蔵王温泉 下湯共同浴場

aP4200226.jpg

今日は、蔵王の下湯共同浴場に行ってきた。
当初の目的地は、上湯共同浴場の隣にある「おおみや旅館」だったが、日帰り入浴をお願いしたところ、ポンプの点検のために今日は日帰り入浴を受け付けていないとのことだったので、久しぶりに下湯共同浴場に行くことにした。

aP4200207.jpg

蔵王の共同浴場を利用するときには、いつも体育館の駐車場を利用する。
ここはスキーシーズン以外は無料。

dP4200209.jpg

上湯と下湯の間にも駐車場はあるが、数台しか停められない。
温泉街の道路はとても狭いので、体育館前の駐車場に車を置いて、温泉街をブラブラするのも楽しい。

aP4200231.jpg

木造の湯小屋は、風情が感じられる。
温泉街の入口に近いので、いつも観光客で賑わっている。

bP4200213.jpg

今日はラッキーなことに先客さんは1名のみ。

bP4200222.jpg

脱衣所は、棚と洗面台のみの簡素な造り。

cP4200215.jpg

浴室の扉を開けた瞬間に、硫化水素臭が感じられる。
木製の長方形の浴槽は4人サイズ。
洗い場等は特に設けられていないので、お湯に浸かって、お湯を楽しむ施設。
泉質は、含硫黄-硫酸塩・塩化物温泉で、PH1.8の強酸性のお湯。
使用源泉は、蛇荒川折口・インキョ・上の川混合源泉。
白濁したお湯の中には白くて細かい湯の花が無数舞っている。
高温の源泉に井戸水を加えており、湯温は42℃ぐらいで適温。

cP4200216.jpg

湯口になっている塩ビ管からは勢いよくお湯が投入され、浴槽の縁から溢れ出している。

浴後は、火照った体もすぐに冷めたが、全身から硫黄の匂いを発している。(今も)
かなり長湯をしたので、体育館までの上り坂はちょっときつかった。

下湯は、学生時代に入って以来、実に数十年ぶり。
当時は温泉には興味もなく、どんなお湯だったか記憶がないが、お湯が目に入ると痛かったことだけは覚えている。
蔵王周辺の桜はまだ開花したばかり。
春の爽やかな風を体で感じながら、温泉街を歩いた。

蔵王温泉 下湯共同浴場
場所 山形県山形市蔵王温泉
料金 200円(入口の箱に入れる)
時間 6:00~22:00


スポンサーサイト

コメント

No title

蔵王温泉いいですね!ぜひ行ってみたいと思います。
名物の玉こんにゃくも食べたいですっ

No title

蔵王温泉は魅力的ですね~!

蔵王エコーライン、雪の壁の中をまだ走った事が無いので、
GWはエコーラインを越えて、蔵王温泉へ浸かりに行きたい
と考えています。

Re: No title

東京温泉大好きさんへ

蔵王では、酸性の白濁したお湯が楽しめます。
玉こんもちょっと辛子を付けて食べたら美味しいですよ。
是非、お越しくださいませ。

東京にもけっこう温泉あるんですね。
いつか行けたらいいなあ。

Re: No title

右肩さんへ

雪の壁、最高ですね。
GW中はかなり混むと思いますが・・・。

蔵王には未湯の温泉が沢山あります。
これからもちょこちょこ行ってみます。

右肩さんのブログで紹介している碁石温泉民宿海楽荘。
景色や雰囲気がよさそうなので、いつか行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter