天王寺穴原湯

aP3220144.jpg

今日は、福島県の天王寺穴原湯に行ってきた。
当初は、飯坂温泉の「みちのく荘」を目指したが、玄関に「日帰り入浴お休み」の掲示があり、断念。
(実は2回連続で振られている)
それではということで、飯坂から近い穴原温泉に行くことにした。

aP3220140.jpg

天王寺穴原湯は、飯坂温泉から車で5分ほどのところにある共同浴場。
周囲には果樹園が広がり、自然豊かな環境にある。
建物は、普通の民家風なので、よく見ていないと見落としてしまうかも。

aP3220141.jpg

建物の下が駐車場になっており、6台程度駐車可能。
緩やかな階段を登ったところに玄関がある。
到着したとき、管理人の方が玄関周りを清掃中。
「初めて来たんですけど」と声をかけると、「ここのお湯はとても熱いですよ」
「加水してもいいですか?」と私。
「浴槽に蛇口があるので、どうぞ水を入れてください」
ちょっとホッとした。

bP3220136.jpg

玄関から中に入ると、券売機があり、200円を投入して入浴券を買い、受付に置いてあるプラスチック製の箱に入れる。

bP3220135.jpg

玄関の右手に男湯、左の廊下の奥に女湯がある。
貴重品ロッカー(100円リターン式)があるので利用。

cP3220122.jpg

脱衣所はシンプルだが、広くて清潔。
先客さんは1名のみ。

cP3220123.jpg

浴室はそこそこの広さがあり明るく、換気がいいので、湯気がほとんどない。
浴槽は、3人サイズ。

cP3220125.jpg

ライオンの湯口からは勢いよく、熱いお湯が注入されている。
浴室内の湯温計は、46.9℃を差している。

cP3220126.jpg

ライオンの湯口の左側に加水用の蛇口があり、チョロチョロと水が入れられている。
おそらく先客さんが蛇口を開いたと思うが、そのおかげで我慢すれば何とか入れる温度になっている。
体感では44℃ぐらいだが、お湯に浸かっているとだんだんお湯の上の部分の温度が上がってくる。
ときどき、浴槽内で湯もみをしながらの入浴となる。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
無色透明で、若干の温泉臭が感じられる。
よく見ると、白くて細かい湯の花がチラチラしている。
湯口からの注入量が多いので、溢れたお湯は浴槽の縁から外に流れ出している。

cP3220128.jpg

洗い場は2箇所。
お湯が出ないので、浴槽から直接お湯を汲んで、体や髪を洗う。
石鹸等は持参する。

湯温が高く長湯はできないので、出たり入ったりを繰り返す。

dP3220134.jpg

風呂から上がった後は、湯上り処で火照った体を冷ます。

ここは、飯坂温泉の温泉街から少し離れたところにあるので、地元の方以外はあまり来ないようだ。
お湯はとびきり熱いが、新鮮でいいお湯なので、いつかまた来てみようと思う。

天王寺穴原湯
場所 福島県福島市飯坂町湯野字湯尻25-5
料金 大人200円 子供100円
時間 6:00~22:00
定休 水曜日


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter