神ケ根温泉

1DSCN4659.jpg

今日は、神ケ根(かんかね)温泉に行ってきた。
神ケ根温泉は、秋保温泉の奥、ホテルきよ水からさらに奥に行ったところにある一軒宿。

1DSCN4653.jpg

母屋は古い建物だが、旅館の方は比較的新しい。
庭に大きな池があって、鯉がたくさん泳いでいる。
池に近寄ると餌をもらえると思って集まってきて口を開けて待っているが、餌を持っていないことが分かると散っていく。

1DSCN4643.jpg

玄関には大きな表札が掲げられている。

1DSCN4642.jpg

玄関の左側にあるインターフォンを鳴らして中に入る。

2DSCN4637.jpg

中に入ると女将さんがやってきて対応してくれる。

3DSCN4633.jpg

お風呂(神の湯)は玄関から左側の廊下を奥まで行ったところにある。
到着時は、男性が神の湯、女性が竹の湯となっている。

3DSCN4605.jpg

脱衣所は狭くて棚のみだが、ドライヤーが備えられている。
先客さんは3名。

4DSCN4616.jpg

浴室には浴槽が2つある。
大きな浴槽は、4人サイズ。

4DSCN4619.jpg

湯口からはザーザーと音を立ててお湯が注がれている。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
源泉温度が28.2℃と低いために加熱しての注湯。
湯使いは、循環・消毒ありで塩素臭が感じられる。
あまり特徴のないお湯で、湯温は適温。

5DSCN4609.jpg

こちらの浴槽は源泉槽?
掛け流しになっているが、冷たくて入れない。
火照った体を冷ますためにお湯を掬って頭から掛けてみるが、冷たくて一気に冷める。
夏なら入れるのだろうか?

5DSCN4620.jpg

洗い場は1箇所のみ。
シャワー・シャンプー類完備。

今日は独泉というわけにはいかず、常にだれかと一緒だった。
結構、人気があるのだと思う。
今度は夏に行って、小さい浴槽に入ってみようと思う。
でも、浸かるための浴槽かは不明。

神ケ根温泉
場所 仙台市太白区秋保町境野羽山2-2
料金 大人500円 子供250円
時間 12:00~18:00


スポンサーサイト

秋保温泉 ホテルクレセント

1DSCN2225.jpg

今日は敬老の日。
母を連れて近場の秋保温泉ホテルクレセントに行ってきた。

1DSCN2230.jpg

クレセントは秋保の温泉街から少し離れたところにあるリゾートホテル。
今回は母のために部屋とランチを事前に予約しておいた。

2DSCN2190.jpg

フロントでチェックイン後に案内されたのは1階のトリプルルーム。
浴衣やアメニティは宿泊のときと同じものが用意されている。
部屋に荷物を置いて、さっそくお風呂に向かう。

3DSCN2151.jpg

お風呂は地下1階にある。
階段で地下に降りてから長い廊下を奥まで進んだところに男女別の大浴場がある。
浴室の入口の前には冷水器がある。
風呂上りに飲んだらとっても美味しかった。

3DSCN2154.jpg

脱衣所に入ってすぐのところに貴重品ボックスがある。

3DSCN2155.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
清潔感にあふれ、洗面台には整髪料や櫛、綿棒、カミソリなどが備えられている。

4DSCN2173.jpg

浴室には大きな浴槽とジャグジーがある。
大きな窓からは光が入り、浴室内は明るい。
浴室からの眺めもなかなかよい。

4DSCN2174.jpg

台形型の大きな浴槽は20人以上が入れそうな広さ。

4DSCN2172.jpg

奥にある湯口からお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、PHは7.5。
無色透明のお湯で、匂いは湯口付近で微石膏臭。
でも、消毒用の塩素臭の方が強く感じられる。
出汁の風味と薄塩味。

4DSCN2183.jpg

湯使いは、加水ありで循環と掛け流しの併用。
溢れたお湯は窓側の排水口から流れ出している。

4DSCN2167.jpg

ジャグジーは体がほぐれて気持ちいいが、塩素臭がきついのでほとんど入らなかった。

4DSCN2178.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

お風呂の後はいよいよランチ。
今日は、和風のプチ懐石をオーダー。

5DSCN2196.jpg

食事は和食処「和(やわらぎ)」でいただく。

5DSCN2220.jpg

テーブル席の落ち着いたレストラン。
浴衣・スリッパでの入店はできない。

5DSCN2205.jpg

窓からの眺めはとてもよい。
眼下には川の流れ、周囲の木々の緑がよく見える。

5DSCN2211.jpg

テーブルには所狭しと料理が並ぶ。
まずは、ノンアルビールとウーロン茶で乾杯。
これからも健康で長生きしてください。

5DSCN2214.jpg

ご飯と味噌汁は最初から出してもらう。
美味しいおかずでご飯も進む。

5DSCN2218.jpg

カテキン豚の蒸し物。
お茶を飲ませて育てた豚肉は、臭みがなくて美味しいとのこと。

5DSCN2222.jpg

食事の最後にデザート。
キャラメルケーキと果物。
料理はどれも美味しく、お腹も満杯。
部屋に戻ると、ついウトウト。
気が付くとチェックアウトの時間になっていた。

ホテルに行く途中、秋保のさいちでおはぎを買ってきた。
お彼岸ということもあり、物凄く混んでいて、店の前には大行列ができていた。
今から食べてみようと思う。

ホテルクレセント
場所 仙台市太白区秋保町湯元行沢1-2
料金 部屋・ランチ付き入浴で、1人4,536円+入湯税70円
時間 11:30チェックイン15:00チェックアウト
日帰り入浴(未確認)
料金 大人718円 子供432円
時間 11:30~15:00


秋保温泉 ばんじ家

aP9230207.jpg

今日は、お彼岸の中日。
午前中に墓参りを済ませ、お供え物のおはぎを求めて、秋保へ。
秋保には、おはぎが超有名なお店がある。
でも、せっかく秋保まで行くのだから、ということで、ばんじ家でお湯に浸かってきた。

aP9230208.jpg

ばんじ家は、佐勘や水戸屋のある辺りから、少し西に行ったところにある3階建てのこじんまりとしたホテル。
料金が安いのが魅力。
秋保のホテルの日帰りは全体的に高く、1000円前後のところが多いが、ここは500円。

bP9230240.jpg

フロントで受付をして、貴重品を預かってもらう。
従業員の皆さんは、対応が丁寧でフレンドリー。

bP9230238.jpg

お風呂は、玄関から見て右側の廊下の奥にある。

cP9230232.jpg

脱衣所は比較的広く、ゆったりとした造りになっている。
強力な扇風機が常に稼動している。

dP9230214.jpg

浴室には湯気が立ち込めていてサウナ状態。
これほどの湯気は、この時期にしては珍しい。
室温もかなり高い。
換気と手前の浴槽のジャグジーが原因と考えられる。

浴槽は2つあり、手前は6人、奥は10人ぐらいが入れる広さ。

dP9230228.jpg

湯口からは、チョロチョロとお湯が注がれている。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
無色透明無味無臭のあっさりした感じのお湯。
湯温は、少し高め。
浴室の温度・湿度から、長湯はできない。
湯使いは、一部掛け流しの循環・加熱・塩素消毒で、温泉成分はかなり薄まっている感じがする。

dP9230215.jpg

洗い場は6箇所程度あり、シャワー、シャンプー類完備。

eP9230225.jpg

内湯から露天風呂へ移動。

eP9230216.jpg

ドアを開け、螺旋階段を下りると露天風呂。

eP9230222.jpg

岩造りの露天風呂からの景色はまずまず。
お湯は内湯と同じだが、内湯よりも塩素臭がきつく感じる。
露天風呂は内湯に比べて涼しくて入りやすいが、あまり長湯せずにお湯から上がった。

先ほど、秋保で買ったおはぎを食べてみた。
人気なのもうなずける。
餡子とゴマを1つずついただいたが、どちらも美味しかった。

秋保温泉 ばんじ家
場所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師40-2
料金 大人500円 中学生400円 小学生200円
時間 10:00~16:00(平日)
    10:00~15:30(土日祝日)

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋

a84786.jpg

平成25年の大晦日は、秋保温泉のホテルニュー水戸屋で、年越しすることとなった。
連れの母からの強い要望で実現したのだが、実は自分はあまり乗り気ではなく、と言うのも、年末特別料金(めちゃ高くて通常の2倍以上)で、温泉自体にも興味があまり持てなかったからであり、できれば鳴子温泉の旅館だったら良かったのだが、どうしても水戸屋に泊まりたいという言葉に圧されて、夏休みに予約を入れたのだった。
上の写真は、ホテルニュー水戸屋さんのHPから借用したもの。
ここは、秋保温泉の中でも特に大型のホテルのため、3つの大浴場と16の浴槽があって紹介しきれないので、詳しくは、ホテルのHPを見てほしい。

bPC310160.jpg

チェックイン後に案内されたのは、新白梅亭の5階の角の部屋。
10畳+αの和室とソファ、玄関の入口にも3畳ほどのスペースがある。

bPC310156.jpg

全体的にゆったりとした造りになっており、洗面所・トイレのほかに、小さいながら檜のお風呂(ただし温泉ではない)まで付いている。

cPC310166.jpg

夕食は、2階のダイニングレストラン岩清水でいただく。
ありがたいことにここはテーブル席。
料理は、吉次の塩焼き、海老の酢の物、鰤大根菜の花添えから始まり、

cPC310167.jpg

おせち料理のお重、

cPC310170.jpg

海老、鯛、まぐろ、ほっき貝のお造り、

cPC310171.jpg cPC310172.jpg

cPC310173.jpg cPC310176.jpg

牛肉と椎茸の陶板焼き 海鮮なべ
鮑の蟹あんかけ 天ぷら ・・・と続き、
最後にご飯とお新香と味噌汁にデザートが付く。
大食漢の私でもちょっと持て余してしまう量。

dPC310178.jpg

ちょうど食事が終わりになる頃、仙台スズメ踊りの実演までも。
さすがに、大型ホテルだけあって、至れり尽くせり。

dP1010183.jpg

いよいよ、お風呂の紹介。
ホテルに到着してすぐにお風呂に入ったが、夕食前の時間帯のために大勢の人で賑わっている。
最初に入ったのは、薬師の湯梅の粧。
このホテルでは、時間帯によって男女のお風呂を入れ替えている。
梅の粧は、チェックインから午前2時までは男性用となっている。

翌朝5時に向かったのは、薬師の湯水心鏡と月宮殿の2つ。
この2つの大浴場は、朝5時から午前11時までが男性用で、中でつながっているので、どちらからでも入ることができる。

dP1010189.jpg

dP1010191.jpg

脱衣所は、とても広くてゆったりしており、洗面所もたくさんあり、備品も充実している。

eP1010206.jpg

水心鏡の内湯。
真ん中の湯口からは勢いよくお湯が投入されている。
少ないながらもオーバーフローが見られる。
他の浴槽も似たような感じで、一部かけ流しになっているように見えるが、詳細は不明。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で中性のお湯。
肌に擦ると、少しばかり、ぬるっとした感じがする。
ただし、加水量が多いのと、おそらく循環が中心のために、しっかり消毒されており、全体として、温泉成分は薄く、プールのような塩素臭が浴室全体に漂っている。(まっ、大型のホテルなので仕方ないか・・・)

eP1010223.jpg

eP1010232.jpg

樽風呂、岩風呂、檜風呂、露天風呂など、多数のお風呂が用意されているので、楽しみながら湯巡りすることができる。
もちろん、サウナもある。
浴場全体がとても広く洗い場も多数あるので、大勢が入浴しても、混雑感はない。

fP1010236.jpg

fP1010234.jpg

朝食は、昨晩の夕食と同じ、ダイニングレストラン岩清水でバイキング。
私は、和食を、連れは洋食をチョイス。
お盆に載せきれないほど食べ、さらにお雑煮まで食べてしまったので、満腹。
昨晩と今朝の食事で体重の方が気になるが、すべて後の祭り。

ホテルをチェックアウトして、ホテルの横にある秋保共同浴場をチラッと見ると、元旦にも関わらず営業しているようで、しかも、珍しく空いている。
もう一度、こちらに入り直してから帰宅したいと思ったが、これから作らなければならない年賀状などが気になり、結局家路に着いた。

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋
場所 仙台市太白区秋保町湯元字薬師102
日帰り入浴の場合
料金 大人1050円 子供525円
時間 11:30~15:00

  

秋保温泉 市太郎の湯

aP7270030.jpg

今日は、休日出勤のため、遠出することができず、仙台近郊の秋保温泉・市太郎の湯に行ってきた。
場所は、秋保の温泉街をホテルきよ水の方に向かって奥に進むと、天守閣自然公園があり、その中に市太郎の湯はある。
仙台市中心部からは、仙台西道路、錦ヶ丘経由で、約30分のところ。

bP7270003.jpg

今日はあいにくの雨模様で、県内各地で大雨洪水警報が出されている。
市太郎の湯に着いたときには、大粒の雨が降っていた。

cP7270004.jpg

入浴料770円を受付で払って入館する。
玄関の右側には、湯元小屋館跡自然庭園の入口があり、入浴料を払えば庭園に入ることもできる。
四季折々の自然を満喫できる庭園なので天気が良ければ寄っていくところだが、今日はパスして、そのまま温泉に向かう。

dP7270009.jpg

受付から左側のドアを入り、廊下を進むと、手前に男湯、奥に女湯がある。

eP7270018.jpg

fP7270024.jpg

脱衣所は広めで、大きな籠と木の棚がある。
建物が新しく、清掃も行き届いており、清潔感がある。
洗面台にはドライヤーが設置されており、貴重品ロッカー(100円リターン式)もあるので安心。

gP7270019.jpg

木のドアを入ると浴室。
今日は、土曜の午後という時間もあり、雨なのに大勢のお客さんで賑わっていた。

hP7270016.jpg

内湯にある洗い場は10箇所程度あり、シャワー付きのカラン、シャンプー類が備えられている。

gP7270011.jpg

お風呂は、10人程度が入れる内湯、外には6人程度が入れる大きさの露天風呂、さらに奥には10人以上入れる露天風呂がある。
露天風呂には、屋根がかかっているので、雨に濡れることなく湯浴みすることができる。
泉質は、内湯・露天ともに同じで、緑がかった含石膏-食塩泉で弱アルカリ性のやさしいお湯。
湯船の切り欠けからはオーバーフローしているが、かけ流しと循環を併用しているようだ。

山の方からは、ひぐらしの声がしきりに聞こえており、夏の到来を感じさせられる。
湯上がりには、グッと冷たい物でも飲みたいところだが、家にビールを冷やしてきたので、急いで家路についた。

秋保温泉 市太郎の湯
場所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字源兵衛原10
料金 大人770円 子供400円 幼児200円
時間 平日 10:00~17:30
    土・日・祝 10:00~18:00 ※季節により変動あり

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter