千貫石温泉 湯元東館

aP4060075.jpg

今日の仙台は朝から快晴。
天気もいいので、久しぶりに岩手県に出かけた。
今日の目的地は、千貫石(せんがんいし)温泉、湯元東館(あずまかん)。
場所は、金ヶ崎町で、以前訪れた「駒子の湯」「永岡温泉夢の湯」から比較的近いところにある。
駒子の湯から夏油温泉方面に向かい、車で10分弱のところ。

aP4060077.jpg

千貫石温泉には、ここ以外に温泉施設はないようなので一軒宿だが、日帰り入浴を積極的に受け入れている。
湯元東館は、県道37号線に面した、白くて立派な旅館。

bP4060018.jpg

玄関を入ると左手にフロントがあり、入浴料400円を払って入館する。
フロントには入浴料を4月1日から値上げした旨のお知らせが掲示されている。
貴重品をフロントに預けると、楕円形の札を渡されるので、帰りに貴重品と交換する。

bP4060019.jpg

フロントの隣にはお土産売り場がある。
その前を通過して、奥に進むと浴室がある。
浴室は、男女ともに2つずつある。
大浴場と内湯付きの露天風呂。

bP4060023.jpg

大浴場を後に回して、最初に露天風呂に向かう。
露天風呂は、大浴場のあるところからさらに奥に進み、階段を少し下りたところにある。

cP4060028.jpg

手前に女湯、奥に男湯がある。
さっそく中に入る。

bP4060024.jpg

脱衣所に入ると貴重品ロッカーがあるが有料(100円)。

cP4060049.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、洗面台にはドライヤーも置かれている。

cP4060050.jpg

窓には、「アブ(虻)に注意」の大きなポスターが貼られている。
夏は、アブがかなり発生するようなので、避けたほうがいいかもしれない。

dP4060031.jpg

露天風呂には小さな内湯が付いている。
浴槽は4人サイズ。

dP4060033.jpg

湯口からはほどよく源泉が注入されており、浴槽の縁からは静かにオーバーフローしている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
湯温は43℃ぐらい。
色は薄茶色で、強くはないが、アブラ臭・タマゴ臭他複雑な匂いが感じられる。
細かい湯の花が多数舞っている。

eP4060037.jpg

内湯からドアを開けると、そのまま露天風呂。
岩造りの浴槽は10人程度が入れる広さ。

eP4060038.jpg

岩の隙間からかなりの勢いで源泉が注入されている。
泉質は内湯と同じだが、湯温は少し温めなので、長湯ができる。
露天風呂にはだれもおらず、15分ほど至福の時を過ごす。
少し雪が舞っていたが、開放的で気分は爽快。

eP4060046.jpg

浴室には洗い場が5箇所程度あり、シャンプー類が備えられている。

いったん服を着て、大浴場に移動。

fP4060058.jpg

置かれているスリッパの数からも分かるように、大浴場には10名程度の先客さんがいる。

gP4060062.jpg

浴室には、20名以上が入れる浴槽がある。
浴室の床は温泉成分で滑りやすいので注意が必要。

gP4060065.jpg

大きな岩の湯口からは、勢いよくお湯が注入されていて、浴槽の縁からは溢れたお湯が外に流れ出している。
泉質は露天風呂と同じようだが、浴感はかなり違う。
露天風呂でも若干のツルスベ感があったが、大浴場のお湯はトロッとしていて肌に纏わりつく感じ。
湯温は43℃ぐらいの適温。

gP4060067.jpg

洗い場は10箇所程度ある。

湯元東館は、初めての訪問だったが、露天風呂・小浴場・大浴場ともに満足することができた。
露天風呂と小浴場は、ほぼ貸切状態だったので、のんびりと寛ぐことができた。
大浴場のお湯は、露天風呂と同じ源泉だが、浴感が異なっていた。
理由はよく分からないが、源泉からの距離や湯使いによる違いなのかもしれない。
宿泊料金も素泊まり4500円、2食付で8800円と安く、従業員の対応も丁寧なので、次回は泊まってみたいと思う。

千貫石温泉 湯元東館
場所 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根二枚橋5-1
料金 大人400円 子供200円 幼児100円
時間 7:00~20:30

スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは~。寒河江に北上・・・いいですね。ブログを始める前に,この千貫石温泉に行ったことがあります。季節は初夏だったので,露天に虻が出てちょっと落ち着かなかった思い出があります。でも,お湯は微アブラ臭がして,とても良かったです。
 私が行った時も,露天は人がおらず,大浴場はにぎわっていました。大浴場は,もあっと熱く息苦しいくらいでした。
 なんで,露天は人がいないのだろうと不思議に思っていましたが,どうもこの千貫石温泉は,心霊スポットととして有名なようで,露天には夜一人で入らないようにと張り紙がしてあるくらいだそうです。
 frapapaさんの露天のカランの写真は,なぜぼやけているのだろう,まあレンズに水滴でもついているのだろうと考えながら拝見してました。(>_<)ブルブル・・・

Re: No title

デビャさんへ

千貫石温泉の露天風呂は、なぜか空いていてちょっと不思議な感じがしていました。
心霊スポットですか!?
そう言えば、小浴場の洗い場はほとんど湯気がなかったのに、写真がボケているのも変ですね。
でも、空いていればOKです。
アブがいない時期に行ったのもラッキーでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter