土湯温泉 錦滝旅館

1DSCN0799.jpg

今日は、福島県の土湯温泉にある錦滝旅館に行ってきた。

1DSCN0795.jpg

場所は、土湯温泉の入口から川上温泉旅館に向かう途中にある。
ホテル福うさぎのところから狭い坂道をどんどん登っていく。
錦滝旅館は木造2階建てで、昭和レトロな雰囲気のある宿。

2DSCN0750.jpg

自動ドアを手動で開けて中に入り、帳場で受付。
宿のご主人が対応してくれる。
「今日は、内湯に入れないので、露天風呂だけになりますがいいですか?」
「もちろん、いいですとも」
こんな会話があって、無事入館。

3DSCN0752.jpg

お風呂は帳場から廊下を奥に進んだところにある。
暖簾の後ろにあるドアを開けると露天風呂がある。
左にまがってまっすぐ進むと男湯、途中から右にまがると女湯がある。
ただ、女湯の方は、現在浴室修理中となっていた。

3DSCN0756.jpg

露天風呂の脱衣所は棚と籠のみのシンプルな造り。

3DSCN0775.jpg

貸切利用のため、内側から鍵をかけることができる。

4DSCN0760.jpg

岩造りの浴槽は4人サイズで浅め。
塀と石垣で囲まれているので眺望は良くないが、とても静かで気持ちが落ち着く。

4DSCN0761.jpg

階段状になっている湯口からは熱めのお湯が少しずつ注がれている。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
さらっとしていて、くせのないお湯。

4DSCN0768.jpg

岩の隙間から常にオーバーフローしている。
お湯自体は新鮮だが、浴槽が少し汚れていて、古い湯の花が沈殿している。

4DSCN0764.jpg

洗い場は特にないが、桶・椅子・シャンプー類などが備えられている。
浴槽から直接お湯を汲んで、体や髪を洗う。

5DSCN0778.jpg

露天風呂から上がった後、館内を探検。
内湯に行ってみる。
階段を下った先に男湯がある。

5DSCN0784.jpg

木造の浴槽にはお湯が張られていない。
浴室の雰囲気、窓からの眺め、どちらもなかなかのもの。

5DSCN0786.jpg

洗い場は5箇所あり、それぞれにカランはあるが、シャワーは1箇所のみとなっている。

錦滝旅館の露天風呂では、昨日に続いて連れと2人で貸切使用。
内湯は、お湯が抜かれていて、残念ながら入ることができなかった。
次回訪問するときには、内湯に入れることを確認してから行こうと思う。

錦滝旅館
場所 福島市土湯温泉町油畑17
料金 大人500円 子供300円
時間 10:00~19:00


スポンサーサイト

東根温泉 松乃湯(再訪)

1DSCN0742.jpg

今日は、山形県の東根にある松乃湯に行ってきた。
当初、さくら湯を目指したが、本日はお客さんが多いために日帰りはお休みとのこと。
そこで、近所にある松乃湯に変更した。

1DSCN0744.jpg

屋根付きの駐車場に車を停めて松乃湯に向かう。
前回の訪問からは約2年半ぶり。

1DSCN0741.jpg

玄関前にはさくらんぼ東根温泉の湯めぐり季の幟が立っている。

2DSCN0736.jpg

受付では女将さんが対応してくれる。
「どうぞ、男湯を貸切で使ってください」とありがたい言葉をいただく。

2DSCN0738.jpg

お風呂は玄関から左の廊下を進んだ突き当りにある。

3DSCN0729.jpg

右側に女湯、左側の奥に男湯がある。

4DSCN0705.jpg

脱衣所は棚と籠のみの簡素な造り。

4DSCN0704.jpg

鏡付きの洗面台にはドライヤーが備えられている。

5DSCN0708.jpg

浴室に入ったとたんに明確なアブラ臭とかすかなタマゴ臭が感じられ、嬉しくなる。
円形の浴槽は4人サイズ。

5DSCN0710.jpg

男女の浴室の間にあるガラスの壁が特徴的。

5DSCN0721.jpg

浴室の隅に蛇口が2つある。
右側がお湯、左側が水。
ホースを接続して、自分の好みに合わせて浴槽に入れることができる。
写真は、激熱のお湯を浴槽にドバドバ注いでいるところ。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、PH7.8の弱アルカリ性。
色は濃いウーロン茶色で、湯温は高め。

5DSCN0711.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
カラン・シャワーからはタマゴ臭とアブラ臭のミックスした温泉が出てくる。
これは、とってもいい香りだ。

5DSCN0734.jpg

ロビーには待ち合わせができる休憩スペースがある。

今回も貸切使用だったので、連れと2人でのんびりと過ごすことができた。
帰るときには宿のご主人が出てきて見送ってくれた。

松乃湯
場所 山形県東根市温泉町1-9-2
料金 300円
時間 要確認



遠刈田温泉 蔵王四季亭

1DSCN0694.jpg

今日も嬉しい平日温泉。
遠刈田温泉の蔵王四季亭に行ってきた。
ここには今年の3月に宿泊したが、当時は日帰り不可だった。
日帰り入浴ができるようになったので行ってみた。

1DSCN0698.jpg

場所は、遠刈田の温泉街から蔵王山の方に登った七日原にある。

2DSCN0670.jpg

11時の開店に合わせて入館。
平日にも関わらず、男女数名の日帰り客がいる。
皆さん昼食を予約しているようで、食事の時間を確認していた。

2DSCN0666.jpg

フロントから奥に進んだ突き当りに大浴場の案内表示がる。

2DSCN0665.jpg

男女の暖簾がかかっているが、前回と同じ。
おそらく固定制。

3DSCN0632.jpg

エアコンのよく効いた脱衣所は快適。
広くてゆったりしている。
清掃が行き届いていて清潔感がある。

4DSCN0635.jpg

浴室には10人サイズの大きめの浴槽が1つある。

4DSCN0648.jpg

岩の湯口からはかなり熱いお湯がチョロチョロと注がれている。
浴槽内にも湯口があって注湯されており、その周辺のお湯はかなり熱くなっている。
泉質は、ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、弱アルカリ性のお湯。
MTMM(無色透明無味無臭)泉で、湯温は高め。
前回は茶色の湯の花が舞っていたが、今日は確認できなかった。
また、前回との違いは、岩の湯口付近にホースがあり、加水していること。
これは、時期的に湯温が上がるためと思われる。

4DSCN0651.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から浴室の床に流れ出している。
掛け流しのお湯はとっても新鮮。

4DSCN0639.jpg

洗い場は6箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN0674.jpg

日帰り客のために無料の休憩所が用意されている。
お茶や冷水が準備されていて、座敷でゆっくりと過ごすことができる。

お風呂から上がり、向かった先は中華亭分店。
最近は、遠刈田に行くたびに寄っている。
今日は12時過ぎに店に着いたが、ぎりぎり並ばずに席に着くことができた。
美味しい中華そばを食べて家路に着いた。

蔵王四季亭の前回訪問はこちらから、中華亭分店はこちらからどうぞ。

蔵王四季亭
場所 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原301
料金 大人700円 子供300円 蔵王町民300円
時間 11:00~17:00
定休 水曜日



駒の湯温泉

1DSCN0630.jpg

今日は、嬉しいことに平日温泉。
以前から行ってみようと思っていたが、なかなか果たせなかった栗駒の駒の湯に行ってきた。
仙台は曇り時々雨だが、時折日も差す天気。
築館方面から栗駒山に登っていくと次第に雨模様となり、時々大粒の雨が降っている。
そんな中、10時半過ぎに駒の湯に到着。
受付では女将さんから「よくこんな天気なのに来てくださいました」と歓迎される。

1DSCN0626.jpg

駒の湯は、平成20年の岩手・宮城内陸地震で発生した土石流で被災したが、平成24年に足湯を完成させ、昨年10月に日帰り入浴施設として再スタートを果たした。
並々ならぬご努力とたくさんの善意に支えられての復興であることは、「森の温泉~駒の湯温泉通信」から窺い知ることができる。
              
2DSCN0598.jpg

脱衣所は、棚と籠のみの簡素な造り。
木のぬくもりが感じられる。

3DSCN0600.jpg

浴室に入った瞬間にタマゴ臭がプンプン。
一気にテンションがマックスになる。
木造りの美しい浴槽は小さく、2人サイズ。

3DSCN0608.jpg

湯口からは、温めの源泉がザーザーと音を立てて注がれている。
泉質は、含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)で、PH4.4の弱酸性のお湯。
浴槽内には白くて小さな湯の花が舞っている。
湯温は温めなので、長湯ができる。
窓からの景色を眺めながら、しばしまったりとした時間を過ごす。
嬉しいことに終始貸切状態。

3DSCN0615.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から浴室の床に流れ出している。
掛け流しのお湯はとっても新鮮。

3DSCN0603.jpg

洗い場は2箇所あり、それぞれ左側の蛇口を捻ると温泉が、右側からは水が出てくる。
でも、ここはお湯に浸かるだけで十分だと思う。

4DSCN0627.jpg

湯小屋の向かい側に食事処(そばカフェ)ができている。
今は開店に向けて準備中で、今日は冷蔵庫を搬入していた。

風呂から上ると、受付小屋で連れが女将さんと何やら話し込んでいる。
お茶をいただき、自分も参入。
内陸地震のときのこと、その後の今日までの道のり・・・。
すべてを失ったところからのスタートなのだ。
話しを伺っているだけで胸が熱くなる。

帰り際に、入湯証明書と栗駒山麓周遊ガイドをいただく。
そして、車に乗って出発するときには、女将さんが手を振って見送ってくれる。
また、必ず行こうと思う。

駒の湯温泉
場所 栗原市栗駒沼倉耕英東88
料金 大人400円 子供200円
時間 10:00~17:00
定休 水曜日
 ※冬季休業


湯あみの宿 ぬまくら(再訪)

1DSCN0577.jpg

今日は午前中は用事があり、午後からの出発となった。
目指したのは川渡温泉にある湯あみの宿ぬまくら。
こちらは約2年ぶりの訪問となる。

1DSCN0579.jpg

ぬまくらは川渡の温泉街のメインロードに面している。
建物は比較的新しい。
到着時、駐車場はほぼ満杯状態だったので、混雑覚悟で入館する。

2DSCN0575.jpg

玄関から入ってすぐのところに帳場があり、そこで日帰り入浴の受付をする。

2DSCN0571.jpg

お風呂は帳場の右手奥にある。

3DSCN0544.jpg

脱衣所は広めで、棚と籠が備えられている。

3DSCN0546.jpg

洗面台には綿棒が置かれ、ドライヤーが備えられている。
今の時期は扇風機がありがたい。

4DSCN0555.jpg

浴室には浴槽が2つある。
右側の浴槽は6人サイズで、湯温は高め。
左側は4人サイズの浅めの浴槽で、湯温は低め。
熱めの浴槽で体が火照ったら、温めの浴槽でクールダウン。
こんな感じで左右交互に浸かる。
大きな窓からは整備された庭を眺めることができる。

4DSCN0557.jpg

湯口からは熱いお湯が少しずつ注がれている。
泉質は、含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で、中性の高温泉。
色は川渡カラーの笹濁り。
匂いは硫黄臭。
前回は、先客さんたちが全開で加水していたので、彼らが出てから温度が上がるのをしばらく待ったが、今日は最初から熱かった。
長湯はできないが、加水せずに入れる温度。

4DSCN0562.jpg

溢れたお湯は浴槽の切り欠けから静かに流れ出している。
自家源泉の掛け流しのお湯に満足。

4DSCN0564.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

今日は、当初は混雑を予想していたが、実際には先客さんが1名のみ。
5分ほどで出てからは独泉状態に。
今日の宮城は梅雨の中休みで天気が良く、気温は30℃に達した。
こんな日に熱いお湯に浸かるのもなかなか良い。
風呂から上がって外に出ると、涼しい風が吹いていて気持ちよかった。

湯あみの宿 ぬまくら
場所 宮城県大崎市鳴子温泉川渡38-1
料金 大人500円 子供200円
時間 10:00~20:00


マタギの館

1DSCN0535.jpg

川入荘から出た後、マタギの館でランチをとることにした。

1DSCN0533.jpg

マタギの館は、川入荘から車で5分程度のところにある。
1階がレストランとお土産物売り場、2階が展示室となっている。

2DSCN0543.jpg

木材がふんだんに使われた店内は落ち着いた雰囲気がある。
テーブル席の他に座卓の席もある。

2DSCN0542.jpg

窓からの眺めが良く、天気が良ければ遠くの山々を見ることができそう。
テレビではこの地域のマタギを取り上げた番組がVTRで流れている。
料理が運ばれてくるまでの間、それを見ながら待つことにする。

3DSCN0541.jpg

レストランのメニューは少ない。
山形の伝統料理であるひっぱりうどん、山菜そばのセット、山菜パスタ、山菜そば、山菜ざるそば。
その他にはドリンクメニューのみ。
その中から山菜そばのセットを選んで注文する。

3DSCN0540.jpg

山菜がたっぷり入ったそばもなかなか良かったが、生みたてのタマゴと自家製のコンニャクがとても美味しかった。
ご飯もそばも量が多いので満腹状態に。

行きは、仙台から国道286号で山形に向かったので、帰りは国道113号線を使い白石からは東北道で帰ってきた。
どちらも約3時間。
時間はかかるが、飯豊温泉にはまたいつか行ってみようと思う。

マタギの館
場所 西置賜郡小国町大字小玉川535-1
時間 レストラン11:00~16:00
定休 月・火曜日


飯豊温泉 川入荘

1DSCN0532.jpg

飯豊山荘の後は、川入荘に向かう。
飯豊山荘からは車で10分程度。

1DSCN0529.jpg

川入荘は梅花皮荘(かいらぎそう)の別館となっていて、梅花皮荘のすぐ隣にある。

2DSCN0495.jpg

フロントで受付をして、まずは露天風呂に向かう。

3DSCN0449.jpg

玄関から入って左側の廊下を奥まで進み、ドアから外に出て川の方に下っていく。

3DSCN0453.jpg

丸太をふんだんに使った湯小屋は風情が感じられる。

3DSCN0455.jpg

向かって左側が女湯、右側が男湯。
どちらもだれもいない模様。

3DSCN0486.jpg

脱衣所は棚と籠のみのシンプルな造り。

4DSCN0463.jpg

川に面して作られた浴槽は10人程度が入れる広さ。

4DSCN0466.jpg

湯口からはドバドバとお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉。
飯豊1号から4号までの混合泉。
湯使いは掛け流しと循環の併用で、加水あり・加温あり・消毒ありとなっているが、それらをまったく感じさせない。
もちろん塩素臭もない。

4DSCN0470.jpg

浴槽の隅に設けられた切り欠けから相当量のお湯が排出されている。
奥に見えるホースはおそらく循環用。

4DSCN0483.jpg

とにかく眺めが最高に良い。
眼前には川の流れ、遠くには飯豊の山々と緑。
ここにいると時間が過ぎるのが忘れてしまうほど。

露天風呂から上がった後は、いったん服を着て内湯に向かう。

5DSCN0528.jpg

内湯は玄関から入って右側の廊下の奥にある。

5DSCN0516.jpg

脱衣所はいたってシンプル。
ベンチと籠のみ。

5DSCN0515.jpg

洗面台、ドライヤー、扇風機が備えられている。

6DSCN0502.jpg

浴室には3人サイズの小さな浴槽がある。

6DSCN0505.jpg

注がれているお湯は露天風呂と同じ。
循環なしの掛け流しのようだ。

6DSCN0504.jpg

浴槽が小さいのでザブンとお湯に浸かると、一斉にお湯が排出される。
しばらくだれも入っていなかったようで、お湯はとっても新鮮。

6DSCN0509.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

隣の梅花皮荘には車が数台停まっていて利用客もいるようだったが、川入荘の方は終始貸切状態。
われわれ以外にお客さんはだれもいない模様。
景色抜群の露天風呂、お湯の鮮度が良い内湯、どちらも満喫することができて大満足だった。

川入荘
場所 西置賜郡小国町小玉川564-1
料金 大人500円 子供300円
時間 内湯11:00~16:00
    露天風呂 10:00~18:00※
    ※ただし、金曜日は16:00~18:00



飯豊温泉 飯豊山荘

1DSCN0440.jpg

今日は3連休の中日。
天気もまずまずなので遠出して、山形の飯豊温泉に行ってきた。
前回、飯豊温泉を訪問したのはちょうど3カ月前で、山々にはまだ残雪が見られた。
梅花皮荘はオープンしていたが、飯豊山荘と川入荘はまだ冬季閉鎖中だった。
そこで、今回は飯豊山荘と川入荘の2つを目指した。

1DSCN0435.jpg

飯豊山荘は、梅花皮荘から山道をさらに10分ほど先に進む。
道は狭いが舗装されているので運転はそれほど難しくはない。

2DSCN0430.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付をする。
宿の周辺には山登りの人達が数名いたが、温泉目当ての人は見当たらない模様。

2DSCN0395.jpg

受付から階段を少し登って奥に進むとお風呂がある。

3DSCN0419.jpg

脱衣所は狭くはないがシンプルな造り。
ベンチと籠のみ。
脱いだ服は籠に入れて床に置く。
頭上の扇風機がありがたい。

3DSCN0417.jpg

浴室の掃除用具などが置いてあり少々雑然としている。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

4DSCN0415.jpg

浴室には4人程度が入れる広さの浴槽がある。
窓からの景色が素晴らしく、周囲の自然を満喫しながら入浴できる。

4DSCN0402.jpg

岩の隙間から熱めのお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、PH6.5のほぼ中性のお湯。
飯豊源泉1号、2号、3号、4号の混合泉で、加水なしの源泉掛け流し。
匂いは、若干の石膏臭のほかに一般的な温泉臭。
湯温は適温で、けっこう長湯ができる。
浴槽の底にはオレンジ色の沈殿物が見られる。

4DSCN0414.jpg

溢れたお湯は浴槽の切り欠けから外に流れ出している。

4DSCN0412.jpg

洗い場は1箇所で、シャワー・シャンプー類完備。
加水用のホースがあるので、熱すぎるときには水でうめることができる。

5DSCN0420.jpg

お風呂から出てすぐのところにある階段を少し登ると無料の休憩所がある。

5DSCN0423.jpg

休憩所は2間続きの和室。
ここでゴロゴロしたり、お風呂に入ったりしながら過ごすのもいいなと思う。

今日は10時半ごろに到着。
お風呂には先客さんが1人いたが、5分ほどで出てからはずっと貸切状態。
浴室の窓から見える景色を眺めながらのんびりと過ごすことができた。
登山客が宿に戻ってくる前の午前中がねらい目かも。

飯豊山荘
場所 西置賜郡小国町小玉川663-3
料金 大人500円 子供300円
時間 10:00~19:00


.

中華亭分店

aDSCN0380.jpg

名号館でいいお湯を楽しんだ後は、中華亭分店に向かった。
場所は、遠刈田温泉から宮城蔵王えぼしスキー場に向かう途中にある。
前回は、混雑している時間帯に行ったために30分以上待たされた。
今日は、3時過ぎに到着。
さすがにこの時間ともなると並ぶことはなく、店に入るとすぐに席に案内された。
ただ、20人ほど入れる席はほぼ満席。

bDSCN0382.jpg

私は中華そば(650円)を注文。
細めの麺と魚介系のスープが見事にマッチしている。
シンプルで昔ながらの味が楽しめる美味しいラーメン。

cDSCN0384.jpg

連れはチャーシューメンを注文(850円)。
ここのチャーシューは自分好みの味と食感。
食べきれないとのことなので、何枚かいただくことに。
とっても幸せな気分。

このお店のメニューは、大盛やトッピングはあるものの基本は中華そばだけ。
味噌ラーメンやご飯物、餃子などは一切ない。
中華そばの麺、スープ、チャーシューは自分の好みにぴったり。
この近くに行ったときにはまた寄ってみようと思う。

中華亭分店
場所 刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原478-1
時間 11:00~16:00
定休 火曜日

青根温泉 名号館(再訪)

1DSCN0372.jpg

今日は、午前中は二日酔い気味だったので家でグダグダし、午後からの出発となった。
向かった先は青根温泉の名号館。
前回からは約2カ月半ぶりの訪問となる。
名号館は、青根では一番のお気に入りの温泉。

1DSCN0378.jpg

場所は、共同浴場じゃっぽの湯の駐車場から奥に入ったあたり。
途中、岡崎旅館で日帰り入浴をお願いするも「日帰りはやってません」とのことで丁重に断られる。

1DSCN0330.jpg

道路の突き当りにある岡崎旅館の旧館から左に曲がってすぐのところに、かつての共同浴場「名号湯」がある。
自分が湯巡りを始めたころにはすでに閉鎖されていたので入ったことはないが、趣のある建物。
(一度入ってみたかったなあ!)
旅館名号館は、名号湯のすぐ隣。

2DSCN0332.jpg

玄関を入ったところにある帳場で受付をする。
宿のご主人からは「お風呂の電気は入口のところにあるので、点けてください」とのこと。
庭に沿った細長い廊下を奥に進む。

2DSCN0365.jpg

お風呂は手前が男湯、奥が女湯となっている。

3DSCN0363.jpg

脱衣所はいたってシンプル。

4DSCN0344.jpg

浴室のドアを開けて、石の階段を数歩下ったところに浴槽がある。
浴槽は小さく2人サイズ。
掛け流しにはベストサイズかもしれない。
お湯はとっても新鮮。

4DSCN0356.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は、ほぼ中性の単純泉。
MT泉で、石膏臭のような温泉臭がフワッと感じられる。
前回は、ヌルっとした浴感があったが、今日は湯温が高いためかあまり感じられない。
おそらく45℃ぐらい。
加水せずに入れるが長湯はできない。

4DSCN0350.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から浴室の床に静かに流れ出している。
ザブンとお湯に浸かれば、一斉に溢れ出し、洪水状態になる。

4DSCN0345.jpg

洗い場は1箇所のみ。
シャワー・シャンプー類完備。
加水用のホースがあるので、熱すぎて入れないときには水でうめることもできる。

5DSCN0368.jpg

浴室付近の壁に貼ってある「立寄り入浴カード」の紹介。
近くに住んでいたら絶対に買ってると思う。

今日は終始貸切状態。
お湯の音だけがする静かな浴室で、まったりとした時間を過ごすことができた。

名号館
場所 柴田郡川崎町青根温泉4-4
料金 500円
時間 10:00頃~夕方までとのこと



沢内バーデン

1DSCN0284.jpg

今日は、梅雨の中休み。
天気もいいので、岩手県まで遠出した。
向かった先は、西和賀町にある沢内バーデン(およねの湯)。
先日訪問したホットハーブ錦秋から秋田県との県境の方に進み、湯本温泉を過ぎてさらに山奥に向かったところにある。
自然豊かな山間部にあるが、施設は比較的新しく、「おかげさまで25周年」と表示されていた。
宿泊も可能な施設で、隣にはレストランも併設している。

2DSCN0278.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付をする。
貴重品はこちらで預かってもらうことができる。
貴重品を渡すと代わりに番号札が渡される仕組み。

2DSCN0272.jpg

フロントの後ろ側にあるのが女湯。

2DSCN0273.jpg

向かって左側にあるのが男湯。
男女は固定制のようだ。

3DSCN0270.jpg

脱衣所は広く、洗面台にはドライヤーが備えられている。
また、奥には畳敷きのちょっとした休憩スペースもある。

3DSCN0232.jpg

貴重品ロッカー(有料100円)もある。
大きいロッカーなので、荷物が多い場合には便利。

4DSCN0236.jpg

浴室には先客さんたちが数名いたので、まずは露天風呂へ向かうことにする。
木枠の施された浴槽は6人程度が入れる広さ。

4DSCN0241.jpg

木製の湯口からはほどよくお湯が注がれている。
泉質は、カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩泉で、PH8.4の弱アルカリ性のお湯。
MT泉で、特別な匂いは感じられない。
消毒ありとなっているが、塩素臭はまったく感じられない。
源泉掛け流しとなっていて、溢れたお湯は木枠の隙間から外に排出されている。
湯温は少し低めなので、長湯できる。
お湯の鮮度は良好。

4DSCN0243.jpg

露天風呂からの眺めは良く、周囲の自然を楽しむことができる。
途中から雨が降ってきたが、屋根付きなので濡れることはなかった。

aDSCN0248.jpg

内湯には浴槽が3つある。
手前の浴槽は大きく10人以上が入れる広さ。
真ん中の浴槽は6人サイズ。
この2つの浴槽はつながっていて、お湯の違いは感じられない。

5DSCN0249.jpg

2つの浴槽にはそれぞれ木製の湯口からお湯が注がれている。

5DSCN0258.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から外に流れ出している。

6DSCN0251.jpg

一番奥の浴槽は、6人程度が入れる広さ。

6DSCN0252.jpg

木製の湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
そのため、湯温はかなり高い。
ここだけ掛け流しになっていなかったが、もしかしたらお湯を満たす途中だったのかもしれない。
熱くてだれも入ってこないので、お湯はとても新鮮。
とても気に入ったが3分が限界。

5DSCN0246.jpg

洗い場は全部で10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

7DSCN0259.jpg

浴室内には源泉サウナと水風呂がある。
普段あまりサウナには入らないが、源泉に惹かれて入ってみる。
湿度は高いが、熱すぎないのでけっこう心地よい。

8DSCN0274.jpg

ロビーには待ち合わせに利用できる休憩スペースとお土産物売り場がある。
入浴料に200円を足せば、大広間での休憩も可能とのこと。

沢内バーデンは、施設が大きい割にはお湯が良かった。
お客さんが少なかったこともあり、十分寛ぐことができた。
帰るころにはすっかり雨模様となり、気温も下がってきた。
やはり、山の天気なのだと思う。

沢内バーデン
場所 和賀郡西和賀町沢内字大野17-140
料金 大人300円 子供150円
時間 10:00~21:30


岳温泉 宝龍荘

aDSCN0223.jpg

今日は、福島県の二本松市にある岳温泉「宝龍荘」に行ってきた。

aDSCN0219.jpg

専用駐車場に車を停めて、宝龍荘に向かう。
宝龍荘は、郵便局の向かいにある2階建ての中規模の旅館。

bDSCN0214.jpg

玄関から中に入り、帳場で受付をする。
貴重品ロッカーがないので、貴重品はここで預かってもらう。

bDSCN0145.jpg

お風呂は、1階の廊下の奥にある。
暖簾を潜ると、右手に男湯、左の奥に女湯がある。

cDSCN0146.jpg

脱衣所は棚と籠のみのシンプルな造り。
先客さんは1名あったが、10分ほどで出てからは独泉状態。

cDSCN0152.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

dDSCN0187.jpg

浴室には6人サイズの長方形の浴槽がある。
だけど、お湯が違う。
岳温泉のお湯ではない。

dDSCN0200.jpg

お風呂から上がって脱衣所で見つけた表示には、トルマリンの湯となっていた。
MTMM(無色透明無味無臭)泉で、特徴のないお湯。
湯温は適温。

dDSCN0188.jpg

ライオンの湯口からはほどよくお湯が注がれている。

dDSCN0161.jpg

トルマリンながら、掛け流しになっていて、溢れたお湯は浴槽の縁から外に流れ出している。

dDSCN0163.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
さらに、シャワーが1箇所ある。

eDSCN0179.jpg

浴室から外に出ると屋根付きの露天風呂がある。
円形の檜風呂は、8人程度が入れる広さ。

eDSCN0167.jpg

本来の木製の湯口の隣にある管から熱めのお湯が注がれている。
泉質は、PH2.5の単純酸性泉。
白濁したお湯からは硫黄の匂いがプンプン。
湯温は少し低め。
女湯は逆に高めだっととのこと。

eDSCN0171.jpg

溢れたお湯は浴槽の隅に設けられた排出口から外に流れ出している。
温めの露天風呂はとても気持ちが良く、つい長湯になってしまう。

fDSCN0205.jpg

旅館の中庭にたらいがあり、お湯が注がれている。
おそらく、ここで温度調節しているのではないかと思う。

内湯にはちょっとびっくりしたが、檜の露天風呂はとても心地よかった。
お風呂から上がって外に出るとひんやりとした風が吹いていた。

宝龍荘
場所 二本松市岳温泉1-222
料金 大人600円 子供350円
時間 11:00~16:00

馬場温泉

aDSCN0077.jpg

今日は、仕事を早帰りすることができたので、馬場温泉に行ってきた。
高速道路を使ったので家から約1時間。
到着したのは、午後6時ちょっと前。

aDSCN0075.jpg

今の時期にしては肌寒い陽気。
温泉が恋しくなって来てしまった。

bDSCN0122.jpg

玄関から中に入り、受付をする。
珍しくご主人が対応してくれる。

bDSCN0119.jpg

デビャさんのブログですでに紹介されていたが、料金体系が変わり、内湯と共同浴場の両方に入って600円となっていた。
内湯が500円、共同浴場が300円なので、これはお得感があるが、今日は時間がないので内湯だけにした。
また、部屋での休憩が3時間まで1,500円なので、今度は休憩付きにしてみようと思う。

bDSCN0115.jpg

お風呂は帳場のすぐ横にある。

cDSCN0108.jpg

脱衣所には棚と籠があり、棚の下は貴重品ボックスになっている。
帳場でお願いすると、鍵を貸してくれる。

cDSCN0107.jpg

洗面台があるが、ドライヤーは置かれていない。

dDSCN0110.jpg

今日は先客さんが1名。
どんな人が入っているのだろうかと思いながら浴室に入ってびっくり。
小学校低学年の男の子が一人で入っている。
しかも、シャンプー・ボディシャンプーなどを専用の籠に入れて持参している。
さらに、脱衣所の籠には自分用のドライヤーも持ってきている。
おそらくここの常連さん。きっと将来は温泉通になること間違いなし。

dDSCN0092.jpg

木造りの浴槽には、湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)で、色は濃い茶色。
湯温は少し高めだが、ほぼ適温。
匂いは、モール系のアブラ臭で、浴室全体にいい香りがしている。

dDSCN0097.jpg

源泉掛け流しで、溢れたお湯は浴槽の奥にある排出口から外に流れ出している。

dDSCN0101.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

eDSCN0128.jpg

お風呂から上がって共同浴場に行ってみると、「どうぞ」の札が掛けられている。
こちらは、時間のある時に、そしてできれば寒い季節に入ってみようと思う。

外は涼しい風が吹いていて、火照った体を冷やしてくれるので、とても心地よかった。

馬場温泉
場所 大崎市鳴子温泉字馬場102
料金 大人500円 子供200円
時間 11:00~20:00
   土曜日は15:00まで

まつばら山荘(再訪)

aDSCN0070.jpg

昨日は終日出勤。そして、夜は飲み会。
今日は、午前中は二日酔い気味でグダグダして、午後からの出発となった。
訪れたのは、まつばら山荘。
約3年半ぶりの訪問となる。

aDSCN0067.jpg

まつばら山荘があるのは、いわゆる川向う。
国道47号線の川渡温泉入口の交差点を温泉街の方向とは反対側に曲がり、鳴子中学校の脇を通って川沿いの道を進むと、山荘の案内表示がある。
そこから坂を少し登ったところにまつばら山荘がある。

bDSCN0062.jpg

フロントで受付をする。
その際、貴重品はここで預かってもらう。

bDSCN0022.jpg

1階の廊下を奥に進むと男女別のお風呂がある。

cDSCN0023.jpg

脱衣所は棚のみの簡素な造り。
先客さんが1名あり。

cDSCN0044.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

dDSCN0041.jpg

浴室に入ると、フワッとモール系のアブラ臭が感じられる。
木造りの浴槽は10人程度が入れる広さ。

dDSCN0036.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は単純泉で、PH7.5の弱アルカリ性のお湯。
「銘剣の湯」と「まつばら温泉」の2つの源泉の混合泉。
お湯は濃いウーロン茶のような色で、浴槽内には茶色の湯の花が無数に舞っている。

dDSCN0039.jpg

湯使いは、加水なし・加温なし・消毒なしの源泉掛け流し。
湯温は少し熱め。

dDSCN0042.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
カランからのお湯からもほんのりとアブラ臭が感じられる。

eDSCN0046.jpg

入館時に女将さんからもらったまつばら源泉。
風呂上りに飲んでみる。
喉が渇いていたので、とても美味しかった。

前回の訪問はこちらからどうぞ。

まつばら山荘
場所 大崎市鳴子温泉字久田42
料金 500円
時間 11:00~18:00

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter