羽根沢温泉 松葉荘(別館)

1DSCN6823.jpg

今日は、久しぶりに山形県の羽根沢温泉に行ってきた。
訪問したのは、松葉荘別館。

1DSCN6881.jpg

いつものように公民館前の駐車場に車を停めてお宿に向かう。
空が晴れ渡り、暖かくて気持ちが良い。
松葉荘別館は共同駐車場に面していて、隣には以前訪問した加登屋旅館がある。

1DSCN6828.jpg

玄関の扉には別館松葉荘と書かれている。
ただ、現在本館は営業していない模様。

2DSCN6832.jpg

館内に入ると、7段の立派な雛飾りが置かれていて、目を楽しませてくれる。
帳場には誰もいない。
何度か「ごめんください」と声をかけると、2階から女将さんが降りてくる。
女将さんはお人柄がよく、立ち寄り湯にもかかわらず丁寧な対応をしてくれる。

2DSCN6835.jpg

お風呂へは、廊下を奥に進んでいき、大浴場と書かれたところから右に曲がる。

2DSCN6838.jpg

突き当りにある暖簾の奥にお風呂がある。

3DSCN6842.jpg

階段を数歩降りたところに男女別のお風呂がある。
男女が固定制なのか、入れ替え制なのかは不明。

3DSCN6849.jpg

脱衣所には、木製のベンチが3つと籠が置かれている。
消灯されていて暗いので、脱衣所と浴室の電灯をつける。

4DSCN6870.jpg

浴室に入った瞬間に石油系のアブラ臭が感じられ、嬉しくなる。
浴槽はタイル張りの6人サイズで、浴槽の周りには簀の子が敷かれている。

4DSCN6859.jpg

太いパイプの先に湯の花キャッチャーが付けられ、湯の花が除去されて浴槽に注がれている。
湯口付近では、アブラ臭の他にタマゴ臭も明確に感じられる。
湯口から注がれるお湯を手に掬ってみるとトロトロ。
まるで、ローションのようなお湯。
コップがあったので一口飲んでみるが、薄塩味で、匂いはけっこうきつい。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、PH8.4のアルカリ泉。
浴感はぬるスベで、湯温は高め。

4DSCN6866.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から外に排出されている。
しばらくだれも入っていなかったようで、鮮度は抜群によい。

4DSCN6861.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備で、小さな鏡が置かれている。

5DSCN6874.jpg

洗面台は脱衣所から出たところにあり、ドライヤーが備えられている。

6DSCN6824.jpg

松葉荘で飼われている6歳のメス犬のバナちゃん。
震災の頃に生まれたとのこと。
人懐こい性格で、近寄ってきて挨拶してくれる。

今日は、嬉しいことに終始貸切状態。
お湯に浸かったり、簀の子の上でトド寝したりして、寛ぐことができた。
羽根沢温泉では共同浴場のお湯がインパクトが強かったが、松葉荘もなかなかのもの。
宮城県の中山平温泉にあるしんとろの湯と同じぐらいのトロトロ感。
それに、アブラ臭とタマゴ臭が加わる。
大満足だったので、また必ず行ってみようと思う。

松葉荘別館
場所 最上郡鮭川村大字中渡1314-2
料金 300円
時間 9:00~20:00


スポンサーサイト

ペンション ハッピー

1DSCN6763.jpg

いよいよ、那須の旅シリーズの最終回。
2泊目のペンションハッピーは、木立の中にある2階建てのお洒落なお宿。
ペット可というより、ペット大歓迎のお宿で、ありがたいことに大型犬も大丈夫。

1.jpg

広い庭には、ペンション専用のドッグランがある。
ダイちゃんと入ってみるが、走ることなくただ寛いでいた。

2DSCN6796.jpg

1階のロビー周辺。
奥が食堂、右側がフロントになっている。
到着時、ご主人がお風呂と部屋の案内をしてくれる。
館内はスリッパ履きだが、使い捨てスリッパで、持ち帰りが可能となっている。
コロコロローラーや足ふき用のウェットティッシュなどが置いてあり、自由に使うことができる。

2DSCN6773.jpg

客室はすべて2偕にある。
廊下にはコーヒーや紅茶が自由に飲めるコーナーがある。
また、館内ではフリーのWi-Fiが使えるようになっている。

3DSCN6754.jpg

お部屋はツインのベッドルームで、エアコン・テレビ・冷蔵庫が備えられている。
到着時、部屋はエアコンで暖められている。

3DSCN6751.jpg

タオルとバスタオルを使って可愛らしい象さんが作られている。
浴衣はないが、その他のアメニティは一通り用意されている。

3DSCN6752.jpg

部屋にはトイレ付のユニットバスが設置されている。

4DSCN6776.jpg

お風呂は1階の廊下の奥にある。

4DSCN6779.jpg

扉の奥には石の風呂があり、手前にはポリバスの家族風呂がある。
もちろん入ったのは石の風呂。
空いていれば24時間いつでもはいることができる。
入る時には、扉にある札を空室から入浴中に替える。

4DSCN6782.jpg

脱衣所は狭いが、家族で利用するには十分な広さ。

4DSCN6803.jpg

浴槽は、4人程度が入れる広さ。
手前が浅くなっていて、寝湯ができる。
湯口は浴槽内に2箇所ある。
1つはジャグジーで、もう1つはパイプ。
どちらからも熱いお湯が注がれている。
泉質は表示がないので不明だが、おそらく単純泉。
湯使いは循環のみだが、薄っすらと温泉成分が感じられる。

4DSCN6802.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

夕方に1回、翌朝に1回入浴したが、けっこう気持ちが良い。
宿のご主人が是非入ってくださいと言ったのも頷ける。

5DSCN6817.jpg

今回は、朝食のみのプランで予約。
食事は、1階の食堂でいただく。
食堂は明るく、BGMが静かに流れている。

5DSCN6814.jpg

朝食のメニューは、スープとパンと1プレートの簡素なもの。
野菜が新鮮で、パンも美味しい。
食後のコーヒーはセルフでいただく。

6DSCN6768.jpg

最後にダイちゃん。
宿のまわりは自然豊かな環境で散歩が楽しい。

6DSCN6798.jpg

朝には、那須サファリパークまで歩いてみる。
片道20分程度だが、サファリパークに近づくと、猛獣の鳴き声が聞こえてきて、ダイちゃんはビビる。

6DSCN6770.jpg

散歩の途中、たくさんの犬に出会い、触れ合うことができた。
満足したのか、宿に戻るとダイちゃんは疲れて寝てしまった。

前の日に泊まったガーデンハウス太陽もペンションハッピーもどちらもとても良かった。
次回の栃木の旅でもまた泊まってみようと思う。

宿泊日:2017年3月19日

ペンションハッピー
場所 那須町高久乙824-6
料金 1泊朝食付きで1人5,400円




那須ワールドモンキーパーク

1DSCN6683.jpg

那須方面湯巡りの旅の締めは、何と、ワールドモンキーパーク。
テレビドラマ・スーパーサラリーマン左江内氏のロケ地にもなり、連れがどうしても行きたいということで、訪問することに。

2DSCN6689.jpg

ここでは、いろいろな動物と直に触れあうことができる。
餌を買って檻の中に入ると動物たちが寄ってきて餌をねだる。
写真はシロクロエリマキキツネザルで、連れの肩に乗っている。

3DSCN6704.jpg

羊にはおねだりされて、2回も餌をあげることに。

4DSCN6705.jpg

うさぎにはニンジンをあげる。

5DSCN6716.jpg

象の餌はバナナ、リンゴ、さつまいもなどのセットで500円。
連れが餌をあげると、長い鼻を器用に使って餌をとって口に運ぶ。

6DSCN6712.jpg

最後に行ったのはサル劇場。

7DSCN6727.jpg

前座として登場したのは、白い猫。
お姉さんが歩くと、またの間をジグザグに歩き、鈴を鳴らして次のサルを呼ぶ。

8DSCN6730.jpg

このサルは、お姉さんが言ったものを冷蔵庫から持ってくることができる。
わざと間違えたりと、笑いのツボをおさえている。

9DSCN6740.jpg

最後に登場したサルは、運動神経抜群。
竹馬、玉乗り、鉄棒などですご技を披露。

ワールドモンキーパークでは約2時間を過ごして動物たちに癒され、ペンションハッピーに向かった。

訪問日:2017.3.19

那須ワールドモンキーパーク
場所 那須郡那須町高久甲6146
料金 大人1800円 子供1000円
時間 平日8:30~17:00
    土日祝8:00~17:00
    受付は16:30まで


奥塩原新湯温泉 奥塩原高原ホテル

1DSCN6677.jpg

塩原元湯温泉のゑびすやを出て向かったのは、奥塩原新湯温泉の奥塩原高原ホテル。
元湯温泉からは近く、移動距離は約4㎞。
宿の近くには、日帰り入浴の看板が設置されている。

1DSCN6679.jpg

奥塩原高原ホテルは白壁のお洒落な建物で、駐車場も広い。

1DSCN6607.jpg

立派な造りの玄関から中に入る。

2DSCN6670.jpg

館内は落ち着いた雰囲気がある。
フロントで呼び鈴を鳴らすとすぐに出てきて対応してくれる。

2DSCN6660.jpg

お風呂は左側の廊下を奥まで進んで右に曲がったところにある。
手前が男湯、奥が女湯となっていて、男湯の向かいには貴重品ボックス(100円リターン式)がある。
履いてきたスリッパは、扉の前に置くようにと指示されている。

3DSCN6615.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、洗面台には櫛と髭剃りが置かれている。

4DSCN6628.jpg

浴室へは脱衣所から階段を数歩降りていく。
檜の浴槽は8名程度が入れる広さ。

4DSCN6630.jpg

湯口のパイプからは熱いお湯がチョロチョロと注がれている。
泉質は単純酸性硫黄泉(硫化水素型)で、PHは2.6。
湯温は適温で、長湯できる。
薄っすらと白濁したお湯からは強烈な硫黄臭が感じられる。
換気がしっかりと行われているので、湯気はほとんど立っていない。

4DSCN6635.jpg

注湯量が少ないのでオーバーフローも少ないが、ザブンとお湯に浸かると浴槽の切り欠けからお湯が外に流れ出す。

4DSCN6629.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
浴室全体に木材がふんだんに使われていて風情が感じられる。

5DSCN6653.jpg

窓際にあるドアから外に出ると露天風呂がある。
浴槽は小さく、3人サイズ。

5DSCN6651.jpg

湯口からはしぶきをあげてお湯が注がれている。
注湯量は、内湯よりも多い。

5DSCN6649.jpg

ザブンとお湯に浸かると、浴槽の切り欠けからお湯が溢れ出す。

5DSCN6650.jpg

開放的な造りの露天風呂で、眺望もまずまず。
雪景色を眺めながら湯浴みを楽しむ。
露天風呂では、千葉から来たというお爺ちゃんとお話をする。
温泉好きのお爺ちゃんは、関東各地の温泉巡りをしているとのこと。
いろいろ行ったが、この辺りが一番と言っていた。

今回、新湯温泉はこの高原ホテルだけだったが、近くには日帰りできる宿がいくつかあり、共同浴場も3つある。
それらは次回の楽しみとすることにしよう。

訪問日:2017.3.19

奥塩原高原ホテル
場所 那須塩原市湯本塩原113-4
料金 800円
時間 12:00~15:00

塩原元湯温泉 ゑびすや

1DSCN6570.jpg

大出館の次は同じ塩原元湯温泉のゑびすやへ。

1DSCN6568.jpg

大出館の駐車場からもと来た道を少し戻り、分岐点のところから反対側に坂を下るとゑびすやと元泉館がある。

1DSCN6566.jpg

ゑびすやには、塩原最古の源泉である梶原の湯と間欠泉の弘法の湯がある。

2DSCN6574.jpg

玄関から館内に入り帳場で受付をする。

2DSCN6575.jpg

お風呂は、帳場から奥に進み階段を下ったところにある。

3DSCN6578.jpg

右側が混浴、左側が女性用のお風呂となっている。

3DSCN6594.jpg

脱衣所は棚と籠のみのシンプルな造りとなっていて、扉の向こうが浴室となっている。

3DSCN6592.jpg

脱衣所の奥に鏡付きの洗面台が備えられている。

4ebkajiwarayu1.jpg
(写真は、ゑびすやのHPから借用)

浴室に入ると数名の先客さんがおり、写真は撮れない。
写真の右側が弘法の湯。
太いパイプから時々ザーッとお湯が注がれる。
浴槽は3人サイズで細長く、かなり深い。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)で、お湯の温度は高い。
左側の浴槽は梶原の湯。
4人サイズの浴槽で、深さは普通。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉(硫化水素型)で、お湯はかなり温い。
熱い弘法の湯と温い梶原の湯を交互に浸かると何とも心地よい。

気持ちよく湯あみしていると、突然女湯側の扉が開いて女性が1人入ってくる。
若い女性だが、恥じらうこともなく堂々と入ってきたのでびっくり。
この状況はどうにも落ち着かないので、早々に引き上げることにする。
混浴は苦手。

5DSCN6581.jpg

お風呂の近くには飲泉所がある。
胃腸に効くらしいが、ほとんど飲めなかった。
温泉に浸かるのは好きだが、飲むのはあまり得意ではない。

訪問日:2017.3.19

塩原元湯温泉 ゑびすや
場所 那須塩原市湯本塩原153
料金 500円
時間 11:00~15:00



塩原元湯温泉 大出館

1DSCN6562.jpg

ガーデンハウス太陽をチェックアウトして、2日目の湯巡りスタート。
最初に向かったのは、塩原元湯温泉にある大出(おおいで)館。
那須町にあるガーデンハウス太陽からは車で約1時間のところ。
途中にあるいくつかの温泉街を抜けて,どんどん山奥に入っていく。
塩原元湯温泉には、ゑびすや、元泉館、大出館の3つの宿があるが、大出館に行くには分岐点から右に曲がる。

1DSCN6493.jpg

しばらくすると大出館の駐車場に着いたが、宿まではそこから坂道をかなり下ることになる。
そこで、とりあえず車で玄関前まで行ってみる。
玄関近くの駐車場はすでに満杯なので、連れを降ろして坂の上にある駐車場に戻り、そこから歩く。
行きは下りなのでいいが、帰りはかなりきつそう。

1DSCN6495.jpg

玄関前では、ちょうど宿泊客がチェックアウトしているところで、女将さんらしき方が出迎えてくれる。

1DSCN6496.jpg

入口のところには日本秘湯を守る会の提灯が下がっている。

2DSCN6557.jpg

玄関から館内に入り帳場で受付をする。
玄関や帳場があるのは3階で、お風呂は1階にあるので、エレベータで降りていく。

2DSCN6554.jpg

1階の廊下を奥に進んだところにお風呂が集まっている。
一番手前にあるのが、貸切風呂の藤の湯。
予約制ではなく、空いていれば札を「入浴中」にして入ることができるが、順番待ちをしている人たちがいるのでパス。
そして、その隣が混浴の五色の湯。

そして,正面の暖簾の奥に墨の湯と女の湯がある。

2DSCN6537.jpg

暖簾を潜ると、向かって右側が混浴の墨の湯、左側が女性用の高尾の湯(内湯)と子宝の湯(露天風呂)。
連れは、女性専用の湯に向かう。
私は、最初に墨の湯に行ってみる。
ところが、墨の湯にはすでに先客さんが10名ほど。
日帰り入浴開始の10時を少々過ぎたばかりなのにこの状態。
人気の高さがうかがえる。

3DSCN6534.jpg

そこで、墨の湯を後に回して、混浴の五色の湯に入ることにする。
五色の湯は、季節や天候によってお湯の色が変わることから名付けられた。
ラッキーなことにこちらはだれもいない。

3DSCN6498.jpg

脱衣所はいたってシンプル。

3DSCN6501.jpg

浴室に入った瞬間に強烈な硫黄臭が感じられ、鮮やかなお湯の色が目に飛び込んでくる。
五色の湯の浴室には浴槽が2つあり、右側は「御所の湯」、左側は「平家かくれの湯」と名付けられている。
御所の湯は8人サイズ、平家かくれの湯は4人サイズ。
どちらも含硫黄-ナトリウム‐ 塩化物・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)で、中性の高温泉。
モスグリーンのような色で、白濁している。

3DSCN6513.jpg

2つの浴槽にはそれぞれ湯口があり、熱めのお湯が注がれている。

3DSCN6514.jpg

2つの浴槽はつながっていて、右側から左側にお湯が流れている。

3DSCN6508.jpg

左側の浴槽には切り欠けが設けられ、ここから絶えずお湯が外に溢れ出している。

3DSCN6511.jpg

洗い場は3箇所。
混合栓が備えられ、ボディソープが置かれている。

4DSCN6516.jpg

浴室の奥のドアから外に出ると岩の湯と名付けられた露天風呂がある。

4DSCN6521.jpg

ホースからは熱めのお湯が注がれている。
コップが置いてあったので一口飲んでみるが、匂いと苦みがきつくて飲みにくい。

4DSCN6522.jpg

岩の隙間数か所からオーバーフローが見られる。

4DSCN6531.jpg

露天風呂からの景色はとてもよく、眼下には元泉館とゑびすやが見える。

五色の湯は、お湯が素晴らしく、全身が硫黄臭まみれになる。
最後まで貸切状態で五色の湯を楽しむ。
脱衣所に戻って服を着ていると、若い夫婦が入ってきて、奥さんが服を脱ぎだしてびっくり。
このような状況は苦手なので、急いで服を着て逃げるように脱衣所から出て墨の湯に向かう。

5DSCN6536.jpg

墨の湯は相変わらず人が多い。

5DSCN6547.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠と洗面台だけのシンプルな造り。

5p_06_b[1]
(写真は大出館のHPから借用)

とにかく人が多くて写真はほとんど撮れない。
浴室には浴槽が2つある。上の写真が墨の湯。
浴室に入った右側にあり、湯温はかなり低い。
お湯の色は黒く、黒・白・茶の湯の花が無数に舞っている。
匂いは、硫黄臭、金気臭、アブラ臭など一言では言い表せない複雑な香り。

5DSCN6540.jpg

浴室の正面にあるのが鹿の湯で、湯温は適温。
泉質は,どちらも含硫黄‐ナトリウム‐ 塩化物・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)。

墨の湯はかなり温いので皆さん長湯しており、体が冷えてきたら暖かい鹿の湯に浸かったりして過ごしている。
長年通っているというおじさんの話では、最近、墨の湯の黒色が薄くなったとのこと。

5DSCN6544.jpg

こちらは鹿の湯の湯口。
熱めのお湯がほどよく注がれている。

5DSCN6542.jpg

洗い場は2箇所。
壁のタイルが剝げ落ちて、鄙びた感がある。

6DSCN6551.jpg

墨の湯は、混浴が基本だが女性専用時間が設定されている。
脱衣所も一緒、浴室の中もさえぎる物がないので、女性にとって混浴はかなりハードルが高いと思われる。
ただ、休日の女性専用時間はかなり混雑するとのこと。

五色の湯で3つの浴槽に浸かり、墨の湯で2つの浴槽に浸かったので、帰りの登り坂はかなりきつかった。
日帰りではどうしても駆け足になってしまうので、やはり、ここには宿泊してもっとお湯を極めたいと思った。

訪問日:2017.3.19

大出館
住所 那須塩原市湯本塩原102
料金 大人600円 子供300円
時間 10:00~16:00
    (受付14:00まで)



那須高原パンのいえ クーロンヌ

ガーデンハウス太陽に泊まった翌日の朝は、6時前からダイちゃんを連れて散歩に出かけた。
朝の散歩コースは、2泊目の宿であるペンションハッピーまでで、片道2㎞弱。
往復すると約1時間なので朝の散歩にはちょうどいい。
天気がいいので爽やかで気分も最高。

1DSCN6484.jpg

連れとダイちゃんと一緒に目的地に向かって歩いていると、途中に動物病院を発見。
突然ダイちゃんが具合が悪くなったときなどには、お世話になるかもしれない。

1DSCN6482.jpg

そして、動物病院の向かいにクーロンヌというお洒落なパン屋さんを見つける。

1DSCN6478.jpg

お店の前を通ると、パンの焼けるとっても良い匂いがしてくる。
ただ、店はまだ開店前で、CLOSEDの看板が表に出ている。

1DSCN6475.jpg

そのまま歩き続けてペンションハッピーまで辿り着き、ガーデンハウス太陽に戻る途中、自転車のかごにクーロンヌの袋を入れているおばちゃんとすれ違う。
連れがすかさず、「パン屋さんはもうやっているんですか?」と尋ねると、「昨日から夏時間になったので、朝6:30からやってますよ」と教えてくれる。

1DSCN6483.jpg

そこで、帰りにクーロンヌのパンを買ってみることにする。
お店の中には、イートイン席、庭にはテラス席があり、コーヒーやハーブティを注文することもできるようになっている。

2DSCN6492.jpg

クーロンヌで買ってきた焼きたてのパンはとても香ばしくて美味しい。
ただ、昨日のペニーレインのパンも残っていたので、朝に半分ほど食べて残りは昼に回すことにする。

那須には、お洒落なパン屋さんやカフェ、レストランや雑貨屋さんなどがたくさんあって、別荘での生活や旅行を楽しく豊かなものにしてくれている。
東北地方にはあまりないので、ちょっとうらやましい気もしたりするのだった。

那須高原パンのいえ クーロンヌ
場所 那須郡那須町高久乙796-62
時間 9:00~16:00(12月~3月下旬)
 *春休み期間中は全日6:30~18:00
   6:30~18:00(4月~11月)
定休 火水曜日(不定休あり)

ガーデンハウス太陽

1DSCN6418.jpg

ペニーレインでパンを買い、その後スーパーマーケットで夕食の食材を買って、ガーデンハウス太陽に向かう。

1DSCN6415.jpg

到着後、まずは管理棟で受付をする。
親切なお婆ちゃんが対応してくれる。
ガーデンハウス太陽には1号棟から3号棟までの宿泊棟と湯小屋があり、中庭ではバーベキューができるようになっている。

1DSCN6411.jpg

宿泊棟は、それぞれ平屋のこじんまりとした建物。
今回は正面の2号棟に宿泊。

2DSCN6397.jpg

フローリングの部屋にはベッド3つと長細いテーブルがある。
到着時、ありがたいことに部屋はエアコンで暖められている。

2DSCN6396.jpg

フローリングの奥には畳敷きの座敷がある。
ベッドと合わせて6名ぐらいまで宿泊可能。

2DSCN6402.jpg

台所には、ガステーブル、炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ、鍋、フライパン、食器類などがあり、食材を持ち込んでの自炊が可能。

3DSCN6393.jpg

シャワー付きではないが、洋式のトイレがある。

3DSCN6394.jpg

洗面所とお風呂もついている。

4DSCN6413.jpg

ダイちゃんとロング散歩をした後に貸切の露天風呂に向かう。

4DSCN6442.jpg

入浴中の札を入口付近に掛ける。

4DSCN6445.jpg

脱衣所は、家族で使うには十分な広さ。

4DSCN6448.jpg

岩造りの浴槽は5人サイズ。

4DSCN6457.jpg

湯口は浴槽内にあり、お湯が出てくるところには目の細かい虫取り網がかけられている。
おそらく、これは湯の花キャッチャー。
温泉分析表がないので、泉質は分からないが、おそらく単純泉。
薄っすらと温泉成分が感じられる。

4DSCN6452.jpg

湯使いは循環メインだが、一部掛け流しになっている。

4DSCN6454.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

午後5時から入浴可能なので、5時ちょうどにお風呂に入ったが、お湯が十分に温まっておらず、お湯の底の方が少し冷たかった。
注がれるお湯がかなり熱いので、出る頃にはちょうどいい温度になってきた。

5DSCN6460.jpg

風呂から上がってビールを飲みながらの夕食。
スーパーで買ってきたまぐろの刺身がけっこう美味しい。
この地方の名物らしい大きながんもどきは、砂糖醤油で煮ていただく。
ビールを2本と日本酒を少々で出来上がってしまう。
長距離の運転と湯巡りで少し疲れたようだ。

6DSCN6428.jpg

ダイちゃんは、車の中では大人しかったが、散歩に出れば元気そのもの。
初めての場所だったので、あちこち匂いが嗅ぎまわっていた。

6DSCN6466.jpg

宿に戻るとそのまま寝てしまった。
やっぱりダイちゃんも疲れたのだろう。

ガーデンハウス太陽には猫が数匹いて、庭を歩いていると突然現れてびっくりする。
お婆ちゃんの話しでは、以前はゴールデンレトリーバーを飼っていたが、お爺ちゃんが亡くなると、後を追うように1週間後に亡くなり、その後猫が集まってくるようになったとのこと。
猫たちもお婆ちゃんの優しい人柄が分かるのだと思う。
那須方面に行くときにはまた泊まろうと思う。

宿泊日:2017年3月18日

ガーデンハウス太陽
場所 那須町高久乙600-117
料金 素泊まり1人6,300円 ダイちゃん2,000円

Bakery & Cafe PENNY LANE 那須店

1DSCN6370.jpg

小鹿の湯の後は、ペニーレインへ向かう。
ペニーレインは那須では有名なベーカリーとカフェのお店。
昨年那須に泊まったときにお世話になったペンション・アニマーレin那須の隣。
そのときは朝から夜までお客さんが絶えることなく、駐車場に入れない車が延々と列をなして並んでいた。
この店のテラス席はペット可のため、犬連れのお客さんも多い。

1DSCN6375.jpg

今回は空いていればランチをとり、もし混んでいたらパンをテイクアウトするつもりで出かけた。
到着したものの3連休中ということもあり、案の定、大混雑。
誘導員の指示に従って駐車場が空くのを待っている状態。
そこで、並んでいる間に連れが先に降りてパンを買ってくることにする。

1DSCN6383.jpg

オーナーは相当なビートルズファンのようだ。
もちろん店内に流れる音楽はビートルズの曲。
中学生の頃によく聞いたので、とても懐かしい。

1DSCN6385.jpg

お店の周辺はIMAGINE WORLDと名付けられている。
ペニーレインの他にはペンションやドッグランなどがある。
いずれもペット大歓迎。

2DSCN6372.jpg

大混雑の店内で連れが撮った写真。
一番人気のブルーベリーブレッドは、すでに売り切れとなっていて午後2時半の予約受付中。
1時間もあるのであっさりと諦める。
レジも大行列で、並んでから10分以上かかる。
そんなことをしている間にようやく駐車でき、ダイちゃんを連れて店の前へ。
大人しいダイちゃんはたちまち人気者になり、みんなに可愛がってもらいご満悦の様子。

3DSCN6405.jpg

買ったパンは素敵な袋に入れられる。
半分は車の中でランチ替わりに食べ、残りは翌日の朝食に。

3DSCN6407.jpg

3DSCN6408.jpg

車の中で食べたパンは写真を撮る前に食べてしまった。
写真は翌日の朝食用だったが、ガーリックラスクは夜にビールのおつまみになってしまった。
どれも美味しくいただいた。
次回は、ダイちゃんと一緒にテラス席でランチかディナーできたらいいなと思う。

ペニーレイン那須店
場所 栃木県那須郡那須町湯本656-2
時間 パン 8:00~18:00 カフェ 8:00~20:00

    

那須湯本温泉 小鹿の湯

1DSCN6362.jpg

新甲子温泉を後にして、栃木県の那須湯本温泉に向かう。
今回訪問したのは、小鹿の湯。

1DSCN6367.jpg

小鹿の湯は、はなやホテルの駐車場と建物の間にある石段を下ったところにある。

2DSCN6357.jpg

受付は、階段を降りたところにある。
受付では、タオルやシャンプー類なども売っているので、手ぶらでも大丈夫。

2DSCN6361.jpg

お風呂は男女別の内湯とそれぞれに露天風呂がある。
貴重品ロッカーは大200円、小100円で有料。

3DSCN6319.jpg

脱衣所は細長い造りで、奥には洗面所とトイレがある。

6DSCN6347.jpg

浴室には浴槽が2つある。
右側の浴槽には高温、左側には中温と表示されている。
高温湯は4人サイズで、湯温は45℃ぐらい。長湯はできないが、熱くて入れないというほどではない。
中温湯は6人サイズで、湯温は42℃ぐらいで適温。

3DSCN6336.jpg

2つの浴槽の境目に湯口があり、両方にお湯が注がれている。
泉質は、硫黄泉(硫化水素型)で、PH2.6の酸性泉。
鹿の湯源泉と行人源泉の混合泉。
薄っすらと白濁したお湯からは強烈な硫黄臭が感じられる。

3DSCN6338.jpg

浴槽があまり大きくないので、お湯に浸かると浴槽の縁から一斉にお湯が溢れ出す。

3DSCN6351.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー付きの混合栓が備えられている。
シャンプー類は置かれていない。
浴槽も含めて湯小屋全体に木材がふんだんに使われていて風情が感じられる。
また、硫化水素対策で換気もしっかりと行われている。

4DSCN6345.jpg

浴室のドアから外に出ると露天風呂がある。

4DSCN6322.jpg

浴槽は小さくて2人サイズ。
周囲を塀で囲われているので、景色は望めない。

4DSCN6325.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。

4DSCN6327.jpg

浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出しているが、ザブンとお湯に浸かると浴槽の縁から一斉にお湯が溢れ出す。

最初のうちは大学生2人と一緒だったが、彼らが出てからは最後まで独泉状態。
湯小屋の雰囲気がよく、お湯も最高に素晴らしかった。
鹿の湯は人が多いので、のんびりとしたいときには小鹿の湯がいいかもしれない。

訪問日:2017年3月18日

小鹿の湯
場所 那須町湯本77
料金 平日400円 祝土日500円
時間 9:00~21:00 露天風呂は19:00まで



新甲子温泉 五峰荘

3月18日からの3連休に、栃木県の那須を中心に湯巡りして先ほど家に帰ってきた。
旅の大まかな日程は、新甲子温泉→那須湯本温泉→塩原元湯温泉→奥塩原新湯温泉。
今回の旅行もダイちゃんを連れて行ったので、1泊目は貸別荘、2泊目はペンションでいずれもペット可のお宿。
今からボチボチとブログアップしていこうと思う。

1DSCN6306.jpg

まずは、那須に行く途中に寄った福島県の新甲子温泉五峰荘。
以前立ち寄ったフジヤホテルがとても良かったので、今回も新甲子温泉に寄ることにした。

1DSCN6304.jpg

五峰荘は、予想に反して、新しくて立派なホテルで駐車場も広い。

2DSCN6193.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付をする。
対応してくれたご主人はとても気さくな人柄のようで、お風呂の場所を丁寧に教えてくれる。
今日は楽しみにしていた鰍(かじか)の湯が男湯と聞いて、とても嬉しくなる。

2DSCN6196.jpg

フロントの近くには雛飾りがあって、華やかの雰囲気。

2DSCN6198.jpg

フロントの近くにある階段を降りてお風呂に向かう。

3DSCN6200.jpg

廊下の手前が福寿の湯で当日は女湯、奥に美麗の湯があり男湯となっている。

3DSCN6208.jpg

脱衣所に入ってすぐのところに貴重品ボックスがある。

3DSCN6217.jpg

脱衣所は広く、中央に棚と籠があり、2箇所に洗面台がある。
洗面台にはドライヤー、櫛、綿棒などが備えられている。

4DSCN6238.jpg

広い浴室には、10人以上が入れそうな大きさの浴槽と2人用の寝湯、サウナと水風呂がある。

4DSCN6274.jpg

温泉と書かれたところにある湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム‐硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉。
色は薄っすらとした黄色で透明。
匂いは、一般的な温泉臭と微石膏臭。

4DSCN6280.jpg

溢れたお湯は、窓際の排出口から外に流れ出している。
ジャグジーになっているあたりからの排出が多い。

4DSCN6229.jpg

洗い場は8箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN6242.jpg

浴室のドアから外に出てすぐのところに露天風呂がある。
石造りの浴槽は6人程度が入れる広さ。

5DSCN6288.jpg

訪問時は、お湯を浴槽に溜めている最中。

5DSCN6287.jpg

2箇所ある湯口からお湯が注がれている。
ちょうど寝湯ができるところまでお湯が入っていたので、しばらく寝湯を楽しむ。

6DSCN6270.jpg

いよいよ最後は鰍の湯。
鰍の湯は、露天風呂のあるところから急な階段を降りたところにある。

6DSCN6244.jpg

看板の近くに置いてあるサンダルを履いて、どんどん下に降りていく。
途中には雪もあるので、サンダルがありがたい。

6DSCN6246.jpg

鰍の湯は5人サイズの岩風呂。

6DSCN6253.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じだと思うが、温泉成分が濃く感じられる。

6DSCN6254.jpg

溢れたお湯は岩の隙間からそのまま外に流れ出している。

6DSCN6258.jpg

開放的な造りなので、周囲の景色を楽しみながら湯あみすることができる。
爽やかな風を感じながら、景色を眺めてのんびりと過ごす。

7DSCN6296.jpg

お風呂の近くには、少し狭いが湯上り処があり、休憩もできるようになっている。

お風呂から上がってフロントのところに戻ると、ご主人から「お風呂はいかがでしたか?」と尋ねられた。
「鰍の湯がとても良かった」と答えると、嬉しそうだった。
約1年半前にオープンした鰍の湯には色々な思い入れがあるようだった。
近くに行ったらまた寄ってみようと思う。

訪問日:2017年3月18日

新甲子温泉 五峰荘
場所 福島県西白川郡西郷村真船馬立1
料金 大人800円 子供400円
時間 10:00~15:00

川渡温泉 板垣旅館

1DSCN6118.jpg

今日は川渡温泉の板垣旅館に行ってきた。
場所は、川渡のメインロードにあるくるみ豆腐のお店から山側に少し入ったところ。
隣には玉造荘がある。

1DSCN6114.jpg

最近、お風呂をリニューアルしたとの情報があり、確かめてきた。
お風呂のある新館は工事がまだ続いているが、お風呂の工事は完了し、入れるようになっている。

1DSCN6186.jpg

いつものように旧館の玄関から中に入ると、ご主人が出迎えてくれる。

2DSCN6180.jpg

だれもいないときには、ここに入浴料を入れて、そのままお風呂に入ることもできる。

3DSCN6120.jpg

玄関から奥に進み、新館のドアを開けてさらに進むとお風呂がある。
暖簾はかかっていないが、左側が男湯、右側が女湯となっている。

3DSCN6124.jpg

脱衣所の棚は以前と変わっていない。

3DSCN6122.jpg

洗面台の蛇口が新しくなっている。
以前の蛇口は硫黄で黒く変色していた。

4DSCN6153.jpg

浴室に入ると、いつものように硫黄臭が感じられる。

4DSCN6149.jpg

湯口の上に木製のふたが新たに付けられている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム‐炭酸水素塩・硫酸塩泉で、PH7.6の弱アルカリ性のお湯。

4DSCN6160.jpg

お湯の色は薄っすらとした緑色でほぼ透明。
白い大小の湯の花が無数に舞っている。
湯温は少し高めだが適温で、長湯ができる。

4DSCN6152.jpg

溢れたお湯は浴槽の切り欠けから絶えず外に流れ出している。
ザブンとお湯に浸かれば、浴槽の縁からも浴室の床に溢れ出す。
掛け流しのお湯はとっても新鮮で、気持ちがいい。

4DSCN6167.jpg

浴槽の壁のところに手すりが新たに設けられている。
お年寄りにはありがたい。

4DSCN6147.jpg

これまでと一番変わったのは、壁とシャワー付きのカラン。
以前は黒くくすんでいた壁は真っ白になっている。
カランのところには新しくタイルが張られている。
以前のシャワー付きカランは黒く変色していたが、真新しいものに変わっている。
壁が明るくなったために、浴室全体が明るく感じる。

5DSCN6177.jpg

風呂上りにいつも休憩するソファ。
待ち合わせにも利用。

5DSCN6182.jpg

料金がほんの僅かだが変更されている。
これまでは、基本400円で洗髪すると100円増しだったが、一律500円となっている。
休憩1650円、素泊まり4150円には惹かれるものがある。
いつか泊まってみようと思う。

今日は午前中仕事があり午後からの出発で、板垣旅館に着いたのは3時半過ぎだった。
ラッキーなことに男女ともに終始貸切状態。
お風呂がリニューアルされたことで、明るくて使いやすくなった。
大好きなお宿なので、桜の季節にまた行ってみようと思う。

板垣旅館
場所 大崎市鳴子温泉川渡64
料金 大人500円 子供250円
時間 10:00~20:00



高湯温泉 静心山荘(再訪)

1DSCN6015.jpg

今日は、福島県の高湯温泉にある静心山荘に行ってきた。
場所は、高湯のあったか湯を過ぎて少し行ったところから車1台がようやく通れる細道を入った突き当りにある。
道路沿いに看板があるが、雪に埋もれていて見つけられずに通り過ぎてしまい、気づいて戻る。

1DSCN6016.jpg

道路は除雪融雪されていてほぼ乾燥路面だが、山荘の周囲は雪がまだかなり積もっている。

2.jpg

玄関から中に入ると、すぐにムサシくんが出迎えてくれる。
ご主人の話しでは16歳になったとのこと。
静心山荘には約2年半ぶりの訪問となるが、ムサシくんが元気なのが嬉しい。
人懐こくて賢いスピッツで、ダイちゃんの匂いがするのか、しばらくわれわれの匂いを嗅いでいた。

2DSCN6072.jpg

ご主人に入浴料を渡して、お風呂へと向かう。

2DSCN6025.jpg

事務室脇の廊下を奥まで進み、ドアを開けて階段をひたすら登っていく。

3DSCN6030.jpg

階段とスロープを登り切ったところにお風呂がある。

3DSCN6033.jpg

脱衣所は棚のみのシンプルな造りとなっている。

3DSCN6035.jpg

壁には鏡が1つある。
窓からは屋根から伸びる大きなつららと雪景色を眺めることができる。

4DSCN6043.jpg

浴室には5人サイズの檜風呂がある。
浴槽の左側はトド寝のベストポイント。

4DSCN6059.jpg

木で囲われた奥に湯口がある。
泉質は、含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉(硫化水素型)で、PH2.7の酸性のお湯。
白くて細かな湯の花が無数に舞っており、お湯は白濁して見える。
湯温は少し温めのため、長湯できる。
実際かなり長湯したので、手はしわだらけになる。

4DSCN6049.jpg

溢れたお湯は排湯口から外に流れ出しているが、ザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁からも一斉にお湯が溢れ出す。
お湯の通り道は温泉成分で白く変色している。

4DSCN6045.jpg

洗い場は1箇所のみ。
シャワー・シャンプー類完備で、お湯の出具合も良好。

今日は男女ともに終始貸切状態。
だれもいないお風呂で心静かにゆったりとお湯に浸かり、1週間の疲れを癒すことができた。
帰りにはまたムサシくんと触れ合って心も癒されて家路に着いた。

静心山荘
場所 福島市庭坂字湯花沢1-15
料金 400円
時間 10:00~15:00




寒河江花咲か温泉 ゆ~チェリー

1DSCN5997.jpg

昨日に続いて山形県の温泉に浸かってきた。
今日訪問したのは、寒河江市にあるゆ~チェリー。
ブログを開設する前には何度か行ったことがあるが、ブログには初登場。

1DSCN5991.jpg

場所は、山形自動車道の寒河江SAにあるスマートICのすぐ目の前。
2階建ての立派な建物で、中には食堂や休憩室、マッサージやお土産物売り場などのある複合的な施設。

1DSCN5988.jpg

隣にはチェリーパークホテルがあり、さらに奥に行くとホテルシンフォニーアネックスがある。

1DSCN5994.jpg

広い駐車場はほぼ満車状態で、ずいぶん奥の方にようやく空きを見つける。

2DSCN5999.jpg

玄関から中に入るが、人が多いのと撮影禁止の表示があるのでカメラは鞄の中に入れたままにしておく。
玄関で靴を脱いで靴箱に入れ、券売機で入浴券を購入して受付のおじさんに渡す。

脱衣所は広くてゆったりしており、鍵付きのロッカー、棚と籠、貴重品ボックス(100円リターン式)がある。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

3inst_01.jpg
写真はゆ~チェリーのHPから拝借

浴室には源泉の異なる2つの浴槽があり、どちらも20人程度が入れる広さ。

写真の手前は、寒河江花咲か1号温泉大浴場~美肌の湯~。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉でPHは6.9。
少し白く濁りのあるお湯で、味はかなりしょっぱい。
フワッとした硫黄臭と様々な香りが混ざった複雑な匂いが感じられる。
掛け流しになっていて、溢れたお湯は窓際の排出口から外に流れ出している。

写真の奥の浴槽は、新寒河江温泉大浴場~健康の湯~。
泉質は単純泉で、中性のお湯。
ウーロン茶のような色で、時々茶色の湯の花が舞う。
匂いはモール系。
もちろん掛け流し。

洗い場は20箇所以上あり、シャワー・シャンプー類完備。
入らなかったがサウナと水風呂もある。

3inst_02_01.jpg

浴室の奥の扉を開けて外に出ると露天風呂がある。
こちらは、寒河江花咲か2号源泉~あったまりの湯~と名付けられている。
円形の浴槽は10人程度が入れる広さ。
寒河江花咲か2号と3号の混合泉で、泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
匂いは金気臭を含んだ複雑な香りで、少し濁りがある。
きれいな掛け流しで、溢れたお湯は排出口から外に流れ出しており、お湯の通り道は変色している。
今日は天気が良くて暖かかったので、景色を楽しむために、柵の方まで歩いて行った。
雪の残った山々、雪解け水で流れが早くなっている最上川、澄み切った青空など美しい風景をしばらく眺めた。

ゆ~チェリーは、安い料金で3つの源泉を味わうことができる施設。
また、いつか行ってみようと思う。

寒河江花咲か温泉 ゆ~チェリー
場所 寒河江市大字寒河江字久保15番地
料金 大人350円 子供150円
時間 6:00~22:00
定休 毎月第1月曜日

東根温泉 ホテル来山荘

1DSCN5984.jpg

今日は、山形県の東根温泉ホテル来山荘に行ってきた。
ここの前の道路はよく通るが、入るのは初めて。

1DSCN5987.jpg

いつもひっそりとしているが、今日は玄関前の駐車スペースに2台車が停まっている。
一部2階建ての来山荘は、ホテルというよりは旅館といった感じのお宿。

2DSCN5979.jpg

玄関から中に入るがフロントにはだれもいない。
呼び鈴を鳴らしてしばらく待っていると、奥からご主人が出てきて対応してくれる。
「お風呂の場所は分かりますか?」と尋ねられ、「分かりません」と答えると、お風呂の場所を教えてくれる。

2DSCN5969.jpg

教えられた通りにどんどん奥に進むとお風呂に到着。
手前が男湯、奥が女湯となっている。

3DSCN5916.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、棚の他にはソファと椅子が置かれている。

3DSCN5918.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。
貴重品ボックス等はない。

4DSCN5949.jpg

浴室に入った瞬間に、モール系のアブラ臭と微タマゴ臭が感じられ嬉しくなる。
浴室には10人程度が入れる広さの浴槽がある。

4DSCN5932.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は含硫黄-ナトリウム‐塩化物泉で、PHは7.6。
色は薄茶色で、白と茶色の大きな湯の花がユラユラと舞っている。
湯口付近では明確なタマゴ臭が感じられる。

4DSCN5933.jpg

湯口から注がれるお湯の一部は湯口下に設けられた樋でそのまま外に捨てられている。
この樋で湯温を調節しているようだ。

4DSCN5936.jpg

窓際の辺りからはオーバーフローが見られるが、お湯に浸かるとあちこちからお湯が溢れしていく。
気持ちの良い掛け流しで、お湯の通り道は析出物によって変色している。

4DSCN5957.jpg

湯温は高めだが、十分に掛け湯すれば入れる温度。
熱いお湯が苦手な人は、蛇口を捻って加水することもできるようになっている。

4DSCN5922.jpg

こちらの洗い場は、シャワー・シャンプー類完備。
ただ、季節柄、シャワーがお湯になるにはしばらくかかる。

4DSCN5924.jpg

こちらの洗い場は、混合栓のみとなっている。

5DSCN5954.jpg

浴室の奥の扉を開けて外に出ると岩造りの露天風呂がある。
残念ながら、お湯が張られていない。
冬季のみなのか、年中なのかは不明。
もしかしたら、ご主人も女将さんもご高齢なので維持管理が難しいのかもしれない。

6DSCN5977.jpg

お風呂から上がってフロントに向かう途中にちょっとした休憩スペースがあり、待ち合わせに利用。
フロントの前にもテーブルがあるので、そちらを利用することもできる。

今日は、ラッキーなことに男湯も女湯も終始貸切状態。
熱いお湯にどっぷりと浸かって、1週間の疲れを癒すことができた。
帰りには、いつも立ち寄る壽屋で新酒を買ってきたので、この後飲むのが楽しみ。

ホテル来山荘
場所 東根市温泉町1-16-2
料金 500円
時間 要確認
電話 0237-42-0018



プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter