FC2ブログ

湯ノ沢温泉 日勝館

1DSCN7965.jpg

8月の最終日に秋田県湯沢市にある湯ノ沢温泉日勝館に行ってきた。
仙台からは鳴子・鬼首経由でのんびり運転して約3時間。
場所は国道13号線から山奥に約3キロほど入ったところ。
道幅が狭いので対向車が来ないことを願いながらの運転。
ラッキーなことに対向車はほとんどなかった。

1DSCN7909.jpg

日勝館は山奥にある一軒宿で、秘境感まんてん。

1DSCN7973.jpg

橋を渡って坂を登っていく。
階段にはコケが生えているので慎重に歩く。

2DSCN7967.jpg

階段を登りきると入口がある。
建物は比較的新しい。

2DSCN7963.jpg

玄関から中に入り、受付をする。

3DSCN7954.jpg

お風呂は右の廊下を奥に進んだところにある。

3DSCN7949.jpg

脱衣所はシンプルな造り。
棚の下には有料(100円)の貴重品ロッカーがある。

4DSCN7932.jpg

浴室には5人サイズのヒバの浴槽がある。
浴槽は深めの造りになっている。
木材がふんだんに使われているので、木の香りがほのかに感じられる。
窓からの眺めがとても良い。

4DSCN7923.jpg

木の穴からお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性単純泉で、PH9,6。
湯温は少し温めで、長湯できる。

4DSCN7929.jpg

湯使いは源泉掛け流しで、浴槽の縁から絶えずお湯が溢れ出している。

5DSCN7939.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

人里離れたところにある日勝館は、お湯良し、眺め良しで大満足だった。
再訪、間違いなし。
今度は紅葉の時期に行ってみようと思う。

訪問日:2019年8月31日

湯ノ沢温泉 日勝館
場所 秋田県湯沢市下院内字湯ノ沢
料金 大人500円 子供200円
時間 8:00~19:00 
 冬季休業


スポンサーサイト



毛馬内七滝温泉

1DSCN7825.jpg

お盆休みの旅行の最終回。
宿泊宿の大雪を出て向かったのは、毛馬内七滝温泉。
場所は、秋田県の鹿角市。
国道282号線から少しだけ入ったところ。
国道沿いに看板があるので見つけやすい。

1DSCN7822.jpg

毛馬内七滝温泉は、緑豊かな場所にある木造の日帰り入浴施設。

2DSCN7820.jpg

玄関から中に入り、下足入れに靴を入れて券売機で入浴券を購入する。

2DSCN7817.jpg

受付カウンターで入浴券をおばちゃんに渡して先に進む。

3DSCN7809.jpg

お風呂の奥には飲泉所がある。ちょっと飲んでみたが、ほろ苦く薄塩味で比較的飲みやすい。

3DSCN7775.jpg

脱衣所はゆったりとしていて、奥に棚が設置されており、トイレもある。

2DSCN7804.jpg

洗面台の隣には貴重品ロッカー(100円リターン式)がある。

4DSCN7777.jpg

浴室には10人程度が入れる広さの浴槽がある。

4DSCN7784.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩泉。
土色に薄緑が混ざったような色で、匂いは金気臭と石膏臭。
湯温は適温で長湯できる。

4DSCN7786.jpg

湯使いは、加温のみありの源泉掛け流し。
浴槽の縁から絶えずお湯が溢れ出している。
洗い場は7箇所あり、シャワー付きの混合栓が設置されているが、シャンプー類はないので持参する必要がある。

5DSCN7789.jpg

奥の扉を開けて外に出ると露天風呂がある。
ただし、扉には「アブがたくさんいます」といった表示があってちょっとビビる。
岩造りの浴槽は5人程度が入れる広さ。

5DSCN7792.jpg

湯口から注がれるお湯は内湯と同じ。
お湯の通り道が焦げ茶色に変色している。

5DSCN7791.jpg

溢れたお湯は排水口から外に流れ出している。

5DSCN7795.jpg

露天風呂からの眺めはなかなか良い。
アブが来ないことを祈りながらまったりとした時間を過ごす。
ラッキーなことに最後までアブには遭遇しなかった。

6DSCN7812.jpg

廊下にはテーブルとイスが並んでいる。

6DSCN7814.jpg

座敷もあって休憩することもできる。

今回の旅行では素晴らしい温泉にいくつか出会ったが、最後を飾るのに相応しい温泉だった。
静かで落ち着いた雰囲気がとても良かったので、近くに行った時には寄ってみようと思う。

訪問日:2019年8月12日

毛馬内七滝温泉
場所 秋田県鹿角市十和田毛馬内前舘53-7
料金 大人400円 子供200円 幼児100円
時間 6:00~21:00

雪沢温泉 清風荘

1DSCN7631.jpg

お盆休みの旅行の2日目の最後は、雪沢温泉清風荘。
宿泊地の大雪からは車で5分ほどのところにある。
朝のダイちゃんとの散歩コースの折り返し点。
弘前のせせらぎ温泉からお宿に帰る途中に寄った。

2DSCN7762.jpg

道路から露天風呂の看板が見える。
いつか入ってみようと思っていた。

2DSCN7763.jpg

坂を登ると駐車場があり、車を停めて玄関に向かう。

2DSCN7749.jpg

ダイちゃんと連れは車でお留守番。
愛車は5人乗りのミニバン。
3列目はダイちゃん専用の仕様。

3DSCN7759.jpg

玄関から中に入り、券売機で入浴券を購入。
こちらのお宿は日帰り大歓迎。
休日ということもあって多くの日帰り客で賑わっている。

4DSCN7758.jpg

入浴券を受付の箱に入れて階段を上る。

5DSCN7754.jpg

階段を上ったところには休憩スペースがある。

6DSCN7753.jpg

奥に進むとお風呂がある。

6DSCN7756.jpg

ここから先は人が多いので写真はなし。
浴室には10人以上が入れる広さの浴槽がある。
岩の湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩・塩化物泉。
ほのかに石膏臭のする綺麗なお湯で、大雪や四十八滝と似ている。
浴室の奥の扉を開けて外に出ると露天風呂がある。
浴槽は2つあり、1つは岩風呂で6人程度が入れる広さ。
もう一つは木造りの浴槽で1人サイズ。
目の前には山と緑が広がり快適。

お客さんは多いが、浴室が広く、露天風呂もあるので窮屈感はなかった。
お湯はきれいで露天風呂からの眺めも良かった。
次回は空いている時間を狙って訪問しようと思う。

訪問日:2019年8月11日

雪沢温泉 清風荘
場所 大館市雪沢大滝29
料金 大人350円 子供200円 幼児100円
時間 5:30~22:00


雪沢温泉 大雪(お風呂編)

1DSCN7593.jpg

雪沢温泉大雪のお宿編に続いてお風呂編。
お風呂は、玄関からまっすぐ奥に進み、途中左に曲がった突き当りにある。
手前が女湯、奥が男湯で固定制。

2DSCN7596.jpg

脱衣所は棚のみのシンプルな造り。
貴重品はロッカー等がないのでフロントで預かってもらう。

3DSCN7598.jpg

浴室に入った瞬間に、ヒバ風呂の美しさに見とれてしまう。
ヒバの香りも感じられる。
男湯は8人程度が入れる広さ。
女湯は少し小さいようだ。

3DSCN7607.jpg

岩の湯口からは適温のお湯が注がれている。
岩にはカルシウムの結晶が析出している。
分析表がないが、おそらく、カルシウム・ナトリウム‐塩化物泉あたりではないかと思う。
源泉掛け流しで、湯温は少し温めなので長湯が可能。
じっくりと浸かれば体全体がポカポカする、大変良質なお湯に大満足。

3DSCN7610.jpg

源泉掛け流しで、浴槽の縁から絶えずお湯が溢れ出している。

4DSCN7602.jpg

洗い場は7箇所あり、シャワー付きのカランとボディソープが備えられている。
髪を洗う場合にはシャンプーを持参する必要がある。

だれもいないお風呂で一人寛ぐことができた。
とにかく静かなのが一番。

滞在日:2019年8月10日~12日

雪沢温泉 大雪
場所 大館市雪沢字小雪沢101
料金 大人300円 子供150円
時間 8:00~20:00ごろ



大葛温泉町民浴場

1DSCN6463.jpg

八幡平大沼茶屋湖を出発して向かったのは、比内町にある大葛温泉町民浴場。
もっと鄙びた系の小さな施設を予想していたが、実際は立派な施設で駐車場もあり10台程度は停められる。

2DSCN6461.jpg

玄関から中に入り、券売機で入浴券を購入して受付の籠に入れる。
このあたりで野菜など食料品を購入することもできるようになっている。

3DSCN6454.jpg

お風呂は受付のすぐ近くにある。

4DSCN6442_2019050110441661b.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、鍵付きのロッカーが2つ設置されている。

4DSCN6453.jpg

トイレの前に洗面台があり、ドライヤーが備えられている。

5DSCN6444.jpg

浴室に入った瞬間にフワッと石膏臭がし、オーバーフローしたお湯が浴室の床を流れている様を見て、嬉しくなる。
浴槽は小さく4人程度が入れる広さ。
浴槽への昇り降りのために階段と手すりが設けられている。
おそらくお年寄りの利用が多いためだろうが、足腰の具合が悪い自分にも大変ありがたい。

5DSCN6450.jpg

湯口からは熱めのお湯がドバドバと注がれている。
泉質は、カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩泉で、PH9.0のアルカリ泉。
MT泉で、匂いは石膏臭で湯口では硫化水素臭が僅かに感じられる。
湯温は高めで浴感はあっさりとした感じ。

5DSCN6448.jpg

湯使いは、加水・加温・消毒などすべてなしの源泉掛け流し。
浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出している。
そのため利用客が多いにも関わらず、鮮度は良好。

浴槽が空いた一瞬の隙に写真を撮ったがお客さんが絶えることはなかった。
洗い場が特徴的なので写真に収めたかったができなかった。
丸太をくり抜きそこにお湯を流し込んでお湯を溜め、桶ですくって利用するようになっている。
シャンプー等はないので、持参する必要がある。

風呂から上がって外にでると春の暖かい風が爽やかに吹いていて気持ちが良かった。

訪問日:2019年4月29日

大葛温泉町民浴場
場所  秋田県大館市比内町大葛字牛ヶ岱30-2
料金 150円
時間 6:00~21:00






プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
counter