宮城蔵王 不忘の湯

aP9280047.jpg

今日は、宮城蔵王の不忘の湯に行ってきた。
場所は、白石の市街地から県道254号線で宮城蔵王白石スキー場に行く途中にあり、さらに少し進めば、蔵王開拓温泉がある。
開拓温泉に行く途中に偶然看板を見つけ、いつか行ってみようと思っていたが、なかなか行く機会がなく、今日が初入湯となる。

bP9280038.jpg

看板のあるところからしばらく行くと、不忘の湯の駐車場がある。
駐車場は、10台程度が駐められる広さ。
車を駐めて温泉の標示がある事務所の方に向かうと、中からおじさんが出迎えてくれる。
入浴料300円をおじさんに払うと、温泉のあるところまで案内してくれる。
お風呂は、事務所の裏側にある。

cP9280034.jpg

手前側が男湯、奥が女湯となっている。

dP9280028.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみの簡素な造り。
「温泉成分のために浴槽内すべりやすくなっているので注意してください」の張り紙がある。

eP9280027.jpg

この温泉は、露天風呂のみで、岩造りの10人サイズ浴槽。
洗い場は特に設けられていないので、浴槽からお湯をすくって掛け湯をして入る。

hP9280014.jpg

男湯は、開放的な造りになっており、遮るものがないので、周囲の景色を眺めることができる。
これは裏を返せば、外からもお風呂が見える状態だが、人も車も通らないので心配はない。
運良く、終始貸切状態。
だれもいない開放的なお風呂に浸かり、1週間の疲れを癒すことができた。

gP9280009.jpg

木樋の湯口からは、ほどよくお湯が注入されている。
泉質は、ナトリウム-カルシウム-硫酸塩-塩化物泉で、ほぼ中性。
土色のお湯は、少し濁っている。
匂いは、金属臭、木材臭、石膏臭などが混ざったような感じで、若干の塩味。
湯温は、温度計では44℃を指しているが、体感的には42℃ぐらい。

gP9280024.jpg

溢れたお湯は、円筒形のパイプから外に排出されている。

fP9280026.jpg

fP9280011.jpg

お風呂の側には、ちょっと変わったオブジェが置かれている。

不忘の湯には洗い場やカランがないので、お湯に浸かるのみだが、周囲の景色を眺めながらぼんやりするにはいい場所だと思う。
入浴後は、肌がサラッとして、爽やかな気分になれる。
ただ、浴槽の床がヌルッとするのが、ちょっと難点かも。

宮城蔵王 不忘の湯
場所 宮城県白石市福岡八宮字大網前140-3
料金 300円
時間 10:00~17:00
    夏場は ~17:30
スポンサーサイト

コメント

開・放・感!

これはまた、随分と開放感いっぱいの露天風呂ですね。露天風呂に行って、殆ど屋根がかかっていたり、壁に囲まれていたりするとがっかりします。これは文句なしですね。疲れがたまっているので、これから近場の温泉に入ってきます。わくわく!

Re: 開・放・感!

kuroさんへ

夏の露天風呂は、虻や蚊がいると入りにくい感じもありましたが、最近は涼しくなり、トンボがたくさんやってくるようになりました。
季節の移り変わりを感じながら、だれもいない露天風呂でのんびりするのは、最高の幸せですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter