松島温泉 乙女の湯

1DSCN1419.jpg

11月11日(土)に、栃木県のさくら市にある松島温泉乙女の湯に行ってきた。
場所は、東北自動車道の矢板ICから車で10分程度のところ。

1DSCN1421.jpg

駐車場は広く、正面に日帰り入浴施設、左側には宿泊施設がある。
営業開始5分前に到着し、さっそく乙女の湯に向かう。

1DSCN1339.jpg

スロープを登り玄関から中に入る。
「あと5分ほど外でお待ちください」とのこと。
玄関の外でしばらく待ち、10時ちょうどに館内に入る。

2DSCN1413.jpg

鍵付きの下足入れに靴を入れて、受付で鍵を渡して入浴料を払うと、脱衣所のロッカーの鍵が渡される。

2DSCN1410.jpg

受付から奥に進むと、廊下の左側には無料の休憩所兼食堂がある。
向かい側には手前に男湯、奥に女湯が配置されている。

3DSCN1392.jpg

脱衣所は広く、鍵付きのロッカーがたくさん並んでいる。

3DSCN1404.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられ、「美肌水」と呼ばれる化粧水が置かれている。
少し手に取って肌に擦ると、肌がスベスベになる。
きっと女性には大好評だと思う。

4DSCN1354.jpg

浴室に入った瞬間に、タマゴ臭が感じられて嬉しくなる。
浴槽は10人程度が入れる広さ。
窓から光が入るので浴室は明るい。

4DSCN1359.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉。
トロミのあるお湯で、湯温は少し温め。
湯使いは、加水なし、循環なし、消毒なし、冬季のみ加温ありの掛け流し。

4DSCN1383.jpg

浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出している。
浴室の床は、溢れ出したお湯で濡れている。
滑るので歩くときには注意が必要。

4DSCN1362.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワーのみ設置されている。
嬉しいことにシャワーのお湯は温泉。
タマゴ臭プンプンのお湯を頭からかぶると、全身がローションに包まれ、とても気持ちが良い。
シャンプーもできるというボディソープが置かれているが、普段使っているシャンプーを持参した方がいいかもしれない。

5DSCN1371.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
岩造りの浴槽は10人程度が入れる広さで、一部に屋根が掛けられている。
周囲を塀で囲まれているので眺望はあまりよくないが、青空を眺めながら気持ちよく湯あみができる。

5DSCN1375.jpg

岩の隙間からお湯が注がれている。
泉質は、内湯と同じ。
湯温は少し温め。

5DSCN1388.jpg

岩の間から絶えずお湯が溢れ出している。

朝一を狙ったおかげで、ほぼ貸切状態。
お風呂から出る頃に1人入ってきたが、それまでは独泉。
お湯が新鮮で、湯温が温めなので、いつまでも入っていたいと思える温泉だった。

松島温泉 乙女の湯
場所 栃木県さくら市松島900
料金 大人820円 子供510円
 16:00~大人610円 子供400円
時間 10:00~21:30(入館は20:30まで)




スポンサーサイト

佐久山温泉 きみのゆ

1DSCN0405.jpg

先週末、栃木県の大田原市にある佐久山温泉きみのゆに行ってきた。
場所は、東北自動車道矢板ICから車で15分ほどのところ。

1DSCN0398.jpg

きみのゆは小高い丘の上にあり、敷地内には宿泊や宴会ができる施設などもある。
営業開始前に着いたのできみのゆの前の駐車場は空いていたが、帰るときには一杯になっていて、坂の下の方にある別の駐車場から歩いてくる人たちがたくさんいた。

2DSCN0355.jpg

台風の影響か、風が強くて気温が低く、長そででも寒いぐらい。
玄関前で常連さんたちと話をしながら、戸が開くのを待つ。

2DSCN0395_20170904192350e24.jpg

10分ほど待って館内に入る。
100円リターン式の下足入れに靴を入れて、券売機で入浴券を買って、受付の人に渡す。

3DSCN0391.jpg

お風呂は廊下を奥まで進んだところにある。
途中には、貸切風呂・休憩所(食堂)などがある。

3DSCN0384.jpg

脱衣所は広く、100円リターン式のロッカーがたくさん並んでいる。
洗面台にはドライヤーが備えられている。
外が寒いので、入浴後にドライヤーを久しぶりに使った。

4DSCN0363.jpg

浴室には大小2つの浴槽がある。
大きな浴槽は20人程度が入れる広さ。

4DSCN0381.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉。
微アブラ臭の感じられる優しいお湯。
浴感は少しヌルッとする程度。
掛け流しになっているが、お湯が満杯になっていなかったので、オーバーフローはほとんど見られなかった。
(帰る頃にはしっかりとお湯は溢れ出していた。)

4DSCN0379.jpg

大きな浴槽には電気風呂があるが、苦手なので近づかないようにする。

4DSCN0367.jpg

浴室の奥の方にジャグジー付きの3人サイズの小さな浴槽がある。

4DSCN0368.jpg

湯口から注がれるお湯は大浴槽と同じ。
ジャグジーの効果か、こちらは明確なアブラ臭。

4DSCN0369.jpg

浴槽の切り欠けからお湯が大量に溢れ出している。

4DSCN0364.jpg

浴室内には足湯があり、ちょっと休憩するのによい。

4DSCN0361.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN0371.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
岩造りの浴槽は10人程度が入れる広さ。

5DSCN0373.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じ。
湯口の隣には、打たせ湯がある。

6DSCN0376.jpg

露天風呂の近くにサウナがあるが、利用しなかった。

6DSCN0377.jpg

6DSCN0378.jpg

サウナの近くには1人用の水風呂が2つある。

佐久山温泉きみのゆは、地元では人気の施設。
一番乗りを果たしたので、最初のうちは空いていたが、帰る頃には多くのお客さんで賑わっていた。
食堂の料理が安くて美味しいと、常連のお婆ちゃんが教えてくれた。
お風呂に入って休憩して、お昼を食べてから帰るのだとか。
いつか時間のあるときに行って、のんびりと過ごしてみたいなと思う。

訪問日:2017年9月2日

佐久山温泉 きみのゆ
場所 大田原市佐久山2508
料金 大人620円 子供310円
 ※17:00以降は大人520円
時間 10:00~22:00 受付21:00まで




那珂川温泉 皆幸乃湯

1DSCN0293.jpg

このところちょっと事情があって、週末は横浜にある実家で過ごしている。
そのため温泉に行けないのが最大の悩みだが、何とか解消できないか?
たいていは、金曜か土曜の朝に仙台を出て、日曜の夜に戻ってくる。
車で行くことが多いので、東北道のICに近い温泉をいろいろ探してみた。
新菊島温泉旅館、観音湯、矢板温泉まことの湯は、帰省する途中に寄った。
今回訪問した那珂川温泉皆幸乃湯もこのパターン。
東北道の那須ICから近いところにある。

1DSCN0291.jpg

皆幸乃湯の湯は、ホテルアライの入浴施設だが、ホテルから独立した日帰り入浴施設ともなっている。
営業開始時間に到着したが、広い駐車場にはすでに車が数台停まっている。

1DSCN0287.jpg

館内に入り、鍵付きの下足箱に靴を入れ、受付で入浴料を払う。

2DSCN0265.jpg

受付の隣には大きな食堂があり、テーブルが沢山並んでいる。
メニューを覗いてみたが、料金が安い。
お風呂に入ったり、食事をしたり、寛いだりしながらのんびりと過ごすことができるようになっている。

2DSCN0286.jpg

受付から奥に進んでいくと、向かって左側に女湯がある。

3DSCN0267.jpg

そこから右の奥に少し進むと男湯がある。

3DSCN0271.jpg

脱衣所は広く、中央に棚と籠、その周りに鍵付きのロッカー(100円リターン式)がある。
洗面台には、ドライヤーや綿棒が備えられている。

4DSCN0283.jpg

浴室に入ると、結構な人数のお客さんで賑わっている。
温泉成分により床がすべりやすくなっている。
広い浴室には、30人以上が入れる広さの大きな浴槽が1つ、水風呂・ぬる湯・サウナ・打たせ湯がある。
洗い場は20箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

4onsen_sec01_03.jpg
(写真は皆幸乃湯のHPから借用)

5DSCN0278.jpg

露天風呂はラッキーなことにまだだれもいない。
大きな浴槽は20人以上が入れる広さ。

5DSCN0280.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉でPH9.3。
肌に擦ると少しヌルッとするお湯。
湯使いは、加水なし・加温なし・循環なし・消毒なしの源泉掛け流し。

5DSCN0281.jpg

溢れたお湯は、排出口から外に流れ出している。

皆幸乃湯は、内湯も露天風呂も源泉掛け流しとなっていて、施設が大きい割にお湯はとても良かった。
時間があまりとれず駆け足になってしまったので、いつか時間があるときにもう一度訪問してゆっくり過ごしてみたいと思う。

訪問日:2017年8月18日

那珂川温泉 皆幸乃湯
場所 那須塩原市鍋掛1088-24
料金 大人700円 子供300円
 ※17:00以降は500円
時間 9:00~22:00 受付は21:00まで



矢板温泉 まことの湯

1DSCN0126.jpg

最近は、公私ともにとても忙しくてなかなか温泉に行けない。
ようやく時間がとれたので、11日の山の日に栃木県の矢板温泉まことの湯に行ってきた。

1DSCN0039.jpg

まことの湯は、東北自動車場矢板ICから車で10分程度のところにある。
道路沿いに案内表示が数か所あるので迷わずに行くことができた。
駐車場はとても広いが営業時間前に到着したのでほとんど停まっていない。

2DSCN0118.jpg

玄関から館内に入ると左右に鍵付きの下足入れがある。
100円リターン式となっているので、100円玉が必要。
正面左側に券売機があるので、入浴券を購入。
営業開始まで15分ほどあるので、恐る恐る受付のおじさんに渡して「お風呂入れますか?」と尋ねると、「どうぞ入ってください」とのこと。
フライングできたので、いそいそとお風呂に向かう。

2DSCN0043.jpg

受付から廊下を奥に進むと女湯がある。

3DSCN0045.jpg

右に曲がってさらに進むと男湯がある。

3DSCN0103.jpg

脱衣所は広く、ロッカーがたくさん並んでいる。
奥には洗面台があり、ドライヤーが備えられている。

3DSCN0109.jpg

ロッカーは鍵付きで、扉の裏側にお金を入れるタイプ。
鍵を開けると100円玉は戻ってくる。

4DSCN0048.jpg

浴室に入るとすぐのところに掛け湯がある。

4DSCN0046.jpg

内湯には浴槽が2つある。
左側の浴槽は冷鉱泉でかなり冷たく、長く入っていることは難しかった。
右側の浴槽は温泉。

4DSCN0057.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、PH8.9のアルカリ性のお湯。
匂いは一般的な温泉臭で、湯温は適温。
湯使いは、加水(敷地内の井戸水)のみあり、それ以外は「なし」の掛け流し。

4DSCN0087.jpg

溢れたお湯は浴槽の切り欠けから浴室の床に大量に流れ出している。

4DSCN0065.jpg

洗い場は7箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN0077.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
岩造りの浴槽は大きく、20人以上が入れる広さ。

5DSCN0069.jpg

中央にある壺のような湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。

5DSCN0080.jpg

岩の隙間にも湯口があり、そこからもお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じで、湯温は適温。

5DSCN0073.jpg

溢れたお湯は、排出口から外に流れ出している。

広い露天風呂はとても快適。
周囲に生垣があって眺望はあまり望めないが、開放的な気分に浸ることができる。

6DSCN0044.jpg

館内には、休憩所兼食堂がある。
食事をとったり、お風呂に入ったりして1日のんびりと過ごすことができるようになっている。

6DSCN0123.jpg

玄関の近くには足湯がある。
その他、バーベキュー場や宿泊施設もあるようだ。

いつか時間がある時に行ってのんびりと過ごてみないなと思う。

矢板温泉 まことの湯
場所 矢板市舘ノ川695-28
料金 大人500円 子供300円
時間 9:00~21:30


奥塩原新湯温泉 奥塩原高原ホテル

1DSCN6677.jpg

塩原元湯温泉のゑびすやを出て向かったのは、奥塩原新湯温泉の奥塩原高原ホテル。
元湯温泉からは近く、移動距離は約4㎞。
宿の近くには、日帰り入浴の看板が設置されている。

1DSCN6679.jpg

奥塩原高原ホテルは白壁のお洒落な建物で、駐車場も広い。

1DSCN6607.jpg

立派な造りの玄関から中に入る。

2DSCN6670.jpg

館内は落ち着いた雰囲気がある。
フロントで呼び鈴を鳴らすとすぐに出てきて対応してくれる。

2DSCN6660.jpg

お風呂は左側の廊下を奥まで進んで右に曲がったところにある。
手前が男湯、奥が女湯となっていて、男湯の向かいには貴重品ボックス(100円リターン式)がある。
履いてきたスリッパは、扉の前に置くようにと指示されている。

3DSCN6615.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、洗面台には櫛と髭剃りが置かれている。

4DSCN6628.jpg

浴室へは脱衣所から階段を数歩降りていく。
檜の浴槽は8名程度が入れる広さ。

4DSCN6630.jpg

湯口のパイプからは熱いお湯がチョロチョロと注がれている。
泉質は単純酸性硫黄泉(硫化水素型)で、PHは2.6。
湯温は適温で、長湯できる。
薄っすらと白濁したお湯からは強烈な硫黄臭が感じられる。
換気がしっかりと行われているので、湯気はほとんど立っていない。

4DSCN6635.jpg

注湯量が少ないのでオーバーフローも少ないが、ザブンとお湯に浸かると浴槽の切り欠けからお湯が外に流れ出す。

4DSCN6629.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
浴室全体に木材がふんだんに使われていて風情が感じられる。

5DSCN6653.jpg

窓際にあるドアから外に出ると露天風呂がある。
浴槽は小さく、3人サイズ。

5DSCN6651.jpg

湯口からはしぶきをあげてお湯が注がれている。
注湯量は、内湯よりも多い。

5DSCN6649.jpg

ザブンとお湯に浸かると、浴槽の切り欠けからお湯が溢れ出す。

5DSCN6650.jpg

開放的な造りの露天風呂で、眺望もまずまず。
雪景色を眺めながら湯浴みを楽しむ。
露天風呂では、千葉から来たというお爺ちゃんとお話をする。
温泉好きのお爺ちゃんは、関東各地の温泉巡りをしているとのこと。
いろいろ行ったが、この辺りが一番と言っていた。

今回、新湯温泉はこの高原ホテルだけだったが、近くには日帰りできる宿がいくつかあり、共同浴場も3つある。
それらは次回の楽しみとすることにしよう。

訪問日:2017.3.19

奥塩原高原ホテル
場所 那須塩原市湯本塩原113-4
料金 800円
時間 12:00~15:00

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter