嶽ホテル

aP6080247.jpg

いよいよ、最後の訪問地である、嶽温泉に向かった。
今回の旅の第5湯は、嶽ホテル。
鯵ヶ沢からは県道3号線で、岩木山の山麓を周りながら、約30分で到着。
嶽温泉は、数軒の旅館・ホテルが軒を連ねていて、温泉情緒たっぷり。

嶽ホテルの駐車場は、ホテルから少し先のところにあり、10台程度の駐車が可能。

aP6080203.jpg

嶽ホテルは、旅館風で2階建て。

bP6080244.jpg

玄関から中に入り、受付で日帰り入浴料500円を払って入館。

bP6080241.jpg

お風呂は、受付から奥に進み、階段を少し下ったところに男女別の内湯と露天風呂がある。
受付の近くには、お休み処がある。

bP6080237.jpg

お風呂の手前にもソファが置かれている。
待ち合わせに便利。

bP6080236.jpg

廊下の突き当たりにお風呂の入口がある。
右側が男湯、左側が女湯となっている。

cP6080234.jpg

脱衣所は、けっこう広くてゆったりした造りになっている。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP6080215.jpg

浴室に入ると、強い硫黄臭が感じられる。
木造の浴槽は6人サイズでとても美しく、浴室全体の雰囲気が素晴らしい。

dP6080226.jpg

湯口からは熱めのお湯が勢いよく注入されている。
泉質は、含硫黄-カルシウム-塩化物温泉で酸性のお湯。
白濁しており、浴槽内では、白くて細かい湯の花が多数舞っている。
湯温は適温で、長湯ができる。

dP6080225.jpg

溢れたお湯は、浴槽の縁から静かに流れ出している。
この旅行で初めての硫黄泉。
いい匂いと落ち着いた雰囲気のお風呂で、しばし寛ぐ。
しかも、終始貸切状態。

dP6080214.jpg

洗い場は4箇所あり、シャンプー類が備えられている。

内湯でまったりした後、露天風呂に向かう。
露天風呂は内湯のすぐ外にある。

eP6080219.jpg

木造の露天風呂は小さく、3人サイズ。

eP6080220.jpg

湯口からはいい感じでお湯が注入されている。
浴槽の切り欠けからは静かにお湯が溢れ出している。
板塀があるので眺望はあまり良くないが、周囲の木々の緑が美しい。
爽やかな風に吹かれながらの露天風呂は大変気持ちが良い。

これで、今回の旅行については終わりになるが、1泊2日で遠出したので、家に着いたときにはぐったり。
退職後には、もっとのんびりと旅をしたいと思う。
そのために、今は頑張らなくっちぁ。

訪問日 2014.6.8

嶽ホテル
場所 青森県弘前市大字常盤野字湯の沢28-1
料金 500円
時間 10:00~15:00



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter