鳴子温泉 早稲田桟敷湯

aPA060181.jpg

今日は、鳴子温泉の早稲田桟敷湯に行ってきた。
場所は、鳴子温泉のほぼ中央で、鳴子温泉駅から近いところ。

bPA060140.jpg

いつものように、湯めぐり駐車場に車を駐めて、2分ほど歩く。
今日は、午後から雨。
到着したのは、午後7時半を少し回ったころ。

eP9070056_2013100622333390b.jpg

この写真は、以前に共同浴場「滝の湯」に行ったときに撮ったもの。
クリーム色のちょっと前衛的な感じの建物。

cPA060142.jpg

通路を奥まで進み、階段を降りていく。

dPA060176.jpg

券売機で入浴券を530円で購入。
貴重品は、ロッカーがないので、鍵付きの靴箱に入れる。

dPA060178.jpg

館内が全体的にクリーム色で統一されている。
受付で、入浴券を渡して入館する。

dPA060175.jpg

脱衣所はかなり広く、ゆったりとしている。
温泉熱を利用した床暖房になっており、冬場は暖かくて快適。

ePA060155.jpg

浴室に入ると、すぐに硫黄の匂いが感じられる。
浴槽は、2つあり、左側の浴槽は熱めで深く、5人程度が入れる広さ。
右側は温めになっており、10人程度のサイズ。

ePA060158.jpg

3本の樋からお湯が投入されている。
樋から落ちてきたお湯は、いったん湯溜めに入り、浴槽に入っていく。
溢れたお湯は、浴槽の縁から静かに流れ出している。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、弱アルカリ性。
白い湯の花が無数に舞っている。

ePA060161.jpg

洗い場はかなり広く、シャワー付きのカランが8箇所ほどあり、ボディソープが備えられている。
シャンプーは無いので、持参のものを使う。

今日は、日曜日の夜で、雨模様ということもあって、いつも混んでいる早稲田桟敷湯がほぼ貸切状態。
だれもいないお風呂でのんびり寛ぐことができ、明日からの活力を得ることができた。

鳴子温泉 早稲田桟敷湯
場所 宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷124-1
料金 大人530円 子供320円
時間 9:00~22:00
スポンサーサイト

コメント

かわった建物

鳴子はもう一件の昔ながらの建物の方がしっくりきます。早稲田の湯は,入るまで本当に温泉?という雰囲気が独特ですね。3連休,温泉報告を楽しみにしています。

Re: かわった建物

kuroさんへ

2泊3日の旅を終えて、昼前に家に戻り、1泊目の岡崎荘をアップしたところです。

鳴子の2つの共同湯は、それぞれ味わいがあります。
滝の湯は、建物や浴槽の雰囲気が鳴子温泉の歴史を感じさせてくれ、強酸性の白濁したお湯も素晴らしいです。
早稲田桟敷湯は、サイケ調の建物ながら、弱アルカリ性のお湯は疲れを癒してくれます。
どちらも、かなりの硫黄臭がありますが、泉質はまったく異なり、鳴子温泉の奥深さを感じさせてくれる二湯だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter