三本木温泉 花おりの湯

aP6260120.jpg

昨日は一日中仕事。
今日は、いろいろ用事があって、フリーになったのはもう夕方。
鳴子まで行くと帰りが遅くなってしまうので、久しぶりに三本木の花おりの湯に行くことにした。
花おりの湯ならば、家から車で1時間以内で行ける。
前回訪問したのはこのブログを始めたばかりの頃なので、およそ3年半前。

aP6260100.jpg

到着したのは午後5時半ごろ。
駐車場は車で一杯になっている。
ここは午後5時以降に入浴料が割引になるので、5時から8時ぐらいまでが一番混んでいる。

bP6260107.jpg

玄関のところにある券売機で夜間券を購入して受付で渡す。
有料の貸切風呂が空いていないか聞いてみるが、残念ながら今日はすべて埋まっているとのこと。
気を取り直して、大浴場に向かう。

脱衣所は広く、棚と籠の他に鍵付きのロッカーがある。

bP6260109.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

浴室内は人が多く、写真を撮るのは無理。
お風呂については、花おりの湯のHPを見てほしい。

内湯には浴槽が大小2つある。
大きな浴槽は、20人以上が入れる広さ。
湯口は3箇所あり、かなりの量のお湯が注がれている。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
源泉温度が低いので加温しているが、加水なし・循環なし・消毒なしの掛け流し。
亜炭層から湧き出している温泉で、匂いは炭のような香り、浴感はヌルすべ。湯温は適温。
もう一つの小さな浴槽は5人サイズ。
湯温は少し低めで、泉質は同じ。
浴室にはサウナもある。
洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

浴室のドアから外に出ると、露天風呂と打たせ湯がある。
露天風呂は4人サイズ。
爽やかな風が吹いていてとても気持ちが良い。

bP6260115.jpg

長湯したので、なかなか汗が引かない。
扇風機にあたって体を冷やし、冷水器の水をぐっと飲む。
のどが渇いていたので、とても美味しかった。

花おりの湯
場所 大崎市三本木坂本字青山31-1
料金 平日 大人650円 子供330円
   日・祝祭日 大人860円 子供430円
   夜間(17:00~21:00)大人540円 子供320円
時間 10:00~21:00


スポンサーサイト

小原温泉 旅館しんゆ(再訪)

aP6190002.jpg

今日は、久しぶりに小原温泉の旅館しんゆに行ってきた。
前回訪問からはおよそ2年半ぶり。
白石から山形の南陽に抜ける国道113号線沿いにあり、白石から行く場合には2つ目のトンネルを抜けて、3つ目のトンネルのすぐ手前にある。

aP6190004.jpg

到着時、駐車場が満杯となっており、混雑覚悟で中に入る。

bP6190062.jpg

玄関から中に入ると女将さんが出迎えてくれる。
お客さん方は宴会中なので、お風呂は空いているとのこと。
ラッキー!

bP6190007.jpg

玄関から奥に進み、階段を下ってさらに進むとお風呂がある。
右手のドアから外に出ると露天風呂、手前の暖簾が男湯、突き当りが女湯となっている。

bP6190008.jpg

この近くに貴重品ボックス(100円リターン式)がある。

まずは、露天風呂に向かう。

cP6190009.jpg

ドアを開けて、スリッパからゴム草履に履き替えて、石段を下ったところに露天風呂がある。
屋根付きの露天風呂は右側が男湯、左側が女湯で、左右対称となっている。

cP6190014.jpg

脱衣所は、棚と簀の子のみの簡素な造り。
落ち葉や虫を掬うための網が置かれている。

cP6190016.jpg

岩造りの浴槽は4人サイズ。

cP6190015.jpg

竹筒からはほどよくお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で弱アルカリ性のお湯。
無色透明なお湯はとても新鮮で、自分の好きなタイプのお湯。

cP6190018.jpg

岩の隙間からはお湯が溢れ出している。
加水・加温・消毒なしのお湯に大満足。

cP6190022.jpg

山々の新緑を眺めながら、まったりとした時間を過ごす。

いったん服を着て、次に内湯に向かう。

dP6190055.jpg

脱衣所はシンプルな造り。
前回との違いは100円リターン式のロッカーが設置されたこと。

dP6190057.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

eP6190054.jpg

浴室には4人サイズの小さめの浴槽がある。

eP6190049.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
湯口には温泉の成分がたくさん付着している。
泉質は、露天風呂と同じ。
浴槽内には、白くて小さい湯の花がチラチラ舞っている。
匂いは、微石膏臭と一般的な温泉臭。
湯温は適温。

eP6190050.jpg

浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出している。
掛け流しのお湯はとっても新鮮。

eP6190046.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
浴室を改築したようで、前回訪問のときよりも洗い場が広くなり、壁の色も変わっていた。

館内にお客さんは多かったものの、お風呂はほぼ貸切状態。
新鮮なお湯に浸かって、十分に寛ぐことができた。

しんゆから帰る途中、寄り道をしてきた。
最初に訪れたのは、ミートランド。
いつものように、愛らしいミニチュアダックスのひめちゃんが出迎えてくれた。
現在も休業中で、女将さんの話しでは、再開の見込みはないとのこと。
次に蔵王開拓温泉に行ってみた。
こちらも、ポンプ故障のため今も休業中が続いている。
再開を楽しみにしている。
最後は、中華亭分店。
いつも拝見させていただいているおんせんたまごさんのブログを読んで、無性に食べてみたくなり寄ってみた。
場所は、遠刈田温泉からえぼしスキー場へ行く途中。
到着時、順番待ちの人がかなりいたが、名前を書いて待つことに。
30分ほど待ったところで名前が呼ばれ、その後10分ほどでようやくラーメンにありつけた。
スープ、麺、チャーシューなどすべてが美味しくて期待以上の味。
待ったかいがあった。
また行ってみようと思う。

旅館しんゆ
場所 場所 宮城県白石市小原字新湯5-3
料金 500円
時間 10:00~15:00


焼肉 八兆

aP6170082.jpg

東鳴子温泉のまるみや旅館は素泊まりのため、夕ご飯は八兆で食べることにした。
八兆は温泉ブログによく登場するお店で、安くて美味しいと評判。
まるみや旅館から東鳴子の温泉街を散策しながら15分ほど歩き、お店に到着。

bP6170083_20160618135603aa7.jpg

店内にはカウンター席の他に、小上がりには座卓の席が5つある。
まずは、ビールで乾杯。
風呂上りのビールは最高。
ぐっと流し込んで料理に向かう。

bP6170085.jpg

最初は、牛カルビと牛タン。

bP6170086.jpg

サンチェにくるんで、味噌をつけていただく。

bP6170087.jpg

続いて、野菜焼きと豚塩ホルモン。
真ん中にのっているのは、イカの腑。
イカ焼きのつけダレになる。
熱を加えて溶かしているところ。

bP6170091.jpg

最後は、魚介の盛り合わせ。
温めておいたイカの腑を付けて食べる。

どの料理も美味で、満足できた。
値段の方もこれだけ食べて、生ビール4杯とウーロン茶1杯飲んで、しめて6600円也。
東鳴子に泊まったときには、また行かなくっちゃ!
ほろ酔い加減で歩く夜の温泉街もまた風情があって良かった。

焼肉 八兆
場所 大崎市鳴子温泉鷲ノ巣50-2
時間 17:00~22:30
定休 火曜日

まるみや旅館(お風呂編)

aP6170012.jpg

東鳴子温泉まるみや旅館のお宿編に続いてお風呂編。
まるみやにはお風呂が3つある。
1階の廊下の途中に、男女別のお風呂があり、その向かい側に混浴の大浴場がある。
ご主人の計らいで、女性用のお風呂も混浴風呂も貸切で使用させてもらう。

まずは、御婦人浴室と表示されたお風呂から。

aP6170016.jpg

脱衣所は狭く、棚のみの簡素な造り。

aP6170017.jpg

脱衣所から石の階段を数歩降りたところに浴室がある。

aP6170019.jpg

浴室に入った瞬間に、モール系のアブラ臭が感じられ、気分は高揚する。
コンクリートの浴槽は4人サイズで、やや深め。

aP6170025.jpg

湯口からはほどよくお湯が注がれている。
コップにお湯を汲んで匂いを嗅いでみると、アブラ臭の他に金気臭がはっきりと感じられる。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉で、中性のお湯。
濁りがあり、浴槽の底は見えない。

aP6170026.jpg

浴槽の切り欠けと低いところから常にお湯が溢れ出している。
2人で同時にお湯に浸かると、ザーッと音を立てて溢れ出していく。
お湯の表面はかなり熱いが、底の方がぬるいので、手足で湯もみすれば適温になる。

aP6170034.jpg

洗い場は一応あるが、大浴場で洗ってほしいとのことなので使用せず。

良質のお湯を十分堪能した後、いったん服を着て、向かい側にある大浴場に移動する。

bP6170037.jpg

大浴場の脱衣所は、男女別のお風呂の脱衣所よりは広く、棚と籠、洗面台が備えられている。

bP6170040_201606181258582cd.jpg

浴室には8人程度が入れる台形の美しい浴槽がある。

bP6170049.jpg

湯口の岩には温泉成分が堆積している。
泉質は、ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉で、弱アルカリ性のお湯。
無色透明のお湯は若干のトロミがある。
匂いは一般的な温泉臭で、特別な匂いは感じられない。
お湯はとても新鮮。特に一晩中掛け流されていた朝一は最高。

bP6170043.jpg

洗い場には、シャワー・シャンプー類完備。

cP6170057.jpg

浴室から出たところの廊下にドライヤーが備えられている。

dP6180109.jpg

お湯のコンディションが女風呂の方が良いとのことだったので、実際には入らなかった男性用の浴室。
女性用の浴室とほぼ対称になっている。

敷地内に源泉を持っているまるみやは、お湯の良さをしっかりと維持している。
私もだが、連れがこの宿をとても気に入ったので、また行ってみようと思う。
今度はダイちゃんも連れて・・・。

まるみや旅館(お宿編)

aP6170062.jpg

6月17日から1泊で、東鳴子温泉のまるみや旅館に行ってきた。

aP6170066.jpg

以前からずっと行ってみたいと思っていたが、日帰り不可のためなかなか実現することができなかった。
2階建ての建物は古く、宿の歴史が感じられる。
玄関前に車をつけて、玄関から中に入ると、宿のご主人が出迎えてくれる。
来る途中に電話でおよその到着時刻を伝えておいたのでスムーズに進む。
(玄関の辺りにいないことが多いので、待ち合わせすることを事前に決めていた)
気さくなご主人は、荷物を中に入れ、駐車場の場所を教えてくれる。

aP6170068.jpg

駐車場は、ホテルニューあらおの向かい側のビルの奥にある。
シャッターの隣の通路を抜けると駐車場がある。

bP6170060.jpg

玄関前のロビーには雑誌や本が置いてあり、自由に読むことができる。
ここで、この宿とご家族のいろいろな事情について話を伺う。
また、この日は我々以外にはもう一組(男性の釣り人)しか泊まっていないので、混浴風呂に入るときにスリッパを廊下に置いておけば、配慮してもらうよう話をしてあること、そして、女性客がいないので女性用の浴室を我々2人で利用しても構わないことを告げられる。
温かいご配慮に感謝!感謝!

bP6170059.jpg

館内の自販機は使用不可とのこと。

bP6170011.jpg

客室に行く途中に自炊場がある。
電子レンジやオーブントースターも自由に使ってよいとのことだった。

bP6170053.jpg

長い廊下の奥の方にある3号室に泊まる。

cP6170004.jpg

部屋は広縁付きの6畳間。
鍵がかからないので、貴重品は持ち歩くことにする。
布団敷きはセルフサービス、浴衣・アメニティなし。
パジャマや歯ブラシは持ってきているので問題なし。
他のお客さは別棟に泊まっているとのことなので、気兼ねなくのんびりと過ごすことができる。

cP6170006.jpg

冷蔵庫があるので、自炊する場合には便利。
今回は、翌日の朝食のサンドイッチと飲み物を入れておいた。
窓の外の上の方に電車の線路があり、時々電車が通る。

cP6170007.jpg

室内でも炊事ができるようになっている。
炊飯器、鍋などの調理器具と食器類が一通り揃っている。

cP6170008.jpg

クーラーはないが、壁掛けの扇風機がある。
着いた日はかなり暑かったので、扇風機が大活躍。
でも夜中になると、布団と毛布が必要なくらい冷えてきた。
やはり、仙台に比べると涼しい。

dP6170009.jpg

部屋のすぐ近くにトイレがある。
男女共用だが、他にお客さんがいないので不便は感じない。

この宿を予約すると、ご主人からメールが来て、それにはいろいろなお願い事が書かれていた。
そのときは少しびっくりしたが、ご主人から話を聞くにつけ、事情がのみ込め理解することができた。
帰り際に、愛犬の話しをすると、次に来るときには犬も連れてきて、ケージに入れて玄関に置いても構わないとのことだった。
今回、ダイちゃんは家で留守番をさせたが、次回は一緒に連れていこうと思う。
そして、他にも要望があれば、できることには対応したいとのこと。
建物は古いが、いろいろなことに配慮してくれる素晴らしい宿だと思う。
もちろん、温泉も最高。
続けて、アップするので、お楽しみに!

まるみや旅館
場所 大崎市鳴子温泉字赤湯33-2
料金 1泊素泊まり 1人4200円(税込)
  ※食事の提供なし、素泊まりのみ対応



遠刈田温泉 旅館大忠(再訪)

aP6160004.jpg

先週末は忙しく土日ともに出勤。
温泉巡りができないとストレスが溜まる。
仕方なく、夜な夜な、週末温泉HP版をリニューしたりしていた。
でも、今日と明日は勤務の振替でお休み。
そこで、今日は遠刈田温泉の旅館大忠に行ってきた。

aP6160068.jpg

前回訪問したのは、2年以上も前。
シックな雰囲気の旅館で、従業員の対応が良いという印象が残っている。
場所は、遠刈田の共同浴場である神の湯と壽の湯の間。
隣には大沼旅館、近くにはたまや、はせがわ豆腐店などがある。

bP6160059.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付。
入浴料が200円値上がりして800円になっていた。
貴重品はロッカー等がないので、ここで預かってもらう。
館内の廊下は畳敷きになっていて歩きやすい。

bP6160054.jpg

1階の廊下を奥に進むと、手前に男湯、奥に女湯がある。

cP6160049.jpg

脱衣所は広くはないが、清掃が行き届いていて気持ちよく利用することができる。

cP6160037.jpg

洗面台には、整髪料、櫛、ドライヤーなどが備えられている。

cP6160039.jpg

浴室の入口付近には、シャンプー類が置かれていて、ここから選んで浴室に持っていくことできる。

dP6160018.jpg

木枠が施された長方形の浴槽は8人サイズ。
前回の訪問は冬だったので湯気が立っていて浴室内がよく見えなかったが、今日は窓が全開になっていて視界はまずまず。

dP6160022.jpg

木製の湯口からは、熱いお湯が注がれている。
湯口にはカルシウムの結晶が付着している。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で中性のお湯。
遠刈田7号泉を使用。
少し茶色っぽく濁ったお湯で、湯温は適温。
お湯の匂いは複雑だが、木の香りが強いのでよく分からない。

dP6160026.jpg

浴槽の切り欠けからはお湯が溢れ出している。

dP6160034.jpg

浴槽の隣には、温泉の蒸気がすのこの下から上がってくる2名分の寝湯がある。
だれもいないので、しばらくここでトド寝。
上がってくる蒸気がかなり熱いので、5分ほどで退散。

dP6160025.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今日は、久しぶりの平日温泉。
昼頃の訪問だったが、終始貸切状態。
遠刈田の素晴らしいお湯を十分に楽しむことができた。
明日は、泊まりで東鳴子に行く予定。お楽しみに!

旅館大忠
場所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉旭町1
料金 大人800円 子供600円
時間 11:00~20:00 最終受付19:30




飯坂温泉 旅館清山

aP6050044.jpg

今日は久しぶりに福島の飯坂温泉に行ってきた。
訪問先は、旅館清山(せいざん)。
場所は、温泉街から少し離れており、住宅街の中にある。

aP6050001.jpg

宿から歩いて1分ほどのところに専用駐車場がある。

aP6050007.jpg

清山は3階建ての中規模な旅館。
温水プールの表示があるが、現在利用可能かは不明。

bP6050035.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付をする。
お風呂も含めて館内は消灯されている。
われわれが入館すると、一斉に灯りをつけてくれた。

cP6050032.jpg

フロントから右手の廊下の奥にお風呂がある。

cP6050011.jpg

脱衣所には棚と籠と洗面台があり、洗面台にはドライヤーが備えられている。
貴重品ロッカー等はないので、フロントに預ける。

dP6050031.jpg

男性用の浴室にはお風呂が2つある。
連れの報告によると女性用は1つとのこと。
男女が入れ替わるかどうかは不明。

dP6050013.jpg

浴室に入ってすぐのところにあるお風呂。
石造りの浴槽は4人サイズで、底には玉砂利が敷かれている。

dP6050015.jpg

岩の隙間から熱いお湯(おそらく源泉)が注がれている。
なお、浴槽内にも湯口が1つある。

dP6050016.jpg

蛇口からは水が注がれ、浴槽内でブレンドされる。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
MT泉で、匂いは一般的な温泉臭と微石膏臭。
湯使いは、ほぼ循環のみ。湯温は熱めだがほぼ適温。
消毒ありとなっているが、こちらのお風呂では塩素臭はほとんど感じられない。

dP6050017.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

eP6050018.jpg

隣のお風呂に移動。
こちらの浴槽は10人サイズ。

eP6050021.jpg

木の湯口からはドバドバとお湯が注がれている。

eP6050022.jpg

循環メインだが、一部掛け流しとなっている。
ただ、こちらのお風呂は消毒臭がかなり感じられる。
そのため、ほとんどの時間を隣のお風呂で過ごす。

eP6050023.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今日は、終始貸切状態で、まったり過ごすことができた。
家に帰る途中にさくらんぼを買ってきたので、今から食べてみようと思う。

旅館清山
場所 福島市飯坂町中野字山岸7
料金 550円
時間 10:00~17:00



成安温泉 いきいきの郷

aP6040005.jpg

今日は山形市内にある成安(なりやす)温泉いきいきの郷に行ってきた。

aP6040051.jpg

成安温泉いきいきの郷は、大型のケアハウスに併設された温泉施設で、温水プールも備えている。

aP6040048.jpg

体育館裏に温泉専用の入口がある。
目立たないので少し見つけづらい。

bP6040009.jpg

玄関から中に入り、券売機で入浴券を買って受付の人に渡す。

bP6040043.jpg

受付からすぐの所に男女別のお風呂がある。
廊下をはさんだ向かい側には2レーンのみの細長いプールがある。

cP6040039.jpg

脱衣所には鍵付きのロッカー(100円リターン式)がある。

dP6040013.jpg

浴室には20人程度が入れそうなL字型の大きな浴槽がある。

dP6040015.jpg

湯口からは勢いよく熱めのお湯が注がれている。
泉質はナトリウム-塩化物強塩泉で、無色透明の高張性高温泉。
塩分濃度が高いので、かなりしょっぱく、重たい感じのお湯。
湯温は適温だが、長湯すれば湯あたりしそう。
湯使いは加水あり、消毒ありのほぼ循環。
塩素臭はあるものの、お湯の成分が濃いので、お湯の良さは十分に感じられる。

dP6040030.jpg

洗い場は10箇所ほどあり、シャワー・シャンプー類完備。

dP6040032.jpg

浴室内にサウナがあるが、利用するときにはバスタオルを持参することになっている。

eP6040020.jpg

浴室のドアから外に出ると露天風呂がある。
浴槽は10人サイズ。

eP6040022.jpg

湯口からはほどよくお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じ。
眺望はあまりよくないが、涼しい風が吹いていて心地よい。

eP6040026.jpg

湯使いは循環と掛け流しの併用と思われる。

fP6040046.jpg

お風呂から上がった後は無料の休憩所でしばしお休み。
座敷とテーブル席があり、ゆったりと寛ぐことができる。
奥には売店とちょっとした食堂もあるので、一日のんびりと過ごすこともできそうだ。

成安温泉いきいきの郷は、大型のケアハウスに併設された温泉施設だが、お湯の成分が濃く、浴後はぐったりとしてしまうほどだった。
玄関から外に出ると、山の方から涼しい風が吹いていてとても気持ちが良かった。

成安温泉
場所 山形市大字成安425番地2
料金 大人300円 小学生100円
温泉+プール 大人500円 小学生200円
時間 10:00~21:00


プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter