遠刈田温泉 旅館大忠

aP2020068.jpg

今日は、遠刈田温泉の旅館大忠に行って来た。
場所は、温泉街の中にあり、神の湯と壽の湯の間ぐらい。
昨日の鳴子方面は雪景色だったが、遠刈田方面はこのところの暖かさのために雪がすっかり消えている。

aP2020067.jpg

大忠は、どちらかというと小規模の旅館で、壁の色が特徴的な建物。

aP2020063.jpg

午前11時の日帰り入浴開始時間の少し前に到着。
徒歩1分ほどのところに専用駐車場があるので利用する。
帰る頃には、駐車場は満車になっており、駐車できない車が旅館前の道路に駐められている。

bP2020088.jpg

玄関を入るとすぐにフロントがある。
若い従業員の方が多かったが、対応が丁寧で、好感が持てる。
貴重品ロッカーがないので、財布等はフロントに預ける。
番号札を渡されるので、帰りに札と貴重品を交換する。

さっそく、日帰り入浴料600円を払って入館。

bP2020081.jpg

お風呂は、フロントの右側の廊下の奥にある。
この時間帯は、手前のお風呂が男湯になっている。

bP2020085.jpg

男湯からさらに奥に進むと女湯がある。
連れの話によれば、浴槽にりんごが浮かんでいて、露天風呂もあるとのこと。
夜に男女が入れ替えになるので、宿泊すれば奥のお風呂にも入ることができるようだ。

cP2020072.jpg

cP2020071.jpg

脱衣所は、そこそこの広さがあり、窮屈な感じはない。
棚と籠のほかに、ちょっとお洒落な洗面台がある。
ドライヤーも2台備えられているので、この時期はありがたい。

dP2020074.jpg

浴室に入ると、立ち込める湯気のために、目が慣れるまでは周囲がよく見えないほど。
浴槽は、ほぼ長方形で8人程度が入れる広さ。
浴槽の隣には、温泉の蒸気がすのこの下から上がってくる2名分の寝湯がある。

dP2020076.jpg

木製の湯口からは、熱めのお湯が注入されていて、浴槽の切り欠けからは、溢れたお湯が静かに流れ出している。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で中性のお湯。遠刈田7号泉を使用。
少し茶色っぽく濁ったお湯で、肌に擦ると纏わりついてきてスベスベした感じがする。
匂いは、湯口では複雑な温泉臭が感じられるが、建材で使われている檜の匂いが強いので、入浴中はあまり感じとることができない。
湯温は適温だが、湯気のためにあまり長湯はできない。

dP2020075.jpg

洗い場は4箇所ある。
それぞれにシャワー付きの混合栓があり、シャンプー類が置かれている。

浴槽に浸かっては、寝湯でトドり、また入ってはトドって、約1時間ほど楽しむことができた。
今日は一番乗りでお風呂に入ったが、5分ぐらい経つとぞくぞくとお客さんが入ってきて、最大8名ほどになった。
遠刈田では人気のお風呂なのだと思う。

eP2020069.jpg eP2020090.jpg

eP2020091.jpg eP2020070.jpg

門から玄関までのアプローチ、玄関、フロントの横にあるバー、休憩スペースなど、全体としてとってもシックでお洒落。
照明のトーンを抑え、黒をうまく使ったこの宿の雰囲気は、ちょっと高級な感じがする。
その割りに従業員の方々は気さくで、温かみが感じられる。
連れの母はこの旅館が大変気に入ったようで、今度は宿泊したいとのこと。
次回は宿泊して、今日入れなかったお風呂や貸切風呂にも入ってみたいと思う。

遠刈田温泉 旅館大忠
場所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉旭町1
料金 大人600円 子供400円
時間 11:00~20:30 最終受付20:00


スポンサーサイト

コメント

こんばんは

大忠、お風呂もイイですがすのこでトドるの最高ですよね!自分は寝湯目当てで行ってます+豆乳ソフト^^;今週はいつものあづまやとしんゆでした。

Re: こんばんは

江口さんへ

大忠はお風呂も良かったですが、宿の雰囲気がとてもよく、また行ってみようと思います。
すのこの蒸気はとても気持ちよくて、いつまでもトドっていたくなりますね。
豆乳ソフトですか・・・。今度行ったときに食べてみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter