東鳴子温泉 旅館紅せん

1DSCN8449.jpg

今日も快晴のいい天気。
鳴子方面は32℃となり、今年一番の暑さ。
まるで、夏のような陽気。
今日訪問したのは、東鳴子温泉の旅館紅せん。

1DSCN8454.jpg

場所は、所謂川向う。
東鳴子の温泉街から橋を渡ってすぐのろころにある。
黄色の壁がよく目立つ建物。
以前一度訪問しているが、10年以上も前のこと。
本ブログでは初登場となる。

2DSCN8376.jpg

さっそく、玄関から中に入って女将さんに立ち寄り湯をお願いする。
開始が11時から12時に変更になったとのことで、帳場の前にあるソファで10分ほど待つことになる。

2DSCN8444.jpg

5分前にOKが出たので、いそいそとお風呂に向かう。
お風呂は1階の奥にあり、手前に男湯、奥に女湯、その隣に貸切露天風呂がある。
女将さんの話しでは、貸切露天風呂と2階の家族風呂は現在は宿泊者専用とのこと。

3DSCN8384.jpg

脱衣所はきれいに整頓されていて気持ちよく利用することができる。
洗面台にはドライヤーが備えられている。
貴重品ロッカー等がないので、貴重品は帳場に預けるようになっている。
脱衣所には、車上荒らしがあったと掲示されているので注意が必要。

4DSCN8386.jpg

浴室には、10人程度が入れる広さの浴槽がある。
到着時、お湯を溜めている最中で、8分目ぐらい溜まったところ。

4DSCN8394.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
温泉分析表によれば、湯使いは、加水あり、加温なし、循環濾過消毒なしの掛け流し。
湯温は少し高め。
匂いは一般的な温泉臭。
加水量が多いのか、水道水の匂いが若干感じられる。
無色透明のあまり特徴のないお湯。

4DSCN8397.jpg

お湯が満タンになっていなかったのでオーバーフローはなかったが、満タンになれば、浴槽の切り欠けからお湯が溢れ出すようになっている。

4DSCN8401.jpg

浴室の床には長年の析出物が層をなし、模様となっている。

4DSCN8400.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN8388.jpg

浴室のドアから外に出れば露天風呂。
岩造りの浴槽は6人程度が入れる広さ。

5DSCN8407.jpg

岩の隙間から熱いお湯が少しずつ注がれている。
泉質は内湯と同じだが、加水量が少ないのか、こちらの方が温泉成分が濃く感じられる。

5DSCN8410.jpg

溢れたお湯は、岩の隙間から絶えず外に流れ出している。
岩にはトゲのような析出物が沢山できている。

6DSCN8403.jpg

露天風呂からは対岸の東鳴子の温泉街が見渡せる。
湯温がちょうどよいので、景色を眺めながらついつい長湯してしまう。

入浴後、受付前のソファに座っていると、爽やかな風が入ってきて、とても気持ち良かった。

旅館 紅せん
場所 大崎市鳴子温泉字久田83-4
料金 大人500円 子供300円
時間 12:00~16:00


スポンサーサイト

鳴子温泉 村本旅館

1DSCN7578.jpg

今週はとても忙しく、昨晩は飲み会だった。
貸切にできるところでのんびりしたくて、村本旅館に行ってきた。
前回の訪問から3ヶ月ぶりとなる。
村本旅館の場所は、いわゆる川向う。
鳴子の温泉街からは川を挟んだ対岸にある。
隣には、休業中の福の湯がある。

1DSCN7572.jpg

旅館の玄関でご主人に入浴料を渡して、庭にある湯小屋に向かう。

2DSCN7571.jpg

貸切で利用したい旨を話すと、男湯に内鍵をかけて入るようにとのこと。

2DSCN7544.jpg

脱衣所は清掃されていて気持ちよく使うことができる。
また、ファンヒーターは自由に使ってほしいとのこと。
棚の上にはドライヤーが置かれている。

3DSCN7546.jpg

ゴリラのぬいぐるみが可愛らしい。

4DSCN7548.jpg

浴室には4人サイズの浴槽がある。

4DSCN7554.jpg

木の筒が湯口になっており、お湯は浴槽の底のあたりから注がれている。
左側の蛇口を捻ると熱い源泉が、右の蛇口からは水が出てくるようになっている。
熱めのお湯に浸かりたかったので、しばらくの間、源泉を投入して湯温を上げる。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で、中性のお湯。
無色透明のお湯はとても新鮮。
匂いは、石膏臭の他、一般的な温泉臭。

4DSCN7559.jpg

浴槽の切り欠けからはお湯が溢れ出している。
連れと2人で同時にお湯に浸かると、浴槽の縁からも一斉にお湯が溢れ出す。

4DSCN7550.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN7556.jpg

浴槽の縁にできた析出物。

5DSCN7557.jpg

浴室の床にも析出物の層ができている。

湯温を上げたために、お風呂から上がってからしばらくは汗が引かなかったが、湯小屋から外に出ると、涼しい風が吹いていて、とても気持ち良かった。

村本旅館
場所 大崎市鳴子温泉字末沢西17-3
料金 500円
時間 要確認
電話 0229-83-4055


川渡温泉 板垣旅館

1DSCN6118.jpg

今日は川渡温泉の板垣旅館に行ってきた。
場所は、川渡のメインロードにあるくるみ豆腐のお店から山側に少し入ったところ。
隣には玉造荘がある。

1DSCN6114.jpg

最近、お風呂をリニューアルしたとの情報があり、確かめてきた。
お風呂のある新館は工事がまだ続いているが、お風呂の工事は完了し、入れるようになっている。

1DSCN6186.jpg

いつものように旧館の玄関から中に入ると、ご主人が出迎えてくれる。

2DSCN6180.jpg

だれもいないときには、ここに入浴料を入れて、そのままお風呂に入ることもできる。

3DSCN6120.jpg

玄関から奥に進み、新館のドアを開けてさらに進むとお風呂がある。
暖簾はかかっていないが、左側が男湯、右側が女湯となっている。

3DSCN6124.jpg

脱衣所の棚は以前と変わっていない。

3DSCN6122.jpg

洗面台の蛇口が新しくなっている。
以前の蛇口は硫黄で黒く変色していた。

4DSCN6153.jpg

浴室に入ると、いつものように硫黄臭が感じられる。

4DSCN6149.jpg

湯口の上に木製のふたが新たに付けられている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム‐炭酸水素塩・硫酸塩泉で、PH7.6の弱アルカリ性のお湯。

4DSCN6160.jpg

お湯の色は薄っすらとした緑色でほぼ透明。
白い大小の湯の花が無数に舞っている。
湯温は少し高めだが適温で、長湯ができる。

4DSCN6152.jpg

溢れたお湯は浴槽の切り欠けから絶えず外に流れ出している。
ザブンとお湯に浸かれば、浴槽の縁からも浴室の床に溢れ出す。
掛け流しのお湯はとっても新鮮で、気持ちがいい。

4DSCN6167.jpg

浴槽の壁のところに手すりが新たに設けられている。
お年寄りにはありがたい。

4DSCN6147.jpg

これまでと一番変わったのは、壁とシャワー付きのカラン。
以前は黒くくすんでいた壁は真っ白になっている。
カランのところには新しくタイルが張られている。
以前のシャワー付きカランは黒く変色していたが、真新しいものに変わっている。
壁が明るくなったために、浴室全体が明るく感じる。

5DSCN6177.jpg

風呂上りにいつも休憩するソファ。
待ち合わせにも利用。

5DSCN6182.jpg

料金がほんの僅かだが変更されている。
これまでは、基本400円で洗髪すると100円増しだったが、一律500円となっている。
休憩1650円、素泊まり4150円には惹かれるものがある。
いつか泊まってみようと思う。

今日は午前中仕事があり午後からの出発で、板垣旅館に着いたのは3時半過ぎだった。
ラッキーなことに男女ともに終始貸切状態。
お風呂がリニューアルされたことで、明るくて使いやすくなった。
大好きなお宿なので、桜の季節にまた行ってみようと思う。

板垣旅館
場所 大崎市鳴子温泉川渡64
料金 大人500円 子供250円
時間 10:00~20:00



東鳴子温泉 旅館なんぶ屋

1DSCN5774.jpg

今日の仙台は風は強いもののよく晴れたいい天気。
東鳴子温泉の旅館なんぶ屋に行ってきた。
前回訪問からは約1年3ヶ月ぶり。

1DSCN5775.jpg

古川方面から国道47号線で山形県に向かう途中に鳴子温泉郷がある。
県境に向かって川渡、東鳴子、鳴子、中山平と温泉街が続き、さらに鳴子温泉から秋田県の湯沢に抜けていく途中には鬼首温泉がある。
今日訪問したなんぶ屋は、東鳴子温泉のほぼ中央に位置している。
近くには、いさぜん、高友、勘七湯など名湯が勢ぞろいのまさに温泉ファンにはたまらない地である。
その中にあって、なんぶ屋は建物が比較的新しく、温泉ファンでなくても入りやすい旅館だと思う。

2DSCN5761.jpg

玄関で靴を脱いで、ロッカーに入れる。
ロッカーは泊り客用と日帰り客用に区分されている。

2DSCN5768.jpg

帳場で受付をして、すぐ目の前にあるお風呂に向かう。
今日は手前が女湯。
こちらの露天風呂は岩風呂。
奥にある男湯の露天風呂は檜風呂。
偶然にも、前回とは逆になっている。

3DSCN5716.jpg

脱衣所は比較的ゆったりとしている。

3DSCN5755.jpg

入口のところには貴重品ボックスがあり、洗面台にはドライヤーと綿棒が備えられている。

4DSCN5720.jpg

浴室には先客さんが1名いたので、最初に露天風呂に向かう。
細長い造りの檜風呂は6人程度が入れる広さ。

4DSCN5724.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で中性のお湯。
浴槽の中では大小の茶色の湯の花が舞っている。
ウーロン茶のような色で、匂いはモール系のアブラ臭。
湯温は適温。

4DSCN5725.jpg

溢れたお湯は浴槽の切り欠けから外に流れ出している。
塀があって眺望はよくないが、青空が見えて気持ちが良い。
しばらく、ボーっとしながらお湯に浸かる。

5DSCN5748.jpg

先客さんが出られて、内湯が空いたので移動。
木枠の施された浴槽は大きめで、10人以上が入れる広さ。

5DSCN5747.jpg

浴槽の右側には2人分の寝湯がある。
深さや勾配がほどよく、ここで寝るととても気持ちがいい。

5DSCN5737.jpg

窓の近くにある湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は露天風呂と同じで、湯温は適温。
アブラ臭が明確に感じられる。

5DSCN5744.jpg

浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出し、お湯の通り道は変色している。

5DSCN5746.jpg

洗い場は6箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今日は途中から独泉となったが、出る頃には次々とお客さんが入ってきた。
体や髪を洗わずに出る人が多かったので、おそらく宿泊客。

お風呂から上がって外に出ると、風が強くてかなり寒い。
小雪もちらついてきたので、急いで家路についた。

旅館なんぶ屋
場所 大崎市鳴子町大口字鷲ノ巣90-18
料金 大人500円 子供250円
時間 10:00~20:00


川渡温泉浴場

1DSCN5614.jpg

今日の仙台は晴天のいい天気。
久しぶりに川渡温泉浴場に行ってきた。

1DSCN5609.jpg

川渡温泉浴場には駐車場がないので、近くの公民館に車を停める。

1DSCN5611.jpg

川渡温泉浴場までは、歩いて1分程度。
雲が出てきて風も強く、ちょっと寒い。
雪が降りだしそうな模様。
やはり仙台とは違うと実感。

2DSCN5651.jpg

玄関で靴を脱いで、下足置き場に入れ、左側のドアを開けて中に入る。
ここにトイレがあるので利用。

3DSCN5637.jpg

脱衣所に入るとすぐ左側に料金箱があるので、入浴料200円を入れる。
料金箱の上には無料入浴お断りの表示がある。

3DSCN5646.jpg

細長い造りの脱衣所はいたってシンプル。

4DSCN5620.jpg

浴室に入った瞬間に硫黄臭が襲ってくる。
6人サイズの浴槽は深め。

4DSCN5626.jpg

熱いお湯は管からいったん湯溜めに入る。
奥の塩ビ管からは水がチョロチョロと出ていて、ここでブレンドされて浴槽に注がれる。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉で、PH7.6の弱アルカリ性のお湯。
川渡特有の笹濁りのお湯の中には、白くて小さな湯の花と茶色・黒の湯の花が舞っている。
湯温はとても高く、おそらく45℃程度。
十分に掛け湯してからお湯に浸かるが、1分程度でギブアップ。

4DSCN5633.jpg

浴槽の縁からは溢れたお湯が外に流れ出している。

4DSCN5627.jpg

以前と異なるのは、浴槽に降りるところに手すりができたこと。
ここは階段状になっているので入りやすい。
洗い場は2箇所あり、右側の蛇口を捻るとお湯が、左側からは水が出てくる。
石鹸やシャンプーはないので、持参する必要がある。

久しぶりの川渡温泉浴場だったが、これまでの中では一番熱かった。
1分お湯に浸かっては少し体を冷まし、また浸かってを何回か繰り返した。
お風呂から上がるころには体全体がピンク色に染まっていた。
でも不思議なことに、汗はほとんどかかず、浴後は肌がツルツルになっていた。

川渡温泉浴場から外に出ると、雪が舞っていた。
頭にバスタオルを巻いて、小走りで駐車場まで行った。

川渡温泉浴場
場所 大崎市鳴子温泉字川渡25-59
料金 大人200円 子供100円
時間 6:00~22:00
    毎週、月と金が清掃日
    「午前8時より清掃となります」との掲示あり

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter