岳温泉 ヘルシーパルあだたら

aP5310087.jpg

磐梯グリーンロッジからの帰り道、岳温泉のヘルシーパルあだたらに寄ってきた。
当初は、布森山温泉に入るつもりで、開館前の8時45分ごろに到着したが、何と!開館時刻が10時に変更になっていた。
そこで、9時から入れる近くの温泉をネットで探したところ、この宿がヒットした。

aP5310054.jpg

ヘルシーパルあだたらは、「岳の湯」の脇の道を少し下ったところにある。

aP5310056.jpg

ホテルのような立派な建物で、玄関の右側には客室が並んでいる。

bP5310084.jpg

玄関から館内に入り、券売機で入浴券を購入し、フロントで渡す。

bP5310083.jpg

お風呂は、右側の廊下を奥に進んだ途中にある。
貴重品ロッカー(100円リターン式)があるので利用する。

脱衣所は広くてゆったりとしている。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

服を脱いで、お風呂へGO。

cP5310076.jpg

内湯の浴槽は10人以上が入れるサイズ。

cP5310065.jpg

湯口からは、熱めのお湯が注がれている。
泉質は、単純酸性泉で、PH2.5。
無色透明のお湯は酸味がある。
ただ、酸性度が高い割には、マイルドな感じのお湯。
浴槽の底には白い湯の花が沈んでおり、お湯をかき混ぜると舞う。
浴槽の縁からはオーバーフローが見られるが、循環と掛け流しの併用と思われる。

cP5310073.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。
浴室内にはフィンランド式のサウナがあるが、現在稼働していない模様。

dP5310067.jpg

内湯から外に出ると露天風呂がある。
石造りの浴槽は6人サイズ。
露天風呂の周りに囲いがあるので、眺望はあまり良くない。

dP5310070.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じ酸性泉。

dP5310068.jpg

溢れたお湯は、浴槽の隅に設けられた排出口から静かに流れ出している。

ここに到着したときには、9時の開館時刻に合わせて入ったお客さんがお風呂から上がり始めた頃で、お客さんは少なかったが、私が出る頃には登山客の団体さんが入ってきて賑やかになった。

ヘルシーパルあだたら
場所 二本松市岳温泉1-274-3
料金 大人600円 子供350円
時間 9:00~18:00

スポンサーサイト

磐梯グリーンロッジ

aP5310037.jpg

5月30日から1泊で、磐梯グリーンロッジに行ってきた。
ダイちゃんが我が家に来て以来、宿泊で湯巡りするのが難しい。
ペット、しかも大型犬可の宿をネットでいろいろと探して見つけたのが、今回の宿。

aP5300022.jpg

場所は、福島県の猪苗代町。
私の車のナビでは案内してくれない場所なので、人に聞いたり、宿に電話をしたりしながら何とかたどり着く。
到着後、受付を済ませて、家に入ろうとするが、玄関前の階段が狭くて急なため、ダイちゃんが嫌がり時間がかかる。
宿はコテージ風の一戸建てで、ペットも自由に過ごすことができる。

bP5300013.jpg

部屋は、リビングとロフト付きのベッドルーム。
到着してしばらくは、ダイちゃんはあちこち匂いを嗅ぎまくっている。

bP5300017.jpg

隣には、6畳ぐらいの和室もある。

bP5300006.jpg

台所は広くはないが、ほとんどの調理器具や食器が揃っているので、食材を持ち込めば、十分自炊が可能。

bP5300010.jpg

洗面台の横には洗濯機があるので、長期の滞在もできる。

bP5300011.jpg

お風呂は、残念ながら温泉ではない。
シャワーの出具合は良好。

cP5300020.jpg

リビングからウッドデッキに出ることができる。
屋根付きなので、雨の日も使える。

cP5300021.jpg

ウッドデッキからの眺めは最高。
畑と森の向こうには磐梯山が見える。

dP5300025.jpg

夕食は、当然ながらBBQ。
厚切りの牛タンがとても美味しい。

dP5300027.jpg

ビールで乾杯した後は、会津の酒「花春」。
程よい香りがあり、円みのあるお酒。

eP5310039.jpg

宿の周囲は、いくつかの別荘が点在している自然豊かな環境。
朝晩の散歩には絶好の場所。

eP5310044.jpg

自動車での移動は苦手のようで、車の中ではおとなしくしていたが、BBQの肉を貰い、外に出れば元気回復。
ダイちゃんもご満悦。

fP5310052.jpg

朝食は、シャケ、卵焼き、サラダ、お惣菜など簡単なもの。
いつもと環境が違うせいか、とても美味しく感じ、ちょっと食べ過ぎてしまう。

ダイちゃんとの外泊は今回が2度目。
これからもできるだけ一緒に行きたいと考えている。
ただ、車酔いするようなので、様子を見ながらにしようと思う。

磐梯グリーンロッジ
場所 福島県耶麻郡猪苗代町大字八幡字松林6288-176
料金 1泊1人5400円 ペット1000円
その他 アメニティやパジャマ等は持参

旅館三治郎 湯の里

aP5240054.jpg

今日は、遠刈田温泉の旅館三治郎「湯の里」に行ってきた。

aP5240055.jpg

旅館三治郎は、共同浴場「神の湯」から坂を登ったところにある。

aP5240056_20150524132342f94.jpg

湯の里には、旅館のある所からさらに坂を登って行く。

aP5240052.jpg

湯の里は、三治郎の日帰り入浴施設。
ここは宿泊客も利用できるが、日帰り客は旅館本館の大浴場の利用はできないことになっている。
湯の里の前にある駐車場には20台程度の車を停めることができる。
今から10年ほど前にも訪問しているが、日曜の昼頃だったために、大混雑の記憶がある。
そこで、今日は、朝一を狙ってみた。

bP5240041.jpg

玄関から中に入るとすぐに受付がある。
下足入れの鍵をここで預けて、入浴料を払う。

bP5240048.jpg

受付を済ませると、紙が渡される。
それには、入館時刻と退館時刻と下足入れの鍵の番号が記載される。
日帰りは2時間以内となっており、超過すると延長料金がかかる。

bP5240047.jpg

脱衣所内には鍵付きのロッカーがあるが、玄関脇にも貴重品ロッカー(100円リターン式)がある。

cP5240039.jpg

お風呂は、受付のすぐ前にある。
前回は男女が逆だったと思うので、日替わりで交代しているのかもしれない。

cP5240023.jpg

cP5240022.jpg

脱衣所は広くてゆったりとしている。
洗面台が4つあり、それぞれにドライヤーが備えられている。
また、清掃が行き届いていており、気持ちよく利用することができる。

dP5240001.jpg

浴室には、細長い大きな浴槽がある。
20人以上が入れるサイズ。
以前行った時には、この浴槽が人で溢れていたが、今日は一番乗りを果たしたので、最初のうちはガラガラ。

dP5240005.jpg

湯口からは熱めのお湯が勢いよく注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、中性のお湯。
色はうっすらと茶色がかっているが、ほぼ透明。
匂いは、一般的な温泉臭。湯温は適温。
湯使いは、加水しての掛け流しと循環の併用で、塩素系薬剤使用となっているが、塩素臭はほとんど感じられない。

dP5240017.jpg

溢れたお湯は、湯口と反対側に設けられた排出口から外に流れ出している。

dP5240006.jpg

浴室内には、サウナと水風呂もある。

dP5240003.jpg

洗い場は8箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

続いて、露天風呂に向かう。

eP5240009.jpg

浴室の奥のドアから外に出るとすぐに露天風呂がある。
浴槽は小さめで6人サイズ。

eP5240010.jpg

木製の湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、内湯と同じ。
湯使いは、加水しての掛け流しとなっている。
朝一のため、お湯はとても新鮮。

eP5240011.jpg

浴槽の切り欠けからは、静かにお湯が溢れ出している。
浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁からもザーッとお湯が溢れ出す。

eP5240014.jpg

露天風呂は、高台にあるため、景色がとてもよく、遠刈田の温泉街や残雪を抱いた蔵王がよく見える。
爽やかな春の風を受けながら、しばらくボーッとする。
内湯よりも露天風呂の方が気持ちがいいので、ほとんどの時間をここで過ごす。

eP5240042.jpg

受付の近くにはお店があり、飲み物や土産物が売られている。

eP5240043.jpg

受付の奥には食事処もあり、定食や軽食をとることができる。
食事処を利用すると、2時間まで延長料金が無料となる。
また、2階には、無料の休憩所もある。

fP5240059.jpg

今日は、天気が良くて気温も高い。
湯の里の帰りに、温泉街にある「はせがわ屋」にちょこっとよってみる。

fP5240061.jpg

豆乳ソフトは、甘すぎないので、好みの味。
豆腐ドーナツもあっさりしていて食べやすい。
ドーナツを車中で食べながら帰路に着いた。

旅館三治郎 湯の里
場所 刈田郡蔵王町遠刈田温泉本町 3
料金 大人900円 子供500円(2時間以内)
時間 10:00~20:00

とどろき旅館

aP5230043.jpg

今日は、久しぶりに鬼首(おにこうべ)に行ってきた。
当初目指したのは、かむろ荘。
しかし、残念ながら、「本日日帰り不可」の張り紙があり、とどろき旅館に変更。

aP5230040.jpg

とどろき旅館は、鬼首の入口付近にある一軒宿。
露天風呂が素晴らしいと、評判の宿。

bP5230036.jpg

玄関から中に入ると女将さんが出迎えてくれる。
日帰り入浴料を払って、無事入館。

bP5230027.jpg

お風呂は、玄関から廊下を奥に少し進み、途中から左に曲がって、突き当たりに近いところにある。
この宿には、男女別の内湯の他、混浴の露天風呂、貸切の露天風呂がある。

露天風呂には先客がいるようなので、まずは内湯に向かう。

bP5230003.jpg

脱衣所は、棚のみのシンプルな造り。

cP5230015.jpg

脱衣所から階段を2~3段下ったところに浴槽がある。
浴室に入った瞬間に石膏臭のいい香りがしてくる。
浴槽は小さく、2人サイズ。

cP5230009.jpg

岩の隙間から少し熱めのお湯が注がれている。
お湯に足を浸けた瞬間はかなり熱く感じるが、湯もみすれば入れる温度。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。PHは7.6。
MT泉だが、掛け流しのお湯はとても新鮮に感じる。

cP5230010.jpg

浴槽の縁からは、溢れたお湯が静かに流れ出している。
浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると、浴室の床は洪水状態。

cP5230008.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー付きのカラン、シャンプー類が備えられている。
ただ、カランとシャワーは、急に熱くなったり、冷たくなったりするので、お湯の調整が難しい。

内湯では完全に貸切状態だったので、トド寝したり、お湯に浸かったりしながら、しばらくまったりとした時間を過ごす。

その後、いったん服を着て、露天風呂に向かう。
露天風呂は、女湯から廊下を少し奥に進んだところにある。
ただ、こちらは大勢の先客さんで賑わっており、女性のお客さんも混ざっていたので、カメラはバッグから出さなかった。
脱衣所は棚のみの簡素な造りで、男女別となっている。
岩造りの細長い浴槽は、20人ぐらいが入れる広さ。
浴槽の中央付近に滝のような湯口があり、熱めのお湯が注がれている。
溢れたお湯は岩の隙間から排出路を伝って外に流れ出している。
ここは混浴だが、浴槽の中央に大きな岩があるので、その岩が一応男女の境目となっており、混浴への抵抗感は少ないかもしれない。
写真が撮れなかったので、宿のHPを見てほしい。

鬼首の温泉に行くときにはこの旅館の前を通るが、宿の駐車場にはたくさんの車が停まっていることが多い。
内湯・露天風呂ともに掛け流しで、雰囲気のあるお風呂なので、人気があるのだろう。
今日は、内湯は貸切状態でラッキーだったが、露天風呂はかなり混雑していた。
いつか宿泊して、のんびりと過ごしてみたいと思う。

とどろき旅館
場所 大崎市鳴子温泉鬼首字轟1番地
料金 大人500円 子供400円
時間 10:00~14:00

笹谷温泉 一乃湯

aP5170045.jpg

昨日は、用事があって新潟まで行ったが、その帰りに一乃湯にちょこっと寄ってきた。
一乃湯は、山形自動車道笹谷ICのすぐ近く、宮城県と山形県の県境に近いところにある。
10年以上前に一度訪問したことがあるが、鉄泉の威力に圧倒された記憶がある。

aP5170043.jpg

駐車場は広く、以前は満杯状態のことが多かったが、最近は、閑散としていることが多く、「どうしたのか?」と気になっていた。
日帰り入浴だけでなく、宿泊もできる大きな施設。

bP5170038.jpg

玄関から中に入ると券売機があるので、日帰り入浴券を買って、受付の人に渡す。
日帰り入浴が1000円と高く、ちょっとびっくり!
男女別に分かれた下足入れに靴を入れて、鍵を受付で渡すと、脱衣所のロッカーの同じ番号の鍵が渡される仕組み。

bP5170002.jpg

受付から少し廊下を進み、階段を降りると、お風呂と休憩所がある。

bP5170003.jpg

男女別のお風呂は、以前は日替わりで交代制だったが、現在は不明。

cP5170008.jpg

受付で渡された鍵と同じ番号のロッカーを探して服を脱ぐ。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP5170022.jpg

内湯には先客さんがいたので、まずは露天風呂に向かう。
露天風呂は、内湯の浴槽の窓のところにあるドアを開けて外に出て、石の階段を下ったところにある。
一部に屋根が架けられているおり、雨や強い日差しを遮ることができる。
とても開放的なので、周囲の木々の緑を眺めながら過ごすことができる。
季節によってはアブが出るようなので注意が必要かも。

dP5170018.jpg

お湯は、洞窟のようなところから出ており、水路を通って浴槽に流れ込んでいる。
岩造りの浴槽は10人以上が入れる広さ。
泉質は不明。
以前は、土色で鉄錆のような強烈な匂いのするお湯が張られていたが、MTであっさりしたお湯に変わっている。
鉄泉が止まってしまったのだろうか?

dP5170013.jpg

加水用のホースからはチョロチョロと水が注がれている。

dP5170019.jpg

露天風呂のすぐ下に小川が流れていて、雰囲気はとてもよい。

eP5170025.jpg

露天風呂を楽しんだ後、内湯に戻る。
内湯には、窓側に10人サイズの浴槽が左右に2つ並んでいる。
左側の浴槽は、以前は鉄錆系のお湯が張られていたが、今は、少し白濁したお湯に変わっている。
以前のお湯の名残で、浴槽の縁が黒く変色している。
肌に擦るとちょっとだけヌルッとした感じの欲感。
特別な匂いは感知されず。

eP5170027.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
浴槽の縁からは若干のオーバーフローが見られるが、注入量の割に少ないので、循環併用かもしれない。

eP5170026.jpg

右側の浴槽には、おそらく露天風呂と同じ泉質のお湯が張られている。

eP5170028.jpg

湯口の左側にある石段を登ったところにあるドアから露天風呂へ行くことができる。

eP5170024.jpg

浴室内にはミストサウナがあり、サウナを使用するときには、棚から敷物を持っていく。

eP5170023.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。
サウナの後に入る水風呂もある。

fP5170033.jpg

脱衣所から出て少し奥に行くと、食堂がある。
ラーメンや丼物などを食べたり、休憩したりすることができる。

本当に久しぶりの一乃湯だったが、泉質が大きく変わっていて、ちょっとがっかり。
以前の鉄泉が復活したら、また行ってみようと思う。

笹谷温泉 一乃湯
場所 柴田郡川崎町今宿スド15-3
料金 大人1000円 子供500円
時間 9:00~17:00

幕川温泉 水戸屋旅館

aP5100060.jpg

今日は、福島県の土湯峠温泉郷の一番奥まったところにある幕川温泉水戸屋旅館に行ってきた。
幕川温泉には宿が2軒あり、今日訪問した水戸屋の隣には、吉倉屋がある。
吉倉屋には2年ほど前に訪問しているので、よかったらこちらを見てほしい。
水戸屋旅館には、およそ20年前に一度宿泊しているが、そのときは夜に到着したので、県道から旅館までの狭い道がとても長く感じた。
今回は昼間の訪問だが、道路は一応舗装されているものの、狭くて傾斜もあるので注意深く運転する。
宿に到着し、車を旅館の裏にある駐車場に停める。

aP5100058.jpg

玄関から中に入ると、日本秘湯を守る会の提灯が出迎えてくれる。

bP5100053.jpg

玄関から左側の廊下を少し行ったところにある帳場で受付をする。
受付では、お風呂の案内をしてくれる。
それによれば、入浴できるお風呂は3箇所。
まずは、1階にある大浴場。こちらには男女別の内湯と露天風呂がある。
次に、2階にある展望露天風呂。こちらは混浴で、16:00~20:00は女性専用。
そして、駐車場の奥にある混浴の露天風呂。

連れは、1階の大浴場に、私は2階の展望露天風呂に向かう。

bP5100017.jpg

1階の廊下の途中にある階段で2階に上がり、2階の廊下を左側に進むと突き当たりに展望露天風呂がある。

cP5100014.jpg

突き当たりのドアを開けると、男女別の脱衣所がある。

cP5100012.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみの簡素な造り。
到着時、先客さんが3名。
お風呂の湯温が低めで、皆さん長湯なので、写真を撮るチャンスなし。
写真が撮りたくて、1階のお風呂に入った後にもう一度トライしたが、さらに混んでいたので諦めた。

展望露天風呂は、木造りの2つの円形の浴槽が中央でくっついたような形をしている。
湯口からは熱めのお湯が注がれ、浴槽の縁から溢れたお湯は外に流れ出している。
泉質は、弱酸性の単純硫黄泉。
白い湯の花が無数に舞い、ときどき黒っぽい湯の花も混ざり、お湯は白濁している。
匂いは当然ながら強い硫黄臭。
気温が低いためか、湯温は温め。
混浴となっているが、男女別の脱衣所からお風呂の方に出ると、隠れるものが何もないので、女性には少しハードルが高いかもしれない。
このお風呂からの眺めはとても良く、周りの山や木々を見ながら、まったりとした時間を過ごすことができる。

続いて、1階の大浴場に向かう。

dP5100019.jpg

大浴場は1階の廊下の突き当たりにある。

dP5100020.jpg

脱衣所は、そこそこの広さがあり、洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP5100022.jpg

脱衣所内には有料の貴重品ロッカーがある。

dP5100052.jpg

木枠の施された浴槽は8人サイズ。

dP5100047.jpg

木製の湯口からは、結構な量のお湯が注がれている。
泉質は、単純硫黄泉。
お湯は白濁しているが、今回入ったお風呂の中では、一番透明度が高く、湯温も高い。
2階の展望露天風呂で少し冷えたので、熱めのお湯はとても嬉しい。

dP5100049.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類が備えられている。
今日入ったお風呂の中では、唯一洗い場があるところなので、体や髪を洗う。

eP5100029.jpg

内湯から外に出るとすぐに露天風呂がある。
石造りの浴槽は4人サイズ。
こちらも湯温は温め。
吹く風がかなり冷たいので、長時間入っているのはちょっと辛い。

eP5100033.jpg

岩の間に設けられた湯口からは熱めのお湯が注がれている。

eP5100038.jpg

溢れたお湯は、浴槽の隅に設けられた排出口から外に流れ出している。

fP5100056.jpg

連れと待ち合わせをした玄関脇のソファ。
2階の展望風呂に2回入り、1階の大浴場でも長湯していたので、待ちくたびれた様子。
連れは、このまま家に帰るつもりでいたようだが、ここまで来て、渓流沿いの露天風呂に入らない手はない。
ということで、連れには車の中で少し待ってもらい、最後のお風呂に向かう。

fP5100081.jpg

露天風呂は、駐車場の奥にある。
目立たないところにあるので、受付で説明されなければ気づかないでいたかもしれない。

fP5100078.jpg

脱衣所はとても狭く、棚と籠のみ。

fP5100077.jpg

岩造りの浴槽は6人サイズ。
浅めの浴槽のため、寝湯に近い形でお湯に浸かる。

fP5100072.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれ、溢れたお湯は岩の隙間からそのまま小川に流れ出している。

fP5100071.jpg

湯温は適温。
お湯の鮮度が良く、眺めも素晴らしい。

2階の展望露天風呂は人気があり、お客さんが絶えることはなかったが、大浴場と外の露天風呂はほぼ貸切状態。
特に最後に入った露天風呂は、とても気持ちがよく、今回入ったお風呂の中では一番のお気に入りとなった。
風は少し冷たく感じたが、周囲の景色を眺め、鶯の囀りを聞きながら、まったりとした時間を過ごすことができた。

幕川温泉 水戸屋旅館
場所 福島市土湯温泉町鷲倉山1−3
料金 500円
時間 10:00~15:00
冬季休業(11月下旬~4月下旬)あり

焼石クアパーク ひめかゆ(お風呂編)

bP5060096.jpg

ひめかゆのお宿編に続いて、お風呂編。
ひめかゆには、お風呂が2箇所にある。
一つは、日帰り入浴施設ゆうゆう館にある天沢の湯。
もう一つは、宿泊棟(新館)にある石渕の湯で、こちらには露天風呂もある。
なお、日帰り入浴の場合でも両方のお風呂に入ることができる。

cP5060061.jpg

まずは、ゆうゆう館にある天沢の湯。
ゆうゆう館の玄関から中に入ると受付がある。
宿泊棟からは長い廊下を通っていく。

cP5060063.jpg

受付の周辺には、休憩用のソファがあり、近くにはお土産物などの売店もある。

cP5060067.jpg

階段を少し下ったところに男女それぞれのお風呂がある。

cP5060073.jpg

脱衣所は広く、鍵付きのロッカーもあるので、日帰りの場合には便利。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

cP5060074.jpg

ゆうゆう館にはプールもあるが、こちらはもちろん水着着用。
プールは、夏休み中やGWなど、来客者が多いときのみの営業となっている。

cP5060077.jpg

宿泊者は、朝6時からお風呂に入ることができる。
夜は、9時まで。
朝一のお風呂。
少しフライング気味だったので、貸切状態。
浴室に入ると、プーンと石油系・薬品系のアブラ臭が感じられる。
浴槽は大きくて、20人以上が入ることができる。

cP5060086.jpg

2箇所ある湯口からは、ザーザーと音を立ててお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、PH7.5の弱アルカリ性のお湯。
少し灰色と緑色が混ざったような色。
湯温は適温。
源泉はヒメカ湯新源泉。
湯使いは掛け流しと循環の併用で、塩素消毒されているが、お湯自体が力強いので、十分に温泉成分を感じ取ることができる。

cP5060089.jpg

浴槽の奥の方に電気風呂があるので、近づかないようにする。
浴槽の縁からは、結構な量のお湯が溢れ出している。

cP5060079.jpg

サウナと水風呂もあるが、あまり好きでないのでパス。
洗い場は、手前に3箇所程度、奥に7箇所適度あり、シャワー・シャンプー類完備。
朝一の誰もいない大きなお風呂で、新鮮なお湯を心ゆくまで楽しむことができた。

続いて、宿泊棟にある石渕の湯。
宿泊者は、朝6時から入ることができる。
夜は11時までとなっている。

dP5060097.jpg

宿泊棟の玄関を入ったところにある受付の向かい側にお風呂がある。
ゆうゆう館から入るときには長い廊下を通って行く。

dP5050051.jpg

暖簾をくぐるとすぐのところに無料の貴重品ボックスがある。

dP5060099.jpg

dP5060104.jpg

脱衣所はゆったりとした造りになっている。
大きな鏡のある洗面台にはドライヤー・整髪料などが備えられている。

dP5060105.jpg

内湯には先客さんが2名ほどいたので、まずは露天風呂に向かう。
露天風呂は、内湯から外に出たところにある。
半円形の浴槽は10人サイズ。

dP5060107.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
こちらの源泉はヒメカ湯で、泉質は含硫黄-ナトリウム・塩化物泉で、ほぼ中性のお湯。
お湯の色は少し茶色がかっていて、浴槽内には茶色の湯の花がチラチラ舞っている。
アブラ臭の他に、フワッと硫黄臭が感じられる。

dP5060109.jpg

浴槽の縁からは、溢れたお湯が静かに流れ出している。

dP5060112.jpg

屋根がかけられ、周りは囲われているが、開放的な気分に浸ることができる。
朝の爽やかな風を受けながら、景色を眺めてしばらくボーッとする。

eP5060126.jpg

内湯に戻ると先客さんは皆お風呂から上がっていて、こちらも貸切状態に。
おそらく、朝食の時間が近づいたからだと思う。
浴槽は20人以上入れそうな大きなサイズ。
窓からの光が入り、浴室内はとても明るい。

eP5060124.jpg

湯濾しの付けられた湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は露天風呂と同じだが、お湯は別物と感じるほど違う。
色はバスクリンのような緑色、匂いは石油系のアブラ臭で、硫黄臭は感じられない。
これは、循環や濾過による違いなのではないだろうか。

eP5060125.jpg

浴槽の縁や切り欠けからは、溢れたお湯が外に流れ出している。

eP5060122.jpg

洗い場は7箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今回、ひめかゆで宿泊することにしたのは、日帰り入浴の始まる前の時間、特に朝一の新鮮なお湯に浸かりたかったからである。
思い通りになり、しかもほぼ貸切状態。
当初は、近くにあるやけいし館にも寄るつもりだったが、ひめかゆで満足し、そのまま帰路に着いた。

焼石クアパーク ひめかゆ
場所 奥州市胆沢区若柳字天沢52番地7
日帰り入浴料金 大人600円 子供300円
 午後6時以降 大人500円 子供250円
時間 9:30~21:00

焼石クアパーク ひめかゆ(お宿編)

aP5060150.jpg

GWの終盤、5日から6日にかけて、岩手県の焼石温泉に1泊で行ってきた。
宿泊したのは、焼石クアパークひめかゆ。
ここを通り過ぎて少し先に行くと、ひめかゆスキー場と強烈なアブラ臭のお風呂があるやけいし館がある。

aP5060146.jpg

ひめかゆには、日帰り入浴施設と宿泊施設がある。
ゲートから正面に進めば日帰り施設(ゆうゆう館)。

aP5060157.jpg

宿泊棟(新館)は、ゆうゆう館の右側にある。

aP5060130.jpg

玄関で靴を脱いで、下足入れの鍵をフロントに預ける。
スリッパがないので、施設内では靴下か裸足か部屋に準備されている足袋で過ごす。

aP5060131.jpg

フロントで宿泊の受付をする。
今回は、1泊朝食付きのコースで、1人7200円。
受付後、お姉さんが部屋まで案内し、その途中でお風呂と朝食の場所を説明してくれる。

bP5050036.jpg

部屋は1階の奥の方。
8畳の和室に床の間と2畳の板の間付き。
夕食なしのコースなので、布団はセルフ敷き。
冷暖房のある快適な部屋。
窓側の障子を開けると木々の緑を楽しむことができるが、残念ながらカメムシ発生のため、障子は開けられない。

bP5050038.jpg

シャワートイレは清潔。

bP5050039.jpg

洗面台は2箇所ある。

fP5050053.jpg

寝酒には瞑想水大吟醸。
蔵元は宮城県加美町の山和酒造。
昨年度の新酒品評会で金賞を受賞したお酒。
爽やかな味わいだが、芳醇な香りが楽しめる最近お気に入りのお酒。

fP5060139.jpg

朝食は、日帰り施設ゆうゆう館の入口にある食堂でいただく。
朝7:00~9:00が宿泊者用のバイキング。
その後は、日帰り客用の食堂となっている。

fP5060137.jpg

座席はすべてテーブル席。
部屋数の多い施設ではないので、宿泊客が少なく、朝食もゆったりとることができる。

fP5060132.jpg

料理は、豪華ホテルのようにはいかないが、山菜や煮物など種類も豊富で味付けも良い。
大根、ごぼう、かぼちゃ、ウド、焼き魚などで、お腹いっぱい。
ご飯、ゼンマイとなめこの入った味噌汁も美味しくいただく。

ひめかゆは、お風呂良し、お宿良し、そしてリーズナブルな料金なので、いつかまた泊まってみようと思う。

温泉たまご作り in 鳴子

aP5050003.jpg

今日は、鳴子温泉で温泉たまご作りに挑戦した。

aP5050009.jpg

温泉たまご作りをしたのは、鳴子温泉の湯巡り駐車場。
こどもの日の今日は、鳴子はとても賑わっている。
駐車場も満杯で、入れない車が駐車場脇の坂に路駐している。

aP5050022.jpg

駐車場の奥の方に足湯があり、足湯の近くで温泉たまごを作ることができる。(もちろん無料)

aP5050004.jpg

たまごを備え付けのザルに入れて、ゆっくりとお湯に沈める。
説明書きによれば、湯温70℃で20分(やわらかめ)~25分(やや硬め)とある。
今日の湯温は68℃なので、30分でやってみることにする。

bP5050012.jpg

鳴子まで来て温泉に入らない手はない、ということで、たまごを沈めると共同浴場「滝の湯に」向かう。
湯巡り駐車場から滝の湯までは、徒歩3分程度。
急ぎ足で向かう。(のんびりしているとたまごが固くなり過ぎてしまうので・・・)

bP5050015.jpg

はかはかしながら坂道を登っていく。

bP5050018.jpg

滝の湯に到着。
今日の滝の湯はGW中ということもあり、大混雑。
常時10人以上が浴室内におり、次々とお客さんが入ってくる。

硫黄臭と金気臭が浴室内に充満している。
高い位置にある木の湯口からは滝のようにお湯が注がれている。
奥の打たせ湯がある小さな浴槽に身を沈め、しばし寛ぐ。
いつもながら、ここは最高のお風呂だと思う。

※前回の訪問はこちら

お風呂から上がった段階で、温泉たまごの方は作り始めて26分が経過している。
急いで、駐車場に戻る。

cP5050024.jpg

たまごをお湯から引き上げる。
ここまで30分が経過。
いい感じでできているようだ。
割れないように慎重に袋に入れて家に持ち帰る。

dP5050031.jpg

dP5050034.jpg

少しやわらかめだが、自分で作った温泉たまごの味は格別。
ダイちゃんにも1個あげたが、喜んで食べていた。

いつかまたチャレンジしてみようと思う。



赤倉温泉 せんしん館

aP5040044.jpg

今日は、山形県の最上地方にある赤倉温泉せんしん館に行ってきた。
当初は、赤倉温泉いづみ荘を目指したが、到着時には浴槽にお湯を張っている途中とのことだったので、第2候補のせんしん館へと向かった。

aP5040048.jpg

旅館前の駐車場に車を停める。
駐車場は広く、10台以上のスペースがある。
到着したときには、5台程度が駐車していたが、他県ナンバーが多かったので、おそらく泊まり客の車と思われる。

bP5040036.jpg

玄関から館内に入るとすぐのところに受付がある。
日帰り入浴をお願いしたところ、快くOKが出る。

bP5040031.jpg

お風呂は、石が敷き詰められた廊下を奥まで進み、突き当たりを左に曲がったところにある。
途中には無料の休憩所とキッズルームがある。
休憩所では、昼食の出前を頼むこともできるので、一日ここでのんびりするのもいいかもしれない。

bP5040030.jpg

お風呂は、左側が「あかくら」で男湯、右側が「もがみ」で女湯。
2つのお風呂は男女日替わりとなっている。
貴重品ロッカー(100円リターン式)があるので日帰り入浴のときには便利。

cP5040019.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、棚と籠があり、洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP5040009.jpg

浴室に入った瞬間に、微石膏臭が感じられる。
僅かながら塩素臭も感じられるが、気にならないレベル。
表示によれば消毒用薬剤使用となっているが、必要最小限の使用と思われる。
L字型の浴槽は結構大きくて10人サイズ。

dP5040017.jpg

石造りの湯口からはドバドバとお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉で、弱アルカリ性のお湯。
源泉温度が高いために、加水されている。

dP5040013.jpg

窓際の浴槽の縁からは、溢れたお湯が外に流れ出している。

dP5040016.jpg

大きな窓からは、美しい庭の景色を眺めることができる。
今日は終始貸切状態。
大きな浴槽にドップリと浸かり、庭を眺めながらのんびり寛ぐ。

dP5040010.jpg

洗い場は5箇所程度あり、カラン・シャワーがあるが、石鹸やシャンプーは置いていないので、持参のものを使用する。

eP5040038.jpg

玄関の外には温泉たまごを作るための小さな湯溜めがある。
注がれているお湯は、かなりの高温。おそらく源泉そのものと思われる。
匂いを嗅いでみると、石膏臭のいい香りがする。
次回はたまごを持参して、温泉たまご作りにも挑戦してみようと思う。

eP5040041.jpg

近くには足湯もある。
手をお湯に入れてみるが、温度は適温。
風通しがいいので、ここでの足湯は気持ちいいかも。
今度は足湯にも入ってみようと思う。

赤倉温泉 せんしん館
場所 最上郡最上町大字富沢817-1
料金 大人585円 子供250円
時間 11:00~17:00

西蔵王 竜山の湯(再再訪)

aP5030030.jpg

蔵王温泉のかわらやの後に向かったのは、西蔵王にある竜山の湯。
現在無料になっている西蔵王の有料道路を通って約15分で到着。

aP5030031.jpg

営業開始の午前10時より少し前に着いたので、駐車場には1台も停まっていない。

aP5030033.jpg

駐車場から竜山の湯までは木立の中を少しだけ歩く。
気温は上がりつつあるが、吹く風はとっても爽やか。

aP5030036.jpg

早く着きすぎたので、受付の手前にあるベンチに座って一服していると、いつも受付にいる優しいおじちゃんが話しかけてきた。
蔵王の風評について、西蔵王高原ラインの無料通行について、竜山の湯について、いろいろと話をすることができた。

aP5030037.jpg

家族で泊まってお風呂に入っている人が出るのを少し待ち、OKが出たのでお風呂に向かう。
今日は、手前の露天風呂付きのお風呂が男湯、奥のお風呂が女湯となっている。(ラッキー!)
おじさんの話では、露天風呂付きは奇数日を男湯、偶数日を女湯としているとのこと。

bP5030068.jpg

棚には赤と白の籠が置かれている。
洗面台にはドライヤーが備えられている。
夏場には、大きな扇風機が大活躍。

cP5030039.jpg

浴室に入った瞬間に、微石膏臭が感じられる。
木造りのお風呂がとても美しく、窓からの景色はまるで1枚の風景画。

cP5030040.jpg

右側の浴槽は6人サイズで、湯温は適温。

cP5030041.jpg

左側の浴槽は1人サイズで、寝湯になっていて、湯温は温め。
泉質は、どちらもナトリウム-カルシウム-硫酸塩泉で、無色透明。PH8.4のアルカリ泉。
源泉温度が40.7℃のため、加温しての注入。
以前は、右側の浴槽にあるパイプからお湯が注がれていたが、今は浴槽内にある穴から注入されているようだ。

cP5030042.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
体や髪を洗ったお湯は、簀子の隙間から外に流れ出していく。

dP5030059.jpg

内湯から外に出ると露天風呂。
屋根付きの露天風呂は、直射日光を遮ってくれるのでありがたい。
以前は、奥にある別の露天風呂にも入ることができたが、現在はお湯が張られていない。

dP5030045.jpg

木枠が施された浴槽は、6人サイズ。

dP5030046.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、内湯と同じ。湯温は適温。

dP5030047.jpg

ザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁から一斉にお湯が溢れ出す。

dP5030048.jpg

露天風呂は、周りに視界を遮るものがないので、最高の景色を楽しむことができる。
今日は、空気が澄んでいるので、遠くに雪の残る月山がよく見える。
受付のおじちゃんの話では、山に沈む夕日や夕焼けもとても美しいとのこと。
いつか、夕日を見に行こうと思う。

前回の訪問はこちら
前々回の訪問はこちら

西蔵王 竜山の湯
場所 山形県山形市大字神尾字小林488
料金 大人500円 子供300円
時間 10:00~19:00
    冬季(12月から3月)は休業
営業 金・土・日・祝日のみ



蔵王温泉 かわらや(再訪)

aP5030022.jpg

GW真っ只中。
昨日は、久しぶりの釣行。
塩釜港からの船釣りで、尺物のカレイ20枚、良型のメバル10枚、サバ3枚と、まずまずの釣果。
今日は、山形の蔵王に出かけた。
伝承すのこの湯「かわらや」は、約2年ぶりの訪問となる。

bP5030026.jpg

朝一を狙って仙台を7時過ぎに出発。
かわらやには駐車場があるが、温泉街の道路はかなり狭いので、慎重に運転する。

bP5030019.jpg

券売機で入浴券を購入し、受付のおばちゃんに渡す。

bP5030017.jpg

お風呂は、「湯」の暖簾から階段を少し下ったところにある。

bP5030013.jpg

廊下の突き当たりが男湯、左手前が女湯。
廊下の右側には洗面台がある。

cP5030008.jpg

脱衣所は、いたってシンプル。
棚と籠のみの簡素な造りとなっている。
前回の訪問では終始貸切状態だったが、今日は私の他に2名ほどのお客さんがいる。

KC3Z01231_201505031412584b2.jpg
(写真は、前回訪問時に撮影したもの)
木造りの浴槽は、4人サイズ。
足元自噴のお風呂で、浴槽の底に敷かれた簀子の間からお湯が湧き出してくる。
泉質は、含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉で、PH1.9の酸性泉。
味は、しょっぱくて苦味がある。
お湯の中では、白くて細かい湯の花が無数に舞っている。
お湯の色は少し緑がかっているが、透明度は高い。
浴槽の縁からは、溢れたお湯が外に流れ出している。
そのため、浴室の床がとても滑りやすくなっているので、歩くときには注意が必要。

KC3Z01261_20150503141259315.jpg

浴室の奥の部屋が洗い場になっていて、シャワー・シャンプー類が完備。

今日は、貸切状態ではなかったが、朝一の新鮮なお湯を十分に堪能できて大満足。

dP5030028.jpg

なお、ここでは個室休憩、食事付きのコースもあるので、いつか利用してみようと思う。

4月29日に続いて、山形の蔵王温泉を訪れたが、GW中にも関わらず温泉街を歩く人は少ないように感じた。
地元の人の話では、エコーラインが通行できないことが大きなダメージとなっているようだ。
エコーラインの雪の壁を通り、蔵王の御釜を経由して、温泉街へという人気の観光コースが今年は成り立たず、ツアーのキャンセルも多いと聞く。
火山性微動という自然現象は、人の力ではどうにもならないが、風評は人が作り出すもの。
先日、宮城蔵王にあるホテルから、「安心してお泊りください」という内容のダイレクトメールが届いた。
また、今日は、テレビで、「遠刈田温泉は安全です」といった内容のCMが流れていた。
風評に惑わされず、これからも蔵王の温泉に通い続けたいと思う。

※前回の訪問についてはこちら

蔵王温泉 伝承すのこの湯「かわらや」
場所 山形市蔵王温泉43
料金 大人450円 子供250円
時間 5月~9月 8:30~20:30
   10月~4月 9:00~20:00


プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter