FC2ブログ

まつばら山荘

1DSCN5420.jpg

今日の仙台は快晴の良い天気。
気温も上がり、春が一歩ずつ近づいてきたような感じがする。
今日の訪問先は、まつばら山荘。
場所は、東鳴子の温泉街とは川を挟んだ反対側にある。
川渡の橋のある交差点から、橋とは反対の方に入っていく。

1DSCN5416.jpg

道路沿いの看板から坂を上っていくとまつばら山荘がある。

1DSCN5423.jpg

到着時に雪はほとんどなかったが、パイプから暖かい温泉が噴き出し、宿の周りの雪を溶かしている。

2DSCN5411.jpg

玄関から中に入り、帳場で受付をする。
貴重品はここで預かってもらう。

6DSCN5400.jpg

受付時に、まつばら源泉のペットボトルがサービスされる。
風呂上りにいただくと最高に美味しい。

2DSCN5406.jpg

廊下を奥に進むと浴室がある。
手前が女湯、奥が男湯となっていて、その間にはちょっとした休憩スペースがある。
待ち合わせに便利。

3DSCN5402.jpg

脱衣所は棚のみのシンプルな造り。
清掃が行き届いていて気持ちよく利用することができる。

3DSCN5396.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

4DSCN5389.jpg

浴室に入ると、時節柄湯気が立っている。
木造りの浴槽は10人程度が入れる広さ。

5DSCN5392.jpg

浴室の内装工事が行われ、新しくなっている。
そのため室内全体に木の香りが感じられる。
女将さんの話では、約2か月お休みをして工事を行ったとのこと。

4DSCN5374.jpg

湯口からはドバドバとお湯が注がれている。
泉質は単純泉で、PH7.5の弱アルカリ性のお湯。
「銘剣の湯」と「まつばら温泉」の2つの源泉の混合泉。
お湯は濃いウーロン茶のような色で、浴槽内には茶色の湯の花が舞っている。
匂いはほんのりとしたモール系のアブラ臭。

4DSCN5380.jpg

源泉掛け流しとなっていて、浴槽の切り欠けや浴槽の縁から絶えずお湯が溢れ出している。

4DSCN5387.jpg

湯温は適温だが、熱すぎるときは加水することもできる。

5DSCN5381.jpg

洗い場も新しくなり、快適。
シャワー・シャンプー類完備で、カランのお湯からもアブラ臭が感じられる。

男湯は完全に独泉。
忙しくてなかなか温泉に行けず、温泉欠乏症になっていたが、だいぶ改善されたような気がする。

まつばら山荘
場所 大崎市鳴子温泉字久田42
料金 500円
時間 11:00~18:00






スポンサーサイト

焼肉パルパル 市名坂店

1DSCN5355.jpg

昨日、中山平温泉花渕荘を出てから仙台市泉区にある焼肉パルパルでランチをとった。
朝早くに家を出たので、途中のコンビニでおにぎりと菓子パンのみの朝食。
パルパルに着いた時にはお腹がとても空いていた。

1DSCN5335.jpg

パルパル市名坂店は、ヤマダ電機の近くにある。
店の前はよく通るが、初めての入店。

2DSCN5337.jpg

店に入ると右側が座敷席、左側がテーブル席となっている。
お昼を過ぎていたので、どちらも空いている。
店員さんにテーブル席を案内される。

3DSCN5341.jpg

オーダーはタブレットで行う。

4DSCN5342.jpg

最初に運ばれてきたのは、上カルビとトントロ。

5DSCN5345.jpg

続いて仙台牛の盛り合わせ。
三種の盛り合わせはタンとカルビとロース。

6DSCN5348.jpg

これらは薬味と一緒にサンチュにくるんでいただく。

7DSCN5350.jpg

ご飯は、石焼ビビンバ。スープとお新香付き。
連れとシェアする。

8DSCN5352.jpg

さらに追加で牛ホルモン。
こちらは噛むのに一苦労。

9DSCN5353.jpg

デザートは、アイス。

どれも美味しくいただく。
これだけ食べて合計5,620円はとてもリーズナブル。
気軽に行けるので、いつかまた行ってみようと思う。

焼肉パルパル 市名坂店
場所 泉区市名坂字萩清水102-1
時間 11:30~翌1:00
 平日は15:00~17:00休憩


中山平温泉 花渕荘

1DSCN5269.jpg

今日の仙台は朝に小雪が舞ったものの比較的良い天気。
久しぶりに鳴子の中山平温泉にある花渕荘に行くことにした。
道中、次第に雪が本格的になり、池月の道の駅から先は圧雪路面。
除雪車が出て、さかんに除雪している。
花渕荘に到着した時には雪は本降り。

2DSCN5272.jpg

玄関から中に入り、帳場のあたりで声をかけると女将さんが出てきて対応してくれる。

2DSCN5274.jpg

水槽で飼われている亀を眺め、うさぎとふれあって癒され、浴室に向かう。

3DSCN5278.jpg

浴室は廊下を奥に進み階段のところから左に進んだ突き当りのところにある。
手前が男湯、奥が女湯で、前回と同じ。

3DSCN5280.jpg

脱衣所は広く、棚と籠が設置されている。
貴重品ロッカー等はなく、貴重品は受付に預けるよう張り紙に書かれている。
連れの話では、女湯には貴重品ロッカー(100円リターン式)があるとのこと。

3DSCN5282.jpg

洗面台にはドライヤーが2台備えられている。

4DSCN5295.jpg

浴室に入ると季節柄湯気が立っている。
フワッと石膏臭を含んだ温泉臭がする。
浴槽は10人程度が入れる広さ。

4DSCN5302.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は、中性の単純泉。
湯温は適温。

4DSCN5297.jpg

湯使いは、循環と掛け流しの併用。
溢れたお湯は浴槽の切り欠けや浴槽の縁から浴室の床に流れ出し、お湯の通り道は黒く変色している。
塩素系の薬剤使用となっているが、塩素臭は全く感じられない。

5DSCN5287.jpg

洗い場は4箇所あり、そのうちの2箇所にシャワーが設置されている。
シャンプー類完備。

6DSCN5310.jpg

内湯で体を十分に温めた後、露天風呂に向かう。
浴室の奥の扉を開けて外に出ると、そのまま露天風呂に行ける。
屋根付きの浴槽は8人程度が入れる広さ。
今日のように雪が降っているときに屋根付きはありがたい。

6DSCN5315.jpg

注がれるお湯の泉質は、内湯と同じ。

6DSCN5312.jpg

湯使いは、加水なし・加温なし・循環消毒なしの掛け流し。
湯温は表面近くは熱いが、手足を使ってかき混ぜればちょうどよい温度。

6DSCN5320.jpg

雪を眺めながらの露天風呂は最高!
お湯の注がれる音と、時折屋根や木の枝から落ちる雪の音だけを聞きながらのんびりと寛ぐ。
風が吹き込まないので、寒さも感じない。

7DSCN5321.jpg

夏には熱くて入れなかった庭にある浴槽?
今日は温すぎて入れなかった。

8DSCN5334.jpg

朝一を狙ったかいがあり、終始独泉状態。
念願の雪見露天が叶い大満足。
帰る頃には雪が止み、道路の除雪も進んでいたので快適に運転することができた。

花渕荘
場所 大崎市鳴子温泉星沼133-2
料金 大人500円 子供300円
時間 8:00~21:00


土湯温泉 福うさぎ

1DSCN5180.jpg

今日の仙台は昨日とは変わって晴天のいい天気。
少し遠出してみようと思う。
最初は、山形の東根温泉を考えたが、午前中雪マークが付いていたので、福島へ行くことにする。
目指したのは、土湯温泉の福うさぎ。

1DSCN5268.jpg

国道から土湯の温泉街に入り、坂を下っていくと橋がある。
福うさぎは橋を渡ってすぐのところにある。
6階建ての新しいホテル。

2DSCN5261.jpg

係員の誘導で車を停め、玄関から中に入る。
靴を下足入れに入れて、フロントで受付。
初めて来たことを言うと、わざわざエレベーターのところまで案内してくれる。
立派なホテルだけあって、接客は丁寧。

3DSCN5253.jpg

お風呂は男湯は2階、女湯は3階となっている。

3DSCN5195.jpg

暖簾を潜って脱衣所に入る。
ゆったりとした造りで、鍵付きのロッカー(100円リターン式)、棚と籠、洗面台がある。

4DSCN5223.jpg

浴室に入ると、掛け湯と腰かけ足湯がある。

4DSCN5221.jpg

浴室には2つの浴槽がある。
それぞれ、10人以上が入れる広さ。
手前の浴槽は白濁湯、奥の浴槽は立ち湯となっている。
白濁湯の方は、温泉に何かを混ぜているようだ。
立ち湯は、深さ1mで、ジェットバスも備えている。

4DSCN5225.jpg

湯口から注がれるお湯の泉質は、ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物泉で、中性の高温泉。
色は薄緑で、匂いは石油系の微アブラ臭。

4DSCN5228.jpg

湯使いは、循環と掛け流しの併用と思われる。

4DSCN5219.jpg

洗い場は9箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN5234.jpg

浴室の奥には1人用の陶器風呂が2つある。
お湯に浸かると、ザーッと音を立ててお湯が溢れ出し、とても気持ちが良い。

5DSCN5233.jpg

浴室からの眺めがよく、温泉街や新しくなった共同浴場が見える。

6DSCN5211.jpg

この浴室の中ほどにあるガラスの扉を開けると、もう一つ浴室がある。
こちらの浴室には、ぬる湯の浴槽、あつ湯の浴槽、サウナと水風呂がある。
奥の浴槽が熱めで、湯温は45℃。
ここが一番気に入った。
温泉成分が濃厚に感じられ、アブラ臭も十分。
そして、あつ湯・ぬる湯の循環に嵌ってしまう。

6DSCN5203.jpg

2つの浴槽の間に湯口があり、熱いお湯が注がれている。

7DSCN5256.jpg

風呂上りは、休憩所で一休み。
テーブル席と窓側には座卓がある。

7DSCN5260.jpg

食堂を兼ねているので、多くのお客さんが定食などを注文して食べている。
自分は、無料のお茶と自販機のコーヒーを飲みながら連れが来るのを待つ。

8DSCN5266.jpg

ホテルから外に出ると橋のたもとに足湯がある。
もう少し暖かくなったら浸かってみようと思う。

福うさぎは期待以上のいいお湯だった。
雰囲気や景色もよく、いつか泊まってみたいお宿の一つになった。

福うさぎ
場所 福島市土湯温泉町字八郎畑3-1
料金 大人900円 子供500円
時間 10:00~20:00

東鳴子温泉 なんぶ屋

1DSCN5150.jpg

今日の仙台は朝に雪が積もり、午前中は小雪模様。
午後になって雪が弱まったので、出かけることにした。
目指したのは、東鳴子温泉のなんぶ屋。
約2年ぶりの訪問。

1DSCN5148.jpg

鳴子に近づくと、雪が止み、青空も広がってきた。
珍しく、仙台よりも良い天気。
なんぶ屋に到着したのは3時半過ぎ。
広い駐車場はほぼ満車。
おそらく、宿泊客のものと思われる。

2DSCN5171.jpg

玄関から中に入り、靴をロッカーに入れる。
向かって左側が宿泊者用、右側が日帰り客用となっている。

2DSCN5173.jpg

フロントで受付をしてお風呂に向かう。
お風呂はフロントのすぐ脇。
今日は手前が女湯、奥が男湯となっている。
これは前回と同じ。
内湯の造りはほぼ同じだが、露天風呂に違いがある。
手前は岩風呂、奥は檜風呂。
男女は日替わりとなっている。

3DSCN5165.jpg

暖簾を潜って脱衣所に入ると、貴重品ボックスがある。

3DSCN5166_20190126192622da1.jpg

今日は午後3時を過ぎていたので、宿泊者で結構賑わっている。

3DSCN5168.jpg

脱衣所にはベビーベッドがあり、洗面台にはドライヤーが3台備えられている。

4DSCN5154.jpg

内湯には常に5名ほどのお客さんがいたので、まずは露天風呂に向かう。
長方形の浴槽は6名程度が入れる広さ。
屋根付きで、塀があるために眺望は良くないが、開放的な気分に浸ることができる。
気温が低いために入ってくる人は少なく、ほぼ独泉状態。

4DSCN5157.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で中性のお湯。
浴槽の中では大小の茶色の湯の花が舞っている。
ウーロン茶のような色で、匂いはモール系のアブラ臭。
久しぶりのアブラ臭にうっとり。
湯温は適温。外気が冷たいので、一度入るとなかなか出られない。

4SCN5160.jpg

湯使いは、加水なし・消毒なしの掛け流し。
浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出している。

5DSCN5748_20190126192650f2c.jpg

露天風呂で長湯した後、内湯に戻る。
相変わらず人が多いので、撮影は諦める。
ここからの写真は前回撮ったものを利用。
浴槽は10人程度が入れる広さで、窓側に2人分の寝湯がある。
寝湯は絶妙の深さで、とても気持ちが良い。

5DSCN5737_20190126192645b85.jpg

5DSCN5743.jpg

泉質・湯使いは露天風呂と同じ。
湯温は、露天風呂よりも少し高いが、適温。

5DSCN5741.jpg

洗い場は6箇所あり、そのうちの5箇所にはシャワー付きの混合栓が設置されている。
シャンプー類完備。

久しぶりのなんぶ屋だったが、いつもよりも遅い時間に訪問したので、お風呂は賑わっていた。
次回は独泉率の高い午前中に行こうと思う。

旅館なんぶ屋
場所 大崎市鳴子町大口字鷲ノ巣90-18
料金 大人500円 子供250円
時間 10:00~20:00

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter