鳴子温泉 東多賀の湯

aPB160273.jpg

今日は、鳴子の東多賀の湯に行ってきた。
場所は、国道47号線沿いにあり、隣には、西多賀旅館がある。
どちらも鳴子を代表するような素晴らしい湯である。

aPB160278.jpg

玄関には、日帰り入浴の駐車場案内があり、それに従って車を移動。

aPB160266.jpg

駐車場所は、ウジエスーパーの少し先。
歩いて、1分程度の距離。
かなり広く、十分な駐車スペースがある。

aPB160332.jpg

東多賀の湯は、二階建てのこじんまりとした旅館。

bPB160331.jpg

玄関を入るとすぐのところに帳場がある。
日帰り入浴料500円をおばちゃんに払って入館。
鍵付きのロッカーがないので、貴重品を預かってもらう。

bPB160281.jpg

廊下を奥まで進むとガラス戸がある。

bPB160285.jpg

ガラス戸の先に男女別の内湯がある。
ここには畳5畳程度のちょっとしたお休み処もある。

cPB160286.jpg

cPB160318.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のほか、鏡と洗面台がある。

dPB160320.jpg

浴室に入ると、かなり強い硫黄臭が感じられる。
硫化水素対策として、窓は全開されており、排気口も数カ所ある。
木造りの浴槽は、4人サイズ。

dPB160315.jpg

湯口からは、勢いよくお湯が投入されている。
浴槽の縁からは、溢れたお湯が静かに流れ出しているが、お湯に体を沈めると、ザーッと簀の子状の床に溢れ出す。
ときどき、湯口からお湯が出なくなるが、10分ほど待つと、また勢いよく出てくる。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉で、PH5.9の酸性湯。
お湯は白く濁り、硫黄の匂いが強烈。

dPB160314.jpg

洗い場は、1箇所で、カランやシャワーはないので、源泉を桶に溜めて利用する。
シャンプーとボディシャンプーが置かれている。

今日は、日帰り入浴が始まる10時ジャストに入ったが、すでに先客が4名ほど。
ただ、皆さん早めに出られたので、20分も経つと、貸切状態になった。
素晴らしいお湯を独り占めできて、大満足。
風呂から上がってからすでに5時間ほど経つが、今でも全身から硫黄臭がしている。


鳴子温泉 東多賀の湯
場所 大崎市鳴子温泉字新屋敷160
料金 大人500円 子供250円 
時間 10:00~15:00
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter