注いで飲んでみるが、くせがなくて飲みやすい。

4DSCN1219.jpg

浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出している。
浴槽が小さいのでザブンとお湯に浸かるとここから大量にお湯が溢れ出していく。

4DSCN1203.jpg

洗い場は1箇所のみだが、シャワー・シャンプー類完備で、シャワーの出具合も良好。
加水用のホースがあるので、熱すぎて入れないときには水を加えることができる。
昨日もかなり熱いお湯だったが、十分に掛け湯をすれば何とか入れる温度だった。
ただ、長くお湯に浸かったので、出た時には全身がピンク色に染まっていた。

5DSCN1245.jpg

名号館の隣には、かつての共同浴場「名号湯」があるが、じゃっぽの湯に役目を譲り、現在は使われていない。

今回は珍しく、先客さんが1人おられた。
このお宿の常連で、毎週必ず来ているとのこと。
「青根ではここが一番」
意見が一致して嬉しかった。
私が入るとすぐに出られたので、その後は終始貸切状態。
静寂の中、熱々のお湯に浸かり、大満足だった。

名号館
場所 柴田郡川崎町青根温泉4-4
料金 500円
時間 10:00頃~夕方までとのこと


矢吹町 あゆり温泉

1DSCN1186.jpg

10月28日(土)に福島県矢吹町のあゆり温泉に行ってきた。
場所は、以前訪問したお食事温泉処いやさかの近く。

1DSCN1184.jpg

広い駐車場に車を停めて階段を登っていく。
9時からの営業だが、10分ほど前に到着。
玄関の前には常連さん10名ほどが待っている。

2DSCN1134.jpg

9時ジャストに玄関が開くと、一斉に館内に入る。
100円リターン式の下足入れに靴を入れて受付で入浴料を払う。

3DSCN1135.jpg

お風呂は受付から少しだけ奥に進んだところにある。

3DSCN1172.jpg

お風呂の入口付近には貴重品ロッカーがあるが、脱衣所にロッカーがあるので使わず。

3DSCN1171.jpg

脱衣所は広く、鍵付きのロッカー(100円リターン式)がたくさん並んでいる。
大きな洗面台にはドライヤーが備えられている。

4DSCN1141.jpg

浴室には、30人程度が入れる広さの浴槽がある。
季節柄、浴室内は湯気で煙っている。

4DSCN1143.jpg

壁状の湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉。
無色透明のお湯はとても新鮮。
匂いは、微アブラ臭を含んだ複雑な香り。

4DSCN1147.jpg

湯使いは加水のみありの掛け流しとなっていて、浴槽の切り欠けからは浴室の床に絶えずお湯が溢れ出している。
湯量豊富なので毎日お湯を交換している。
浴感は、肌に擦るとヌルッとする。

4DSCN1162.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN1159.jpg

浴室の奥のドアから外に出て少し行くと露天風呂がある。
石造りの浴槽は、10人程度が入れる広さ。

5DSCN1155.jpg

浴槽内に数か所湯口があり、お湯が注がれている。
おそらく、お湯が冷めずに、浴槽内の温度が均一になるための工夫だと思う。

5DSCN1153.jpg

露天風呂ももちろん掛け流し。
周りが塀で囲まれているので眺望はあまり良くないが、涼しい風に吹かれながらの湯あみは気分爽快。

6DSCN1177.jpg

館内には食事処やお土産売り場もある。
玄関前では温泉饅頭を蒸かしている。

6DSCN1179.jpg

その近くには飲泉所がある。
コップに1杯飲んでみるが、比較的飲みやすい味と香り。

6DSCN1122.jpg

駐車場の片隅には温泉スタンドがある。
ポリタンク持参で買っていく人も多いようだ。

あゆり温泉は、施設が大きい割にお湯が素晴らしかった。
いつか時間があるときに、1日のんびりと過ごしてみたいと思った。

あゆり温泉
場所 西白河郡矢吹町八幡町422
料金 大人400円 子供200円
時間 9:00~21:00

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter