青根温泉 名号館

1DSCN1243.jpg

昨日、青根温泉の名号館に行ってきた。
名号館は青根では一番のお気に入りで、約1年ぶりの訪問。

1DSCN1246_20171104050434028.jpg

木造2階建ての建物はかなり鄙びた感があるが、かえって情緒があり自分好み。

1DSCN1190.jpg

連れをじゃっぽの湯で降ろして、名号館の駐車場に向かう。
隣の岡崎旅館との間が中庭のようになっていて数台の車を停めるスペースがある。

2DSCN1193.jpg

玄関から中に入ると帳場があり、いつものようにお宿のご主人がテレビを観ている。
「今日はあったかいですね」「途中、道路は混んでませんでしたか?」など、ちょっとした会話をしてお風呂に向かう。

2DSCN1240.jpg

お風呂は帳場から中庭に面した細長い廊下を奥に進んだところにある。
手前が男湯、奥が女湯で固定制。

3DSCN1239.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみのシンプルな造りとなっている。

4DSCN1199.jpg

浴室のドアを開けて階段を数段下がったところに浴槽がある。
浴槽の縁に新たに木枠が施されている。

4DSCN1210.jpg

湯口からは熱いお湯が静かに注がれている。
コップにお湯を注いで飲んでみるが、くせがなくて飲みやすい。

4DSCN1219.jpg

浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出している。
浴槽が小さいのでザブンとお湯に浸かるとここから大量にお湯が溢れ出していく。

4DSCN1203.jpg

洗い場は1箇所のみだが、シャワー・シャンプー類完備で、シャワーの出具合も良好。
加水用のホースがあるので、熱すぎて入れないときには水を加えることができる。
昨日もかなり熱いお湯だったが、十分に掛け湯をすれば何とか入れる温度だった。
ただ、長くお湯に浸かったので、出た時には全身がピンク色に染まっていた。

5DSCN1245.jpg

名号館の隣には、かつての共同浴場「名号湯」があるが、じゃっぽの湯に役目を譲り、現在は使われていない。

今回は珍しく、先客さんが1人おられた。
このお宿の常連で、毎週必ず来ているとのこと。
「青根ではここが一番」
意見が一致して嬉しかった。
私が入るとすぐに出られたので、その後は終始貸切状態。
静寂の中、熱々のお湯に浸かり、大満足だった。

名号館
場所 柴田郡川崎町青根温泉4-4
料金 500円
時間 10:00頃~夕方までとのこと


スポンサーサイト

青根温泉 名号館

1DSCN4292.jpg

けんちゃんちで美味しいお蕎麦を食べ、青根の名号館に向かった。
名号館は、青根では一番のお気に入り。

1DSCN4244.jpg

場所は、共同浴場じゃっぽの湯から少し奥に入ったところ。
隣には、かつての共同浴場である名号湯があるが、残念ながら現在は営業していない。
自分が湯巡りを始めた頃にはもう営業していなかったので入ったことはないが、懐かしいと感じる人もいると思う。

1DSCN4249.jpg

名号館は木造2階建ての歴史と風情が感じられるお宿。

2DSCN4252.jpg

玄関を入ったところで受付を済ませ、庭伝いに廊下を奥まで進んでいく。

2DSCN4254.jpg

お風呂は男女別の内湯のみとなっている。

3DSCN4258.jpg

脱衣所は狭いが、きちんと整頓されている。

4DSCN4262.jpg

脱衣所から石の階段を数歩降りたところに浴槽がある。
タイルの浴槽は小さく2人サイズ。
大型の換気扇が回っているので湯気で煙ることがない。

4DSCN4273.jpg

湯口からは熱いお湯が静かに注がれている。

4DSCN4270.jpg

浴槽の縁からは溢れたお湯が浴室の床に流れ出している。

4DSCN4279.jpg

浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると一斉に溢れ出し、浴室の床は洪水状態になる。
しばらくだれも入っていなかったようで湯温がとても高い。
特に表面の温度が高いので、十分に掛け湯をして、浴槽内では手足を使って湯もみする。
ただし、手足がヒリヒリするのを我慢しながらの湯もみ。
カランのところにある蛇口からホースを引いて加水することもできるが、何とか加水すぜに入ることができた。

4DSCN4267.jpg

隣の女湯にはだれもおらず、男湯は終始独泉。
お湯の流れる音や換気扇の音以外は何も聞こえない。
静寂の中で時が止まったような感じがする。
名号館にはこれまで3回訪問したが、いつも貸切状態。
素晴らしいお湯を心ゆくまで楽しむことができた。

5DSCN4240.jpg

周辺を散策していて、じゃっぽの湯の駐車場の向かいにラーメン屋さんを発見。
機会があれば入ってみようと思う。

名号館
場所 柴田郡川崎町青根温泉4-4
料金 500円
時間 10:00頃~夕方までとのこと



お山のめぐみ とだ家(再訪)

1DSCN3475.jpg

今日の宮城は快晴。
山の紅葉も進んできたので、露天風呂からの眺めが良い宿をあれこれと思い巡らし、青根温泉のとだ家に行くことにした。
とだ家に行くのは、約3年ぶり。
前回は9月だったので紅葉には早すぎ、天気も良くなかった。
今日は素晴らしい景色を眺めながら露天風呂に浸かれることを期待して出かけた。

1DSCN3478.jpg

とだ家は、青根の温泉街の坂の上の方にあるこじんまりとした旅館。

1DSCN3480.jpg

玄関前には、「お山のみえる男女露天風呂あります」と表示されている。

2DSCN3483.jpg

とだ家に到着したのは午前10時20分ごろ。
前回訪問した時には10時から日帰り入浴できたのでそのつもりで行ったが、今は10時半からになったとのこと。
フロントでしばらく待つことにする。
すると女将さんから、「時間前ですがどうぞお入りください」とありがたい言葉をいただく。
この宿には貴重品ロッカーがないので、貴重品はここで預かってもらう。

2DSCN3549.jpg

フロントから奥に進むと木のテーブルのあるちょっとした休憩所がある。
お風呂はその先にある階段を降りたところにある。

3DSCN3492.jpg

階段を降りると暖簾があり、その奥に男女別のお風呂がある。
男湯は左側、女湯は右側で、これは前回と同じ。

3DSCN3495.jpg

脱衣所は細長い造りの部屋で、洗面台にはドライヤーが備えられている。
先客さんは1名のみで宿泊客。
入ると同時に出られたので、しばらくは貸切状態。

4DSCN3529.jpg

湯気で煙っている浴室には、10名程度が入れそうな長方形の浴槽がある。
浴室の床は温泉成分で滑りやすくなっているので、歩くときには注意が必要。

4DSCN3509.jpg

浴槽の隅に設けられた湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は中性の単純泉で、無色透明。湯温は少し高め。
若干の温泉臭はあるが、特別な匂いは感じられない。
湯使いは、加温なし、加水なし、循環なし、消毒なしの源泉掛け流し。
ただし、排出口が浴槽の底にあるので、ほとんどオーバーフローしていない。
ザブンとお湯に浸かったときに若干溢れ出す程度。

4DSCN3533.jpg

洗い場は6箇所あり、そのうちの5箇所にシャワーが設置されている。
シャンプー類は完備。

5DSCN3512.jpg

露天風呂は浴室のドアから外に出たところにある。
岩造りの浴槽は6人程度が入れる広さ。

5DSCN3514.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じで、湯温は少し低め。

5DSCN3523.jpg

岩の隙間からは溢れたお湯が外に流れ出している。

5DSCN3527.jpg

露天風呂からの眺めはとても素晴らしく、手入れされた庭園の向こうに紅葉した山々を見渡すことができる。

最初のうちは独泉だったが、20分ほど経過すると次々にお客さんが入ってきた。
皆さん、露天風呂からの眺めが目当てのようで、長湯しながら眺望を楽しんでいた。
帰り際に宿のご主人から、「湯加減はどうでしたか?」と尋ねられたので、「内湯は熱めで、露天は温めでした」と答えた。
すると、「露天風呂では景色を眺めながら長湯してもらい、内湯でシャキッとしてもらいたいために、温度設定をしている」とのこと。
心遣いに感心しながら、宿を出た。
次回も、紅葉の季節に行ってみようと思う。

6DSCN3552.jpg

帰りにちょっとドライブして、峩々温泉まで行ってみた。
以前は峩々温泉も日帰りできたので入ったことがあるが、今はおそらく宿泊のみ。

6DSCN3562.jpg

この辺りの紅葉は今が一番の見頃となっていて、車窓から色づいた山々を眺めながらのドライブを楽しんだ。

お山のめぐみ とだ家
場所 柴田郡川崎町青根温泉7-5
料金 大人500円 子供300円
時間 10:30~17:00ごろ


青根温泉 じゃっぽの湯

1DSCN1680.jpg

今日は午後から用事があるので、久しぶりに朝じゃっぽしてきた。
我が家では、朝にじゃっぽの湯に行くことを朝じゃっぽと言っている。
霧雨の中、朝5時過ぎに家を出ると、6時20分ごろに到着。

2DSCN1676.jpg

ここは6時半から営業開始だが、受付の前のベンチにはすでに男女数名が待っている。
皆さん顔なじみのようで、会話も弾んでいる。
開始時刻の少し前に係の人から「どうぞ入ってください」と言われ、一斉にお風呂に向かう。
常連さんたちは定期券を持っているようで、券売機を使う人はほとんどいなかった。

3DSCN1657.jpg

脱衣所の奥の方にはロッカー(100円リターン式)があるので便利。

4DSCN1664.jpg

浴室にはL字型の10人程度が入れる広さの浴槽がある。

4DSCN1671.jpg

湯口からは少し熱めのお湯がザーザーと音を立てて注がれている。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
肌に擦ると少しだけヌルッとするお湯。
朝一なのでお湯はとっても新鮮。

最初、お客さんは6名だった。
皆さん10分から15分ぐらいでお風呂から上がっていったが、入れ替わりで次々と入ってくる。
写真はほとんど撮れなかったので、詳しくは前回の記事を見てほしい。

じゃっぽの湯から外に出ると、休憩所の前あたりで、雨合羽を着た犬を連れたお婆ちゃんが休んでいた。
可愛らしい犬はメイちゃんで、とっても人懐こい。
お散歩の途中に寄ったとのこと。
しばしメイちゃんと触れ合い、お婆ちゃんとお話しをして家路に着いた。

じゃっぽの湯
場所 宮城県柴田郡川崎町青根温泉9-1
料金 大人310円  子供150円
時間 6:30~21:30(受付は21:00まで)


青根温泉 名号館(再訪)

1DSCN0372.jpg

今日は、午前中は二日酔い気味だったので家でグダグダし、午後からの出発となった。
向かった先は青根温泉の名号館。
前回からは約2カ月半ぶりの訪問となる。
名号館は、青根では一番のお気に入りの温泉。

1DSCN0378.jpg

場所は、共同浴場じゃっぽの湯の駐車場から奥に入ったあたり。
途中、岡崎旅館で日帰り入浴をお願いするも「日帰りはやってません」とのことで丁重に断られる。

1DSCN0330.jpg

道路の突き当りにある岡崎旅館の旧館から左に曲がってすぐのところに、かつての共同浴場「名号湯」がある。
自分が湯巡りを始めたころにはすでに閉鎖されていたので入ったことはないが、趣のある建物。
(一度入ってみたかったなあ!)
旅館名号館は、名号湯のすぐ隣。

2DSCN0332.jpg

玄関を入ったところにある帳場で受付をする。
宿のご主人からは「お風呂の電気は入口のところにあるので、点けてください」とのこと。
庭に沿った細長い廊下を奥に進む。

2DSCN0365.jpg

お風呂は手前が男湯、奥が女湯となっている。

3DSCN0363.jpg

脱衣所はいたってシンプル。

4DSCN0344.jpg

浴室のドアを開けて、石の階段を数歩下ったところに浴槽がある。
浴槽は小さく2人サイズ。
掛け流しにはベストサイズかもしれない。
お湯はとっても新鮮。

4DSCN0356.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は、ほぼ中性の単純泉。
MT泉で、石膏臭のような温泉臭がフワッと感じられる。
前回は、ヌルっとした浴感があったが、今日は湯温が高いためかあまり感じられない。
おそらく45℃ぐらい。
加水せずに入れるが長湯はできない。

4DSCN0350.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から浴室の床に静かに流れ出している。
ザブンとお湯に浸かれば、一斉に溢れ出し、洪水状態になる。

4DSCN0345.jpg

洗い場は1箇所のみ。
シャワー・シャンプー類完備。
加水用のホースがあるので、熱すぎて入れないときには水でうめることもできる。

5DSCN0368.jpg

浴室付近の壁に貼ってある「立寄り入浴カード」の紹介。
近くに住んでいたら絶対に買ってると思う。

今日は終始貸切状態。
お湯の音だけがする静かな浴室で、まったりとした時間を過ごすことができた。

名号館
場所 柴田郡川崎町青根温泉4-4
料金 500円
時間 10:00頃~夕方までとのこと



プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter