川渡温泉 隆陽館

aKC3Z0417.jpg

今日は、川渡温泉の隆陽館に行ってきた。

aKC3Z0419.jpg

場所は、川渡の温泉街の道路に面しており、以前訪れた藤島旅館のすぐ近く。

aKC3Z0416.jpg

旅館の入口には、「湯で癒す宿」の看板が掲げられている。
玄関を入ると、奥から女将さんが出てきて、日帰り入浴をお願いすると、わざわざ浴室まで案内してくれた。
女将さんの話では、お風呂は2つあるが、貸切風呂なのでどちらに入ってもよいとのこと。

bPB040077.jpg

玄関左手の廊下を奥まで進む。
「熊の湯」の暖簾がかかっている洗面所の右側と左側に浴室がある。
どちらも空いていたので、まず両方のお風呂を見てみる。
左側の方が広いので、迷わずにこちらを選ぶ。

bPB040095.jpg

浴室入口のドアには、札がかかっており、「あき」を裏返して、「入浴中」に。

bPB040079.jpg

脱衣所は、狭く、棚のみのシンプルな造り。

cPB040096.jpg

浴室に入ると、硫黄臭が感じられる。
浴槽は、2人サイズ。
しばらく誰も入っていなかったようで、浴室の床はお湯がオーバーフローして流れ出す部分以外は乾いている。
鮮度抜群のお湯に期待が膨らむ。

cPB040099.jpg

湯口からは、熱い源泉を加水せずにかけ流しているために、チョロチョロとお湯が注入されている。
お風呂の雰囲気から激熱を予想していたが、予想に反して、高めだが何とか入れる状態。
浴室内には、加水用のホースもあったが、加水せずに、十分掛け湯をして、ケロリンでお湯をかき混ぜてから入る。
鶯色のお湯は濁っていて底が見えないので、慎重に入り、体を沈める。
今日は貸切なので、連れと二人で混浴。
二人同時にお湯に浸かると、溢れ出したお湯が、浴室の床一面に広がる。
泉質は、含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩泉で、PH7.6の弱アルカリ性。
白・黒の無数の湯花が浮遊している。

cPB040104.jpg

溢れたお湯の流れるところは、白っぽく変色している。

cPB040097.jpg

洗い場にカランはなく、お湯の出るシャワーが1つあるのみ。
ボディーソープが置かれているが、シャンプーはないので持参したものを使う。

貸切で、素晴らしいお風呂を十分満喫。
最初は、もう一つのお風呂にも入ってみようと思ったが、十分に満足できたので、やめておくことにした。

dPB040090.jpg

dPB040092.jpg

もう一つのお風呂もなかなか味があるので、次回はこちらに入ってみようと思う。

お風呂から上がると、女将さんがわざわざ玄関で見送ってくれる。
「素晴らしいお湯でした」と言うと、女将さんは謙遜しながらもちょっと嬉しそう。
とても感じのよい宿なので、いつか宿泊してみたいと思う。

※残念ながら、平成26年3月末をもって廃業しました。

川渡温泉 隆陽館
場所 宮城県大崎市鳴子温泉川渡117
料金 500円
時間 10:00~20:00

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter