尾瀬檜枝岐温泉 燧の湯

aP7060047.jpg

尾瀬檜枝岐温泉駒の湯から上がり、次に燧(ひうち)の湯に向かう。
燧の湯は、駒の湯からさらに奥に進んだ、車で5分程度のところにある。
国道沿いに掲げられた案内表示のある所から橋を渡り、右折してすぐのところ。

aP7060090.jpg

駐車場は、施設の向かい側に6台程度、坂の上に10台程度分のスペースがある。
写真は、入浴後に坂の上の駐車場から施設全体を撮ったもの。

aP7060049.jpg

燧の湯は、木造で新しいが、雰囲気のある建物。
燧の名の由来は、燧ケ岳からとったもの。
若い頃に一度登山したことがあるが、けっこうきつかった記憶がある。
また、その頃の燧の湯は、今と別の場所にあり、風呂に入ったことは覚えているが、当時は温泉に興味がなかったので、残念ながら、どんなお湯だったかまでは覚えていない。

bP7060082.jpg

玄関を入ると券売機と受付がある。
さっそく、入浴券を購入して入館。

bP7060079.jpg

受付から中に進むと、ちょっとした休憩スペースがあるので、待ち合わせに便利。

bP7060080.jpg

男湯は、玄関から入って右側。

bP7060081.jpg

女湯は、左側。
女湯へ向かう廊下の途中にはロッカー室があり、無料の貴重品ロッカーを使用することができる。

cP7060078.jpg

脱衣所は広く、ゆったりとした造りになっている。

dP7060070.jpg

内湯の浴槽は横長で、10人以上が入ることができる広さ。

dP7060069.jpg

dP7060067.jpg

木製の湯口からは、適度にお湯が注がれ、窓側に設けられた浴槽の切り欠けからは、溢れたお湯が静かに外に流れ出している。
泉質は、単純硫黄泉でアルカリ性のお湯。湯温は適温。
お湯に浸かると、タマゴ臭がプ~ンと香ってくる。
さらに、湯口付近では、かなり強く感じられる。
また、大小の白っぽい湯の花がチラチラと舞っている。
アルカリ泉なので、浴感は若干ヌルヌル。
駒の湯と同様に循環とかけ流しの併用と思われるが、温泉成分は十分に感じ取ることができる。

dP7060053.jpg

洗い場は8箇所あり、シャワー・シャンプーなど完備。

eP7060056.jpg

浴室からドアを開けて外に出て、階段を数歩下りると、露天風呂。

eP7060058.jpg

eP7060059.jpg

木の筒の湯口からお湯が注入され、溢れたお湯は岩の隙間から排出されている。
泉質は、内湯と同じ。

eP7060061.jpg

お湯に浸かりながら、周囲の緑を眺めていると、時の経つのを忘れてしまう。
露天風呂では、小川の上を流れる風を体で感じながら、至福の時間を過ごすことができた。

今回はかなりの強行軍で、仙台からは往復500km以上。(運転はちょっと疲れた)
しかし、この周辺にある名だたる温泉地の場所をだいたい確認することができた。
次回は、湯ノ花温泉か木賊温泉に宿泊して、ゆっくり湯巡りしたいと思う。

尾瀬檜枝岐温泉 燧の湯
場所 福島県南会津郡檜枝岐村
料金 大人500円 子供300円
時間 【4月1日~4月26日】 12:00~20:00(最終受付19:30)
    【4月27日~11月9日】 6:00~21:00(最終受付20:30)
     ※歌舞伎上演日(5/12,8/18、9/6)は22:00まで営業
     (最終受付21.30)
    【11月10日~3月31日】12:00~20:00
     (最終受付19:30)
定休 年中無休
    ※火曜日午前中(清掃のため)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter