小原温泉 旅館かつらや

aP5240046.jpg

岩風呂かつらの湯から次に向かったのは、旅館かつらや。

aP5240048.jpg

かつらやは、小原温泉の中ではひときわ大きな老舗ホテル。

aP5240115.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付。
以前訪ねたときには混雑していたが、今日は人影もまばら。
また、入浴料は700円だったと記憶しているが、500円になっていた。

このホテルには、お風呂が2箇所ある。
まず向かったのは最上階にある展望風呂。

aP5240056.jpg

フロント左手の廊下を奥にあるエレベーターで7階へ。
手前が女湯、奥が男湯で、その間に貴重品ロッカー(有料100円)がある。

bP5240073.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
洗面台にはドライヤーが2台備えられている。

bP5240058.jpg

浴室に入った瞬間、湯気と熱気で、かなり蒸している。
浴槽は大きく、10人サイズ。
窓からの眺めがとても素晴らしい。

bP5240061.jpg

湯口からはザアザアと大量にお湯が注入されている。
ただし、オーバーフローはなく、循環のお湯。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
無色透明で匂いはほとんど感じられない。
サラッとしていて、あまり特徴のないお湯。
湯温は適温だが、浴室内の温度が高いので、あまり長湯はできない。

bP5240062.jpg

洗い場は6箇所程度。
シャワー、シャンプー類完備。
終始貸切状態だったので、だれもいないお風呂で新緑を眺めながらのんびりすることができた。

次は、エレベーターで1階に下りて、大浴場へ向かう。

cP5240077.jpg

フロントから右側の廊下を奥に進むと大浴場がある。

cP5240108.jpg

こちらには、男女別の内湯と渓流露天風呂がある。

dP5240100.jpg

dP5240101.jpg

こちらの脱衣所も広くてゆったりとした造りになっている。

eP5240084.jpg

内湯の浴槽は10人以上が入れる大きさ。

eP5240085.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注入されている。

eP5240088.jpg

溢れたお湯は、浴槽の縁から溢れ出している。
泉質は、展望風呂と同じだが、こちらの方がより温泉成分を感じることができる。
浴感は若干トロっとしており、浴後はスベスベになる。

eP5240083.jpg

洗い場は5箇所程度。

fP5240091.jpg

ドアを開けるとそのまま渓流露天風呂に行くことができる。
岩造りの浴槽は8人サイズ。

fP5240094.jpg

fP5240097.jpg

岩の間に設けられた湯口からはほどよくお湯が注入されていて、溢れたお湯は岩の隙間から流れ出している。

fP5240096.jpg

展望風呂からの眺めも良かったが、こちらの眺望はさらによく、開放的な気分に浸ることができる。
間近に山々の緑、川の流れ、そして、さきほどの遊歩道やつり橋もよく見える。
たぶん、向こうからもよく見えるので、下半身にタオル1枚は必須かも。
女性用の露天風呂は、外から見えないような造りになっている、と思う。

今日はラッキーデーで、すべて貸切状態。
新緑を眺めながら湯浴みすることができて、大満足だった。

旅館 かつらや
場所 宮城県白石市小原字湯元23
料金 500円
時間 9:00~19:00
 ※大広間休憩付きは、10:30~
 ※レストランでランチもできるとのこと 


スポンサーサイト

コメント

こんばんは

かつらの湯、この季節がイイですね。夏になると湯上がり汗がひきません(^_^;
かつらや、新緑みながらの露天が気持ちイイですよね。私も鎌倉温泉、珍しく貸切でした。

Re: こんばんは

江口さんへ

かつらの湯は、洞窟の雰囲気がよく、湯口付近では微タマゴ臭も感じられて、GOODでした。
かつらや、1階のお風呂のお湯がよく、新緑や爽やかな風を感じながら湯浴みした露天風呂もなかなかでした。

鎌倉温泉にはしばらく行ってませんでした。狭いお風呂がいつも混んでいるイメージがあったので・・・。
貸切状態でしたか?良かったですね。
いつかまた行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter