東根温泉 大二館(再訪)

1DSCN1077.jpg

今日の仙台は薄曇りの天気で、気温も低め。
昨日に続いて熱いお湯を求めて、東根温泉の大二館に行ってきた。

1DSCN1075.jpg

大二館へは約2年半ぶりの訪問。
行く途中に、よってけポポラに立ち寄って食材を購入。
新鮮な野菜や果物が安く買えるので、東根に行ったときにはよく利用するが、いつもながら大勢のお客さんで賑わっている。
我が家では、今日の晩御飯に山形風の芋煮を作る予定。

2DSCN1072.jpg

玄関から中に入り、「ごめんください」と声をかけると女将さんが出てきて対応してくれる。
「お風呂入れますか?」と尋ねると、「大丈夫ですよ。寒いので暖まっていってください」とのこと。
お風呂まで案内し、脱衣所の電気を点け、シャワー・カランのボイラーを入れてくれた。
親切丁寧な対応に頭が下がる。

2DSCN1066.jpg

お風呂は廊下を奥に進んだ突き当りにある。

2DSCN1056.jpg

右側が男湯、左側が女湯で、前回と同じ。
他にお客さんがいなければ、貸切も可能とのこと。

3DSCN1051.jpg

脱衣所は広くてゆったりとした造りになっている。
洗面台にはドライヤーが2台備えられている。
寒い時期にはありがたい。

4DSCN1048.jpg

浴室には円形の浴槽が2つあり、真ん中でくっついている。
右側の浴槽は2人サイズ、左側は4人サイズ。
湯温はほぼ同じ。

4DSCN1010.jpg

中央に設けられた湯口からは熱いお湯がヒタヒタと注がれている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・塩化物泉で、PH7.6の弱アルカリ性のお湯。
お湯の色は、紅茶色。
匂いは、微硫黄臭と微かなアブラ臭。
表面の温度が高く、底の方の温度が低めなので、手足を使ってお湯をかき混ぜる。

4DSCN1020.jpg

それぞれの浴槽の隅に設けられた排出口から絶えずお湯が溢れ出している。
浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると浴槽の縁からも溢れ出す。
お湯の表面には白くて大きな湯の花がたくさん舞っている。

4DSCN1024.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今日は、先客さん1名いたが、すぐにお風呂から上がり、その後は終始貸切状態。
素晴らしいお湯をほぼ独泉できて大満足だった。

東根温泉 大二館
場所 東根市温泉町二丁目10ー1
料金 500円
時間 要確認
    (行く前に電話した方がいいと思う)
電話 0237-42-0010


スポンサーサイト

東根温泉 いしの湯(再訪)

1DSCN7055.jpg

今日は、東根温泉のいしの湯に行ってきた。
当初はさくら湯を目指したが、立ち寄り湯をお願いしたところ、今日はお客さんが多いとのことで断られた。
さくら湯の玄関前には〇〇家法要と表示されていて、玄関にはスリッパがたくさん並んでいたので仕方ない。
ちなみにさくら湯は前回も断られているので、日帰り入浴の難易度は高いかも。

1DSCN7063.jpg

さくら湯に行く途中、いしの湯の前を通ったときに駐車場には1台も車がないことを確認していたので、独泉を期待して向かう。

1DSCN7052.jpg

いしの湯は、道路に看板があるものの一般の民家のような造りなので、よく見ていないと気付かずに通り過ぎてしまいそう。
玄関から中に入り、女将さんに入浴料を渡してお風呂に向かう。
入浴料は前回訪問時より50円値上がりしていた。
と言っても、250円だが・・・。

2DSCN7043.jpg

お風呂は手前が女湯、奥が男湯となっている。
さらに奥には座敷があって休憩することができる。

3DSCN7038.jpg

脱衣所は棚と籠のみのシンプルな造り。
鍵付きのロッカーは2番のみで、残りは鍵がなくなっている。

4DSCN7010.jpg

浴室には2人サイズの小さな浴槽がある。

4DSCN7018.jpg

お湯はいったん湯溜に入り、浴槽に注がれる仕組み。

4DSCN7028.jpg

浴槽の下の方に小さな穴があり、そこから熱いお湯が出てくる。
泉質は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で、PH7.9の弱アルカリ性高温泉。
前回訪問時は、含硫黄と表示されていたが、今回はなくなっている。
しかし、タマゴ臭はしっかりと感じられる。
お湯は透明で若干緑がかっており、湯温は高め。
お湯の中では、消しゴムのかすのような白い湯の花が沢山舞っている。

4DSCN7030.jpg

ザブンとお湯に浸かると浴槽の縁から一斉にお湯が溢れ出す。

4DSCN7020.jpg

洗い場は1箇所あるが、カラン等がないので、浴槽からお湯を掬って使う。
シャンプー類はないので、体や髪を洗うときには持参する必要がある。
水道からのホースがあるので、浴槽のお湯が熱すぎるときは加水することができる。

5DSCN7058.jpg

お風呂から上がって外に出ると、残雪のある月山がきれいに見える。
この景色はいつ見ても美しい。

今日は、最初のうちは先客さんが1名いたが、出られてからは最後まで貸切状態。
お湯に浸かったり、床にトドったりしながら気ままに過ごすことができた。

いしの湯
場所 東根市温泉町1-22-5
料金 大人250円 子供150円
時間 8:00~20:00




東根温泉 ホテル来山荘

1DSCN5984.jpg

今日は、山形県の東根温泉ホテル来山荘に行ってきた。
ここの前の道路はよく通るが、入るのは初めて。

1DSCN5987.jpg

いつもひっそりとしているが、今日は玄関前の駐車スペースに2台車が停まっている。
一部2階建ての来山荘は、ホテルというよりは旅館といった感じのお宿。

2DSCN5979.jpg

玄関から中に入るがフロントにはだれもいない。
呼び鈴を鳴らしてしばらく待っていると、奥からご主人が出てきて対応してくれる。
「お風呂の場所は分かりますか?」と尋ねられ、「分かりません」と答えると、お風呂の場所を教えてくれる。

2DSCN5969.jpg

教えられた通りにどんどん奥に進むとお風呂に到着。
手前が男湯、奥が女湯となっている。

3DSCN5916.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、棚の他にはソファと椅子が置かれている。

3DSCN5918.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。
貴重品ボックス等はない。

4DSCN5949.jpg

浴室に入った瞬間に、モール系のアブラ臭と微タマゴ臭が感じられ嬉しくなる。
浴室には10人程度が入れる広さの浴槽がある。

4DSCN5932.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は含硫黄-ナトリウム‐塩化物泉で、PHは7.6。
色は薄茶色で、白と茶色の大きな湯の花がユラユラと舞っている。
湯口付近では明確なタマゴ臭が感じられる。

4DSCN5933.jpg

湯口から注がれるお湯の一部は湯口下に設けられた樋でそのまま外に捨てられている。
この樋で湯温を調節しているようだ。

4DSCN5936.jpg

窓際の辺りからはオーバーフローが見られるが、お湯に浸かるとあちこちからお湯が溢れしていく。
気持ちの良い掛け流しで、お湯の通り道は析出物によって変色している。

4DSCN5957.jpg

湯温は高めだが、十分に掛け湯すれば入れる温度。
熱いお湯が苦手な人は、蛇口を捻って加水することもできるようになっている。

4DSCN5922.jpg

こちらの洗い場は、シャワー・シャンプー類完備。
ただ、季節柄、シャワーがお湯になるにはしばらくかかる。

4DSCN5924.jpg

こちらの洗い場は、混合栓のみとなっている。

5DSCN5954.jpg

浴室の奥の扉を開けて外に出ると岩造りの露天風呂がある。
残念ながら、お湯が張られていない。
冬季のみなのか、年中なのかは不明。
もしかしたら、ご主人も女将さんもご高齢なので維持管理が難しいのかもしれない。

6DSCN5977.jpg

お風呂から上がってフロントに向かう途中にちょっとした休憩スペースがあり、待ち合わせに利用。
フロントの前にもテーブルがあるので、そちらを利用することもできる。

今日は、ラッキーなことに男湯も女湯も終始貸切状態。
熱いお湯にどっぷりと浸かって、1週間の疲れを癒すことができた。
帰りには、いつも立ち寄る壽屋で新酒を買ってきたので、この後飲むのが楽しみ。

ホテル来山荘
場所 東根市温泉町1-16-2
料金 500円
時間 要確認
電話 0237-42-0018



東根温泉 松乃湯(再訪)

1DSCN0742.jpg

今日は、山形県の東根にある松乃湯に行ってきた。
当初、さくら湯を目指したが、本日はお客さんが多いために日帰りはお休みとのこと。
そこで、近所にある松乃湯に変更した。

1DSCN0744.jpg

屋根付きの駐車場に車を停めて松乃湯に向かう。
前回の訪問からは約2年半ぶり。

1DSCN0741.jpg

玄関前にはさくらんぼ東根温泉の湯めぐり季の幟が立っている。

2DSCN0736.jpg

受付では女将さんが対応してくれる。
「どうぞ、男湯を貸切で使ってください」とありがたい言葉をいただく。

2DSCN0738.jpg

お風呂は玄関から左の廊下を進んだ突き当りにある。

3DSCN0729.jpg

右側に女湯、左側の奥に男湯がある。

4DSCN0705.jpg

脱衣所は棚と籠のみの簡素な造り。

4DSCN0704.jpg

鏡付きの洗面台にはドライヤーが備えられている。

5DSCN0708.jpg

浴室に入ったとたんに明確なアブラ臭とかすかなタマゴ臭が感じられ、嬉しくなる。
円形の浴槽は4人サイズ。

5DSCN0710.jpg

男女の浴室の間にあるガラスの壁が特徴的。

5DSCN0721.jpg

浴室の隅に蛇口が2つある。
右側がお湯、左側が水。
ホースを接続して、自分の好みに合わせて浴槽に入れることができる。
写真は、激熱のお湯を浴槽にドバドバ注いでいるところ。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、PH7.8の弱アルカリ性。
色は濃いウーロン茶色で、湯温は高め。

5DSCN0711.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
カラン・シャワーからはタマゴ臭とアブラ臭のミックスした温泉が出てくる。
これは、とってもいい香りだ。

5DSCN0734.jpg

ロビーには待ち合わせができる休憩スペースがある。

今回も貸切使用だったので、連れと2人でのんびりと過ごすことができた。
帰るときには宿のご主人が出てきて見送ってくれた。

松乃湯
場所 山形県東根市温泉町1-9-2
料金 300円
時間 要確認



東根温泉 青松館

aP5210056.jpg

ガネーシャでランチをした後、山形県の東根に向かった。
訪問したのは、青松館。
以前、一度行っているが、日帰り入浴は午後3時からとのことで諦めたお宿。
今日は午後からの出発となったので、ちょうどよい時間に到着。

aP5210057.jpg

青松館は2階建ての中規模の旅館。
東棟、西棟、新館からなり、それぞれが廊下で結ばれている。

bP5210048.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付をする。
到着時にはちょうど団体さんが出入りしているところでフロント周辺にお客さんがかなりいた。
フロントで入浴料を払い、お風呂の場所を教えてもらう。

bP5210046.jpg

お風呂は新館に行くための廊下を少し行ったところから庭に面した廊下を奥に進んだところにある。
暖簾を潜った右側に男湯、左側に女湯がある。

cP5210033.jpg

板張りの脱衣所には棚と籠、洗面台があり、ドライヤーが備えられている。

dP5210035.jpg

浴室には10人サイズの浴槽がある。

dP5210037.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム‐塩化物・硫酸塩泉で、PH7.9の弱アルカリ性のお湯。
色は薄茶色、匂いは湯口でほんのちょっぴりモール系のアブラ臭。
湯温は高め、浴感は若干ヌルっとしている。
源泉温度が高いので、井戸水で加水しているが、湯使いは消毒なしの掛け流し。

dP5210039.jpg

浴槽内にも湯口があり、その周辺はジャグジーのように泡立っている。
洗い場は6箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

dP5210041.jpg

溢れたお湯は、浴槽の切り欠けだけでなく、浴槽の縁からも浴室の床に流れ出している。
浴槽が大きい割に、お湯の鮮度はかなり良い。

eP5210051.jpg

湯温が高めだったのでなかなか汗が引かない。
お風呂から上がった後は、フロント近くにあるソファでしばし休憩。

eP5210054.jpg

宿を出るときには黒猫に見送られ、帰路に着いた。

青松館
場所 東根市温泉町1-20-1
料金 400円
時間 15:00~21:00

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter