遠刈田温泉 旅館大忠

1DSCN0216.jpg

今日も天気が悪く、朝から雨模様。
涼しいのはありがたいが、あまり長く続くと太陽の光が恋しくなる。
午前中に墓参りを済ませて、遠刈田温泉の旅館大忠に向かう。

1DSCN0215.jpg

大忠は遠刈田の温泉街の中にある。
共同浴場神の湯と壽の湯の間。
クリーム色と焦げ茶色の壁が印象的。
専用駐車場に車を停めて宿に向かう。

2P6160059[1]
(この写真は前回撮影)

館内は全体的にシックなムードがある。
フロントで受付をして、貴重品を預かってもらう。
いつもながら従業員の対応が素晴らしい。

3DSCN0233.jpg

受付から右側の廊下を進むと男湯があり、さらに奥に行くと女湯がある。

3DSCN0223.jpg

脱衣所はきれいに整頓されていて気持ちよく利用することができる。
洗面台には、整髪料・綿棒・櫛・ドライヤーなどが備えられている。

浴室には先客さんがおられたので写真は撮れなかった。
ここからの写真はすべて前回撮影したものをリサイクル。

dP6160018[1]

浴室に入った瞬間に、出汁のような香りのある温泉臭と木の香りが感じられる。
木枠が施された浴槽は10人程度が入れる広さ。

dP6160022[1]

湯口からは熱いお湯がチョロチョロと注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で中性のお湯。
少々濁りがあり、湯温は適温。
湯使いは、加水のみありで、加温・循環・消毒なしの掛け流し。

dP6160026[1]

注湯量が多くないのでオーバーフローはほとんどないが、お湯に浸かると浴槽の縁からお湯が溢れ出す。

dP6160034[1]

浴槽の隣に2名分の寝湯がある。
簀の子の隙間から蒸気が上ってくる。
窓からの風が心地よく、下からの湯気もあまり熱く感じられない。
20分ほどここでトド寝。
あまりの気持ちのよさに、思わず居眠りしてしまうほど。
気づくと、体中から汗が噴き出している。
サウナは苦手だが、ここは快適。

dP6160025[1]

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

約1年ぶりの大忠だったが、今回の収穫は簀の子の寝湯。
前回は熱すぎて長く寝られなかったが、今日は丁度よい温度だったので、かなりの時間を過ごすことができた。
料理が美味しいと評判のお宿なので、いつか泊まってみたいなと思う。

旅館大忠
場所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉旭町1
料金 大人800円 子供600円
時間 11:00~20:00 最終受付19:30


スポンサーサイト

遠刈田温泉 まほろばの湯(再訪)

1DSCN9900.jpg

7月15日(土)、遠刈田温泉のまほろばの湯に行ってきた。
約3年半ぶりの訪問。

1DSCN9817.jpg

まほろばの湯は、遠刈田の温泉街から国道457号線で蔵王方面に向かいこけし橋を渡って少し行き、バーデン家壮鳳の方に左折して、そのまま奥に進んだところにある。

1DSCN9819.jpg

門には、まほろばの湯と食事処くぬぎ庵の提灯が下がっている。

1DSCN9821.jpg

門と玄関の間には足湯がある。

2DSCN9823.jpg

玄関から中に入り、靴を下駄箱に入れる。
受付で下駄箱の鍵と入浴料を渡すと、脱衣所のロッカーの鍵が渡される仕組み。

2DSCN9832.jpg

お風呂は廊下を奥に進んだところにある。
手前が男湯、奥が女湯で、固定制。

3DSCN9896.jpg

脱衣所には鍵付きのロッカー、洗面台、冷水器、扇風機などがある。

4DSCN9836.jpg

内湯は、10名程度が入れる広さ。
窓が開け放たれているので、涼しい風が入ってきて気持ちが良い。

4DSCN9839.jpg

泉質は、ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉で中性。
おせっぱ5号泉を使用。
薄っすら黄色がかった透明のあっさりした感じのお湯。
湯温は適温。

4DSCN9842.jpg

溢れたお湯は、浴槽の切り欠けから外に流れ出している。
塩素系薬剤使用とあるが、塩素臭はほとんど感じられない。

4DSCN9870.jpg

洗い場は8箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

4DSCN9837.jpg

おそらくこれが源泉。
掛け湯や上がり湯に使おうと思うが、熱すぎて断念。

5DSCN9846.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
大きな岩をくり抜いて造った浴槽は3人程度が入れる広さ。

5DSCN9851.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
おせっぱ4号泉を使用。
色は薄茶色で緑がかっており、濁りがある。
金気臭を含んだ複雑な匂いが感じられる。

5DSCN9855.jpg

浴槽の縁から溢れたお湯が外に流れ出している。

6DSCN9865.jpg

露天風呂の裏側にミストサウナがある。

6DSCN9862.jpg

熱すぎず、湿気があるので、過ごしやすい。
専用のマットが入口の近くにあるので利用する。

6DSCN9848.jpg

サウナの後は水風呂へ。
だが、冷たすぎて長く入ることはできない。

7DSCN9829.jpg

くぬぎ庵からは料理のいい匂いがする。

8DSCN9816.jpg

まほろばの湯の向かいには、炭火焼肉まほろばがある。
いつか機会があったら行ってみようと思う。

前回訪問時と比べて料金が少しだけ上がっていた。
お湯は、露天・内湯ともに、前回よりも温泉成分が濃い感じがした。(何となくだが・・・)

遠刈田温泉 まほろばの湯
場所 蔵王町遠刈田温泉字新地東裏山34-208
料金 平日 大人700円 子供400円
    土日祝日 大人800円 子供500円
    17時以降は100円引き
時間 平日 9:00~21:30
    土日祝日 7:00~22:00
 

遠刈田温泉 たまや旅館

1DSCN8368.jpg

今日は5月中旬にしては肌寒い陽気。
こんな日は熱いお湯に浸かりたくなる。
そんな訳で、訪問したのは遠刈田温泉のたまや旅館。
前回訪問から約2年半ぶりとなる。

2DSCN8370.jpg

たまや旅館は2階建てのこじんまりとした旅館。
玄関前には、「源泉かけ流し、立ち寄り湯しています」と書かれた大きな垂れ幕が掛っている。

玄関から中に入ると女将さん出てきて対応してくれる。
「浴槽を洗って今お湯を入れているところですが、それでもいいですか?」と女将さん。
「もちろん、いいですとも」と私。
(内心、シメシメ)「一番風呂、しかも独泉・・・」
ウキウキしてお風呂に向かう。

3DSCN8358.jpg

受付から奥に進み暖簾を潜ったところにちょっとした休憩スペースがあり、待ち合わせに利用。
ここには、貴重品ロッカー(100円リターン式)があり、ポットには冷水が用意されている。
コーヒーもあるが、たぶん宿泊者用。

3DSCN8363.jpg

お風呂は右側が女湯、左側が男湯となっている。
女将さんの話しでは、交代制とのこと。

4DSCN8309.jpg

脱衣所は細長い造りになっている。
奥に洗面台があり、ドライヤーが備えられている。
入口のあたりには無料のマッサージ機も設置されている。

5DSCN8311.jpg

浴室に入ると、まさにお湯を満たしている最中。
ちょうど寝湯ができる深さ。

5DSCN8329.jpg

浴槽の床にゴロンとなってしばらく寝湯を楽しみ、その後は半身浴。

5DSCN8321.jpg

湯口からは熱いお湯がドバドバと注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で中性のお湯。
源泉温度が高いために常時加水されている。
お湯には若干の濁りがあり、匂いは明確な金気臭と出汁のような香り。
塩素消毒あり、となっているが、消毒臭はまったく感じられない。

5DSCN8332.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
お湯が溜まるまでの間、入念に体と髪を洗い、髭を剃る。

6DSCN8357.jpg

しばらくすると、お湯は満タンになる。
やはり、この方が美しい。

6DSCN8352.jpg

浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出し、浴室の床の簀の子から下に流れ出している。

やはり、一番風呂は最高!
お湯の鮮度が抜群だった。
たまやのお湯に大満足し、帰りには、隣のはせがわ豆腐店で豆乳ソフトを買って食べた。

たまや旅館
場所 刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町21
料金 600円
時間 10:00~15:00





遠刈田温泉 旅館あづまや

1KC4D0052.jpg

今日の仙台は、晴れているが時々雪が舞う天気で、気温はかなり低い。
こんな日は熱いお湯に浸かりたくなる。
そんなわけで、遠刈田温泉の旅館あづまやに行くことにした。

1KC4D0054.jpg

仙台を出発したときにはほとんど雪は降っていなかったが、遠刈田に着くとチラチラと舞っている。
旅館あづまやを訪問するのは約1年ぶり。
場所は、共同浴場神の湯の隣。

2KC4D0025.jpg

フロントで受付をして、廊下を奥に進む。
途中にいつも待ち合わせに利用しているちょっとした休憩スペースがある。
今日は家にデジカメを忘れてしまい、連れのガラケーで撮影する。
シャッター音があるのと、1枚1枚保存しなければならないのが面倒。
しかも保存に時間がかかる。

2KC4D0026.jpg

廊下をさらに進むと手前に男湯、奥に女湯がある。
いつもなので、おそらく男女は固定制。

3KC4D0045.jpg

脱衣所には、3段の棚に4つずつ籠が置かれている。
洗面台にはドライヤーが1台備えられている。

4KC4D0037.jpg

浴室には8人程度が入れる広さの浴槽がある。
湯気が立っていて浴室内は少し煙っている。

4KC4D0039.jpg

湯口からは、熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、中性のお湯。
色は少し茶色の混ざった笹緑色で、匂いは金気臭。
湯温は高めだが、加水なしで入れる温度。
おそらく前に入っていたお客さんが加水したのではないかと思う。

4KC4D0040.jpg

放流式の掛け流しになっていて、浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出している。
お湯の通り道が薄っすらと変色している。

4KC4D0035.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今日は最初のうちは先客さんが1名いたが、出られてからは最後まで貸切状態。
熱いお湯に長く浸かったので、お風呂から上がった時には、体全体がピンク色に染まっていた。
旅館から外に出ると、本格的に雪が降っている。
道路にも積もりだしているので、雪がひどくなる前に急いで家に帰った。

旅館あづまや
場所 刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町8
料金 500円
時間 11:00~16:30



神の湯

1DSCN4751.jpg

いよいよ大晦日。
今日は朝早く起きて、遠刈田温泉の神の湯に行ってきた。
神の湯に行くのは、ちょうど3年ぶり。
3年前も大晦日に行っている。

1DSCN4758.jpg

営業時間が変わり、現在は通常9:00から21:30となっているが、土日祝日や年末年始は特別に朝5:00から6:30まで営業している。
車は専用駐車場(無料)に停める。
隣には有料駐車場もあり、1時間以内は無料なので、専用駐車場が満車のときには有料でもOK。

1DSCN4756.jpg

5時前に到着したので、玄関前で戸が開くのを待つ。
常連さんたち数名も待っている。

2DSCN4749.jpg

5時ちょうどに戸が開く。
正面の券売機で入浴券を購入して、受付のおばちゃんに渡す。
男湯の下駄箱付近に貴重品ボックス(無料)があるので利用する。

2DSCN4739.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
鍵付きのロッカーと棚が設置されている。

2DSCN4740.jpg

洗面台にはドライヤーと綿棒が備えられている。
暖房はされているが、火を入れたばかりなのでかなり寒い。

2DSCN4742.jpg

正面の扉を開けて中に入ると浴室がある。

3DSCN4736.jpg

お客さんがかなりおり、写真撮影はできなかった。
唯一撮れたのが熱いお風呂の湯口。
お風呂の様子などは前回訪問の記事を見てほしい。

浴槽は2つあり、左側の浴槽は大きくて適温、右側は小さくて熱い。
それぞれの浴槽にある湯口からは、お湯が勢いよく投入されている。
溢れたお湯は、切り欠けや浴槽の縁から気持ちよく排出されている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で中性のお湯。
色は、緑がかった土色で、濁りがある。
以前に比べると熱いお湯も激熱ではなく、44℃ぐらいなのでかなり長く浸かっていることができる。
入浴後に受付のおばちゃんに聞いたところ、神の湯は観光客が多いので、温度を少し下げたとのこと。
鏡付きの洗い場は10箇所程度あり、左の蛇口を捻るとお湯が、右の蛇口からは水が出てくる。
シャンプーや石鹸はないので持参する必要がある。

4DSCN4757.jpg

外にある足湯の辺りはライトアップされているが、周辺はまだ真っ暗。
神の湯の辺りだけが明るく、ますます神々しい感じがする。

今年1年の締めを飾ったのは、神の湯。
熱々のお湯に長く浸かり、身も心もホカホカになって帰ってきた。

それでは、皆さん良いお年をお迎えください。

遠刈田温泉 神の湯
場所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町
料金 大人330円 子供110円
時間 9:00~21:30
※ただし、土日祝日などは早朝も営業

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter