鷲倉温泉

aPA270071.jpg

今日は、福島県の土湯峠にある鷲倉温泉に行ってきた。
福島市中心部から、国道115号線で猪苗代方面に向かい、途中、道の駅つちゆを過ぎ、トンネルを出たところで右折して、土湯峠温泉郷に向かう。
このルートで行くと、野地温泉ホテル、新野地温泉相模屋を過ぎて、少し行ったところに鷲倉温泉はある。
さらに進めば、幕川温泉の入口、磐梯吾妻スカイラインのゲートに行くことができる。

aPA270105.jpg

鷲倉温泉は、中規模のホテル。
日曜日の昼前ということもあり、駐車場は車で一杯になっている。

aPA270101.jpg

玄関を入ると、「日本秘湯を守るの会」の提灯が出迎えてくれる。

aPA270100.jpg

フロントで、入浴料500円を払って、入館。
お風呂の場所を尋ねると、親切丁寧に説明してくれる。

日帰り入浴では、露天風呂付きの大浴場、湯小屋の露天風呂に入ることができる。
宿泊すれば、貸切の家族風呂も利用できる。

フロントから、右側の廊下を突き当たりまで進めば、大浴場。
湯小屋の露天風呂は、反対に左側の廊下を突き当たりまで進んで、ドアを開けてさらに20歩ほど行ったところにある。
まずは、露天風呂付きの大浴場に向かう。

bPA270061.jpg

廊下を突き当たりまで進むと、男女別の浴室がある。

bPA270054.jpg

ホテルだけあって、脱衣所は広々としており、洗面台には、ドライヤーも2台設置されている。
貴重品ロッカーは、浴室までの廊下の途中にある。(有料100円)

csisetsu-1 写真は、鷲倉温泉のHPから借用

浴室に入ると、硫黄臭が感じられる。
すでに10名程度の先客があるため、浴槽全体の写真は断念。
浴室には、20人以上が入れそうな横長の大きな浴槽がある。
入口から見て、右側は浅く、左側は普通の深さになっている。
洗い場には、シャワー付きのカランが4基、シャワーなしが1基あり、シャンプー類が備えられている。

cPA270045.jpg

壁にある湯口のパイプからは、勢いよくお湯が投入されている。
溢れたお湯は、浴槽の縁から静かに流れ出している。
泉質は、単純硫黄泉(硫化水素型)で、PH5.0の酸性湯。
湯温は、適温で、味は、酸っぱい。
浴槽には、大小さまざまな湯花が無数に浮遊しており、そのため、お湯は白濁している。

cPA270044.jpg

浴室の大きな窓からは、周囲の自然を楽しむことができる。
しかし、今日に限って、この辺りは暴風雨状態で、残念ながら遠くの山々の紅葉を眺めることはできなかった。

少し体が温まったので、露天風呂に向かう。
大浴場からドアを開けて外に出れば、そこは露天風呂となっている。

cPA270043.jpg

露天風呂は、周囲に塀があり、眺望を楽しむことはできないが、開放的な気分に浸ることできる。
ただ、今日は、横なぐりの雨が吹き込んできて、とても寒く、長湯するにはちょっと根性が必要。
吹雪のときに露天風呂に入るときと同じように、頭からタオルを巻いて、目と鼻だけを出した状態で臨む。
悪天候のために、当然のことながらだれも入ってこない。
それをいいことに、一人で、気合いをいれながら、長湯を楽しんだ。

cPA270042.jpg

露天風呂も源泉かけながしとなっている。
泉質は、内湯と同じだが、湯温は少し低め。
熱いお湯が出てくる湯口の前で、口元近くまでお湯に浸かって20分ほど耐えた。いや、楽しんだ。
途中、何人かがドアを開けて入ってこようとするが、雨風の凄まじさにたじろぎ、最後までだれも入ってこなかった。

露天風呂から上がり、内湯で体を温めてから、もう一つの露天風呂に向かう。
いったん服を着て、廊下をフロントに向かって歩き、さらに、そのまま奥まで行ったところにある。

dPA270073.jpg

廊下突き当たりにあるドアを開けると、すぐに湯小屋がある。
酸性緑礬泉「岩根の湯」という看板が掲げられている。

dPA270077.jpg

中に入ってすぐの右側には、飲泉所がある。
一口飲んでみたが、かなり酸っぱい。ちょっと苦手な味。

dPA270076.jpg

奥まで進むと、男女別の入口がある。

ePA270087.jpg

脱衣所は、簡素な造りで、棚と籠の他には、木のベンチと昔懐かしい体重計があるのみ。

ePA270080.jpg

先ほどの露天風呂は、雨風との戦いになってしまったが、こちらは、屋根があり、さらに衝立などがあるために、雨風は全く入ってこなかった。
しかも、この天候のためか、だれも入ってこないので、完全に貸切状態。
浴槽は、6人ぐらいが入れる広さ。

ePA270097.jpg

泉質は、含鉄-アルミニウム-硫酸塩泉で、PH2.7の酸性泉。
先ほどのお風呂とは、まったく異なる泉質の温泉。
湯口から投入されるお湯は、無色透明だが、浴槽のお湯は茶色く濁って見える。
匂いは、若干鉄のような匂いが感じられる。
お風呂の床や岩は、温泉成分のために赤茶けた感じに変色している。
湯温は適温で、長湯できる。

ePA270082.jpg

浴槽の両側には衝立があるが、正面は開放的な造りになっており、周囲の自然を楽しむことができる。
先ほどまでの雨が少し止み、頭上少しのところに見える雲が、もの凄い勢いで通り過ぎていく様子などを眺めながら、のんびりと湯浴みすることができた。

鷲倉温泉
場所 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1
料金 500円
時間 10:00~15:00
    1月5日ごろから、冬季休業



スポンサーサイト

コメント

No title

本日、磐梯吾妻スカイラインへ行って来ましたが、期待して
いた紅葉は、土湯峠までもが落葉していて残念なドライブと
なってしまいました・・・。

まぁ、今晩は楽天が日本シリーズ優勝しましたので、良しと
します^^;

Re: No title

右肩さんへ

先週、鷲倉温泉の帰り道、磐梯吾妻スカイラインを通ってきましたが、そのときは、少し落葉していましたが、まだ紅葉を楽しむことができました。ただ、雨と風がひどくて、車窓からの眺めでしたが・・・。1週間で、随分と変わってしまうのですね。

クライマックスシリーズ、日本シリーズと、楽天の試合をTV観戦していました。
優勝は、本当に嬉しいです。
頑張った選手、星野監督にエールを贈りたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter