川渡温泉 板垣旅館

aPC140314.jpg

今日は、雪が降る中、川渡温泉の板垣旅館に行ってきた。
場所は、川渡の温泉街にあるくるみ豆腐で有名なお店の角から少し路地を入ったところ。
玉造荘の少し手前。

aPC140313.jpg

写真の右側が旧館で左側が新館。

aPC140310.jpg

新館の玄関前には、温泉の泉質などが書かれた立て札が立っている。
玄関を開けようとしたが、鍵がかけられている。
人気もないので「営業していないのだろうか?」と思ったが、とりあえず、隣の旧館に行ってみる。

bPC140304.jpg

玄関から中に入ると、料金表が掲示されているので、ホッと一安心していると、中から優しそうなご主人が出てくる。
日帰り入浴をお願いすると、あっさりとOK。
料金は、洗髪料込みで、一人500円。

bPC140299.jpg

ご主人は、新館にあるお風呂まで案内してくれる。
「どこから来たのっしゃ?」
「仙台からっす」
雪が降りしきる中、温泉に入るためだけの目的でわざわざ来たことに、とっても驚いている様子。

cPC140273.jpg

cPC140274.jpg

脱衣所には、棚とベンチと洗面台がある。

dPC140281.jpg

浴室のドアを開けた瞬間に、かなりの硫黄臭が感じられる。
浴槽は、4人程度が入れる広さ。
大きな窓からは、外の雪景色を眺めることができる。
最初の10分ぐらいは、だれも入ってこないので、貸切状態だったが、途中からおじさんが一人入ってくる。
こんな天気なのに、いいお湯をお湯を求めてくる人が他にもいることで、妙に感心してしまう。
きっとこのお湯のファンなのだろう。

dPC140282.jpg

湯口からは、ほどよく源泉が投入されている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫化塩泉で弱アルカリ性のお湯。
白や茶色の湯の花がたくさん舞っている。
湯温は、42℃ぐらいで適温。

dPC140283.jpg

溢れたお湯は、切り欠けから静かに流れ出しているが、浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁からもザーッと流れ出す。
今日は、朝からだれも入っていなかったようで、お湯はとても新鮮。

dPC140276.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー付きの混合栓が設置されている。
お湯の蛇口を捻ると、最初は冷たい水が出てくるが、2分ほど待つと熱いお湯になる。
また、シャンプー類も備えられている。

川渡温泉では、藤島旅館に行くことが多いが、今回の板垣旅館のように、素晴らしいお湯が楽しめる場所が他にもあることが分かった。
未湯の温泉を中心にこれからもぼちぼちと湯巡りしていきたいと思う。

川渡温泉 板垣旅館
場所 宮城県大崎市鳴子温泉字川渡64
料金 大人400円 子供200円
    洗髪料100円
時間 10:00~20:00

スポンサーサイト

コメント

No title

一気に寒くなり,平地でも雪が降るようになりました。こうなると一段とお湯の写真に心惹かれますう〜。今年,アップしただけでも相当あると思うのですが,年末なのでランキングなどしてみてはいかがですか? 

Re: No title

kuroさんへ

仙台でも雪が積もり、いよいよ冬本番という感じになってきました。
この時期に温泉に浸かると体全体が温まり、幸せ感に満たされます。
さて、ランキングのご提案ですが、どの温泉もそれぞれに個性があって、甲乙つけがたく、ちょっと難しいかなと思っています。
その代わりと言っては何ですが、年末年始のお休みに時間が取れたらメニュー画面を作ってみようと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter