鎌先温泉 木村屋旅館

aP7260061.jpg

今日は、県南の白石市にある鎌先温泉の木村屋旅館に行ってきた。
隣の最上屋旅館には何度か行っているが、木村屋は初めて。

aP7260055.jpg

鎌先温泉の入口にある共同駐車場を利用。
旅館はここから徒歩5分程度のところにある。

aP7260062.jpg

駐車場から、ゆるやかな坂を少し歩き、案内表示のあるところからは石段を登ると木村屋。
今日は宮城でも30℃を超えているので、歩くと汗が出てくる。

bP7260109.jpg

木村屋旅館は、鉄筋5階建ての立派な建物。

bP7260100.jpg

早速、フロントで受付。
フロント付近では「シロちゃん」という白い猫も出迎えてくれる。
入浴料500円を払うと、お風呂のある5階へ行くためのエレベーターまで案内してくれる。

bP7260068.jpg

エレベーターを降りると、すぐに男女別のお風呂がある。
正面の山茶花(サザンカ)は貸切風呂。
エレベーター内には、45分で2000円との表示があったが、当然パス。

cP7260090.jpg

cP7260089.jpg

脱衣所は比較的ゆったりしており、洗面台にはドライヤーが備えられている。
また、貴重品ロッカー(100円)もある。

dP7260071.jpg

内湯の浴槽は、10人以上が入れる広さ。

dP7260072.jpg

窓側に設けられた湯口からは、ザーザーとお湯が注入されている。
溢れたお湯は浴槽の縁から静かに流れ出している。
泉質は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で中性のお湯。
源泉温度が37℃と低いために、加温している。
無色透明のさっぱりした感じのお湯。
湯温は適温(若干低め)。
浴槽の衛生管理のために消毒あり、となっているが、塩素臭は感じられないので、最小限の使用と思われる。

dP7260076.jpg

浴室の窓からの景色が素晴らしく、鎌先温泉の温泉街が一望できる。

dP7260069.jpg

洗い場は7箇所あり、そのうち5箇所にシャワーが付いている。
シャンプー類が備えられている。

eP7260085.jpg

浴室からドアを開けるとすぐに露天風呂。

eP7260083.jpg

竹の湯口からは、お湯がほどよく注がれている。
泉質は、脱衣所に貼られた表示からは、内湯と同じようだ。
しかし、まったく違うお湯に思える。
露天風呂のお湯は、にごりがあり、茶色の湯の花が多数舞っている。
そして、鉄錆の匂いがプンプン。
入浴されている皆さんは(自分も含めて)、内湯には目もくれず、露天風呂に浸かっている。
爽やかな風、蝉の声、眺め、どれもが素晴らしい。

初めての木村屋だったが、お客さんが少ないこともあり、ゆったりと寛ぐことができた。
この旅館には、混浴の岩風呂もあるが、宿泊者専用なのか、日帰りでも入れるのかは不明。
次回行ったときには確認してこようと思う。

鎌先温泉 木村屋旅館
場所 宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
料金 大人500円 子供300円
時間 10:30~16:00

スポンサーサイト

コメント

No title

鎌先温泉は、木造の宿が並んで趣きがあって良いですね。
一度お湯に入ってみたいと思っていたので、参考にさせて
頂きます^^

と言いますか、いつも参考にさせて頂いております^^;

Re: No title

右肩さんへ

いつも参考にしていただき、ありがとうございます。

鎌先は、こじんまりとした温泉街ですが、いい雰囲気が感じられます。
とくに、最上屋旅館、一條旅館は、木造の趣ある建物で、以前湯治場として栄えたことが分かります。
また、「傷に鎌先」と言われており、昔から薬湯として知られているようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter