やまぼうし(お宿編)

1DSCN8957.jpg

6月15日から1泊で山形県の米沢方面に行ってきた。
初日は、五色温泉宗川旅館、新高湯温泉吾妻屋旅館と2軒の温泉をはしご。
その後、小野川温泉に行き、連れがお気に入りのおうちカフェぼぬーるで休憩。
田んぼアート、小町花公園と巡って、宿に到着。
今回泊まった宿は、やまぼうし。
やまぼうしは、犬の同宿ができるお宿で、小野川温泉に近いところにある。
米沢の町から小野川温泉に行く途中に、日帰り温泉と書かれた幟が沢山立っている。

1DSCN8959.jpg

ゲートから中に入り、フロントで受付をする。
女将さんが宿泊棟まで案内し、お風呂や食事などについて説明してくれる。

2DSCN8945.jpg

宿泊棟は一戸建てになっていて、周囲に気兼ねなく過ごすことができる。

3DSCN8934.jpg

玄関から中に入ると、右側に手前から台所・トイレ・洗面所・お風呂があり、左側には和室がある。

3DSCN8928.jpg

台所は自炊できる施設はあるが、調理器具や食器類がほとんどない。
おそらく、今回は2食付きだったので、このような棟が割り当てられたのだと思う。
冷蔵庫と電子レンジがあるのはありがたい。

3DSCN8931.jpg

実際には入らなかったがお風呂もあり、お湯がでることは確認。

3DSCN9062.jpg

二間続きの和室。
手前が8畳、奥が10畳。
冷暖房完備、テレビ、金庫などが備えられた快適空間。
アメニティは、タオルと歯磨きセット。
浴衣はつかないので、パジャマを持参。

3DSCN8939.jpg

長旅で疲れ、和室で寛ぐダイちゃん。

続いて食事編。

4DSCN9072.jpg

夕食・朝食ともに、フロントの隣にある食堂でいただく。

4DSCN9015.jpg

夕食のおかずは、豆の洋風の煮物、玉ねぎ、キッシュ。
家庭的な料理で、どれも美味しくいただく。

4DSCN9022.jpg

風呂上りのビールは最高の幸せ。
おつまみは、燻製三種(チーズ、鶏、ベーコン)とピクルスなどの酢漬け。

4DSCN9018.jpg

メインディッシュは、米沢牛のすき焼き。
G1の表示は米沢牛の証と説明される。

4DSCN9019.jpg

最初は女将さんが調理してくれる。
その後は、セルフですき焼きを楽しむ。
質・量ともに大満足。

4DSCN9021.jpg

最後にいただいた漬物もさっぱりしていて美味。

5DSCN9069.jpg

翌日の朝食も同じ場所でいただく。
ししゃもの燻製がとても美味しく、ご飯がすすむ。
サラダ、味噌汁もいいお味。

夕食・朝食ともに、旅館やホテルの食事とはちょっと違い家庭的な感じだが、どの料理も心がこもっていて、美味しくいただく。

続いて、やまぼうしの施設をダイちゃんと巡ってみよう。

6DSCN8963.jpg

こちらは日帰り入浴施設。
宿泊者は、夜は9時ごろまで、朝は7時ごろから入浴することができる。

6DSCN8964.jpg

釣り堀にはたくさんのマスが泳いでいる。
夜は、この辺りから川にかけて、たくさんの蛍が飛び交う。
都会では見られない光景に感動!

6DSCN8965.jpg

広い庭にはテーブルが置かれている。
この辺りでバーベキューなどができるようになっている。

6DSCN8967.jpg

ダイちゃんの背中にトンボがとまっている。(ダイちゃんは気づいていない)

6DSCN8970.jpg

子供のための遊具がある。
夏休みは子供連れで賑わうのだろう。

6DSCN8973.jpg

ピザ窯が並んでいる。
ピザづくり体験もできるようだ。

翌朝、小雨が降る中、ダイちゃんと小野川温泉まで散歩した。
やまぼうしから小野川温泉までは徒歩15分程度の距離。

7DSCN9026.jpg

湯巡り駐車場にある飲泉所。
以前飲んでみたが、苦手な味と匂い。

7DSCN9035.jpg

滝の湯を経由して、尼湯へ。
かなり熱いが素晴らしいお湯だったと記憶している。

7DSCN9036.jpg

次は亀屋万年閣。
いつか行ってみようと思う。

7DSCN9042.jpg

高砂屋にもいつか行ってみたい。

7DSCN9058.jpg

駐車場近くの足湯でしばし休憩。

7DSCN9060.jpg

以前入ったことのある食堂龍華。
次回は名物の豆もやしラーメンを食べてみたい。

早朝のため人にはほとんど会わなかったが、朝の温泉街を散策するのもなかなかいいなと思った。

小野川温泉には入ってみたいお宿がたくさんある。
ダイちゃんと一緒に泊まれる旅館は無さそうなので、やまぼうしに泊まってのんびりと湯巡りできたらいいなと思う。

やまぼうし
場所 米沢市赤芝町1472-1
料金 1泊2食 1人8,790円 ダイちゃん無料


スポンサーサイト

レークサイド 山の家

1DSCN7842.jpg

今回の旅行でお世話になったのは、十和田湖畔にあるレークサイド山の家。
昨年のGWにも泊まったので、2回目となる。

1DSCN7840.jpg

ここには、宿泊棟としてA・B・Cの3棟がある。
ペット同宿可なのはB棟とC棟で、どちらもメゾネットタイプの2階建て。
B棟とC棟の造りはほぼ同じで、今回宿泊したのはC棟。
ペットは2階の部屋に入ることは禁じられているが、それ以外は自由に過ごすことができる。

2DSCN7803.jpg

1階にはフローリングのリビングルームがある。
テレビ、暖房機のある快適空間。
窓からは十和田湖がよく見える。
また、アメニティグッズと浴衣、シーツなどが用意されている。

2DSCN7810.jpg

キッチンには、冷蔵庫・ガス台・湯沸かしポット・食器などがあり、食材を持ち込んで自炊することができる。
電子レンジはないが、A棟の食堂と管理棟にあるので、必要なときには借りて使うことができる。
ダイニングは、カウンター式となっている。

2DSCN7793.jpg

2DSCN7792.jpg

お風呂と洗面所とトイレも1階にある。
トイレは、温水シャワー付き。

2DSCN7798.jpg

2階には10畳程度の和室があり、押し入れに布団が用意されている。
こちらにはエアコンと暖房機が設置されている。

1DSCN7843.jpg

宿泊の受付などは管理棟で行う。

3DSCN7845.jpg

管理棟の隣にはドッグランがある。

3DSCN8104.jpg

宿の看板犬のサンタくん12歳。
他の犬が近づくと猛然と吠えるので、ダイちゃんは近くに寄らなかった。

続いて食事編。
と言っても、すべて自炊。

4DSCN7820.jpg

1日目の夕食は、カレーライス・野菜サラダ・ほうれん草の胡麻和え・インゲンのピーナツ和えなど。

4DSCN7828.jpg

ビールと鳳陽の大吟醸で乾杯。
鳳陽は、宮城県富谷市にある内ケ崎酒造の美味しいお酒。

4DSCN8098.jpg

2日目の夕食は、ニンジンシルシル・しめじとえのき茸のソテー・チキンサラダ・豆苗の肉巻き炒めなど。

4DSCN8102.jpg

3日目の朝食にいただいたトマたま炒めが美味。
連れが頑張ったおかげで、3日間とっても美味しい料理をいただくことができた。

最後は、ダイちゃんの散歩編。

5DSCN7858.jpg

山の家の敷地内にある神の滝を眺めている。

5DSCN7864.jpg

水を怖がることもなく、十和田湖に入っていき、水を飲んでいる。

5DSCN7892.jpg

2日目の朝には、奥入瀬渓流を元気に散歩する。

5DSCN8092.jpg

車での移動と散歩に疲れて、長座布団の上で寛いでいる。

昨年に続いて2回目の利用となった山の家。
山と湖に囲まれた自然豊かなお宿。
ダイちゃんも(たぶん)満足。
今回は、カメムシが大量に発生したので、見つけるたびにガムテープで撃退する。
潰さないように捕まえることがポイント。
こちらは大型犬も同宿できる数少ない宿なので、またいつか泊まろうと思う。

宿泊日:2017年5月4日から2泊3日

レークサイド山の家
場所 秋田県角郡小坂町十和田湖銀山1-7
料金 1泊1人4,500円×2+コテージ2,000円+ダイちゃん1,000円で、12,000円



ペンション ハッピー

1DSCN6763.jpg

いよいよ、那須の旅シリーズの最終回。
2泊目のペンションハッピーは、木立の中にある2階建てのお洒落なお宿。
ペット可というより、ペット大歓迎のお宿で、ありがたいことに大型犬も大丈夫。

1.jpg

広い庭には、ペンション専用のドッグランがある。
ダイちゃんと入ってみるが、走ることなくただ寛いでいた。

2DSCN6796.jpg

1階のロビー周辺。
奥が食堂、右側がフロントになっている。
到着時、ご主人がお風呂と部屋の案内をしてくれる。
館内はスリッパ履きだが、使い捨てスリッパで、持ち帰りが可能となっている。
コロコロローラーや足ふき用のウェットティッシュなどが置いてあり、自由に使うことができる。

2DSCN6773.jpg

客室はすべて2偕にある。
廊下にはコーヒーや紅茶が自由に飲めるコーナーがある。
また、館内ではフリーのWi-Fiが使えるようになっている。

3DSCN6754.jpg

お部屋はツインのベッドルームで、エアコン・テレビ・冷蔵庫が備えられている。
到着時、部屋はエアコンで暖められている。

3DSCN6751.jpg

タオルとバスタオルを使って可愛らしい象さんが作られている。
浴衣はないが、その他のアメニティは一通り用意されている。

3DSCN6752.jpg

部屋にはトイレ付のユニットバスが設置されている。

4DSCN6776.jpg

お風呂は1階の廊下の奥にある。

4DSCN6779.jpg

扉の奥には石の風呂があり、手前にはポリバスの家族風呂がある。
もちろん入ったのは石の風呂。
空いていれば24時間いつでもはいることができる。
入る時には、扉にある札を空室から入浴中に替える。

4DSCN6782.jpg

脱衣所は狭いが、家族で利用するには十分な広さ。

4DSCN6803.jpg

浴槽は、4人程度が入れる広さ。
手前が浅くなっていて、寝湯ができる。
湯口は浴槽内に2箇所ある。
1つはジャグジーで、もう1つはパイプ。
どちらからも熱いお湯が注がれている。
泉質は表示がないので不明だが、おそらく単純泉。
湯使いは循環のみだが、薄っすらと温泉成分が感じられる。

4DSCN6802.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

夕方に1回、翌朝に1回入浴したが、けっこう気持ちが良い。
宿のご主人が是非入ってくださいと言ったのも頷ける。

5DSCN6817.jpg

今回は、朝食のみのプランで予約。
食事は、1階の食堂でいただく。
食堂は明るく、BGMが静かに流れている。

5DSCN6814.jpg

朝食のメニューは、スープとパンと1プレートの簡素なもの。
野菜が新鮮で、パンも美味しい。
食後のコーヒーはセルフでいただく。

6DSCN6768.jpg

最後にダイちゃん。
宿のまわりは自然豊かな環境で散歩が楽しい。

6DSCN6798.jpg

朝には、那須サファリパークまで歩いてみる。
片道20分程度だが、サファリパークに近づくと、猛獣の鳴き声が聞こえてきて、ダイちゃんはビビる。

6DSCN6770.jpg

散歩の途中、たくさんの犬に出会い、触れ合うことができた。
満足したのか、宿に戻るとダイちゃんは疲れて寝てしまった。

前の日に泊まったガーデンハウス太陽もペンションハッピーもどちらもとても良かった。
次回の栃木の旅でもまた泊まってみようと思う。

宿泊日:2017年3月19日

ペンションハッピー
場所 那須町高久乙824-6
料金 1泊朝食付きで1人5,400円




ガーデンハウス太陽

1DSCN6418.jpg

ペニーレインでパンを買い、その後スーパーマーケットで夕食の食材を買って、ガーデンハウス太陽に向かう。

1DSCN6415.jpg

到着後、まずは管理棟で受付をする。
親切なお婆ちゃんが対応してくれる。
ガーデンハウス太陽には1号棟から3号棟までの宿泊棟と湯小屋があり、中庭ではバーベキューができるようになっている。

1DSCN6411.jpg

宿泊棟は、それぞれ平屋のこじんまりとした建物。
今回は正面の2号棟に宿泊。

2DSCN6397.jpg

フローリングの部屋にはベッド3つと長細いテーブルがある。
到着時、ありがたいことに部屋はエアコンで暖められている。

2DSCN6396.jpg

フローリングの奥には畳敷きの座敷がある。
ベッドと合わせて6名ぐらいまで宿泊可能。

2DSCN6402.jpg

台所には、ガステーブル、炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ、鍋、フライパン、食器類などがあり、食材を持ち込んでの自炊が可能。

3DSCN6393.jpg

シャワー付きではないが、洋式のトイレがある。

3DSCN6394.jpg

洗面所とお風呂もついている。

4DSCN6413.jpg

ダイちゃんとロング散歩をした後に貸切の露天風呂に向かう。

4DSCN6442.jpg

入浴中の札を入口付近に掛ける。

4DSCN6445.jpg

脱衣所は、家族で使うには十分な広さ。

4DSCN6448.jpg

岩造りの浴槽は5人サイズ。

4DSCN6457.jpg

湯口は浴槽内にあり、お湯が出てくるところには目の細かい虫取り網がかけられている。
おそらく、これは湯の花キャッチャー。
温泉分析表がないので、泉質は分からないが、おそらく単純泉。
薄っすらと温泉成分が感じられる。

4DSCN6452.jpg

湯使いは循環メインだが、一部掛け流しになっている。

4DSCN6454.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

午後5時から入浴可能なので、5時ちょうどにお風呂に入ったが、お湯が十分に温まっておらず、お湯の底の方が少し冷たかった。
注がれるお湯がかなり熱いので、出る頃にはちょうどいい温度になってきた。

5DSCN6460.jpg

風呂から上がってビールを飲みながらの夕食。
スーパーで買ってきたまぐろの刺身がけっこう美味しい。
この地方の名物らしい大きながんもどきは、砂糖醤油で煮ていただく。
ビールを2本と日本酒を少々で出来上がってしまう。
長距離の運転と湯巡りで少し疲れたようだ。

6DSCN6428.jpg

ダイちゃんは、車の中では大人しかったが、散歩に出れば元気そのもの。
初めての場所だったので、あちこち匂いが嗅ぎまわっていた。

6DSCN6466.jpg

宿に戻るとそのまま寝てしまった。
やっぱりダイちゃんも疲れたのだろう。

ガーデンハウス太陽には猫が数匹いて、庭を歩いていると突然現れてびっくりする。
お婆ちゃんの話しでは、以前はゴールデンレトリーバーを飼っていたが、お爺ちゃんが亡くなると、後を追うように1週間後に亡くなり、その後猫が集まってくるようになったとのこと。
猫たちもお婆ちゃんの優しい人柄が分かるのだと思う。
那須方面に行くときにはまた泊まろうと思う。

宿泊日:2017年3月18日

ガーデンハウス太陽
場所 那須町高久乙600-117
料金 素泊まり1人6,300円 ダイちゃん2,000円

グルもてコテージSENGAN

1DSCN2970.jpg

今回の旅の最後は、いつものSENGAN。
福島県の裏磐梯方面秋元湖の近くにある貸別荘。
ペット可の一棟貸切なので、まるで自分の家で過ごしているかのように落ち着くことができる。
4回目の宿泊なのでこちらも慣れているし、管理をしているおばちゃんにも覚えられている。
宿の詳しい様子はこちらを見てほしい。

到着後、ダイちゃんと1時間ほど散歩して夕食の準備にかかる。
食材は猪苗代町のヨークで調達。

2DSCN2981.jpg

夕食の準備が整ったら、まずはビールで乾杯。

2DSCN2982.jpg

これは納豆を油揚げで包んで焼いたもの。
ビールのおつまみとしても良く合う。

2DSCN2983.jpg

タマゴとハムとポテトのサラダ。
仕上げにゴマ油を数滴たらすのがみそ。

2DSCN2984.jpg

キノコたっぷりの混ぜご飯。
銀杏も入り、まさに秋の味覚。

2DSCN2985.jpg

チャーシュー入りのグリーンサラダ。

食事が終わってテレビを見ていると、ウトウト。
たくさんお風呂に入ったので疲れたみたい。

続いて翌朝の朝食。
ダイちゃんと1時間半以上散歩したので、かなりの空腹状態。

3DSCN3001.jpg

昨晩のキノコご飯のほかに、おかず数品。
いつもの朝食よりもボリュームがあるが、美味しくてペロッと平らげる。

最後はお散歩編。

4DSCN2989.jpg

秋元湖の湖畔を歩くダイちゃん。
日の出前後はカメラマンさんたちがたくさんいた。

4DSCN2997.jpg

宿から歩いて20分ほどのところにあるペンションフットルース。
フットルースもペット可の宿で、ペット連れのお客さんが泊まっている。
散歩中に遭遇することが多く、ダイちゃんの交友関係が広がっていく。

これで2泊3日の旅行が終わったが、今回はあまり欲張らなかったので、いつもよりのんびりとすることができた。
次にいつ行けるか分からないが、またダイちゃんを連れて旅に出たいと思う。

訪問日:2016年10月11日~12日

グルもてコテージSENGAN
場所 北塩原村大字桧原字蛇平原山1074-2530
料金 1泊1人5000円 ペット1000円
    ※シーズンによって異なる
プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter