白布温泉 西屋

aP9140094.jpg

白布温泉の第2湯は、西屋。
東屋からは、徒歩1分の距離。

aP9140042.jpg

西屋は一部茅葺屋根の情緒ある宿屋。

aP9140036.jpg

県道に沿ったところにあり、駐車場は宿の向かい側。

aP9140095.jpg

玄関へは石段を登っていく。

bP9140097.jpg

玄関から中に入ると、宿の方が出迎えてくれる。
入浴料500円を払って、入館。
外靴を履き替えずに、そのまま、土間の細い通路を奥に進む。

bP9140099.jpg

お風呂は、湯小屋風になっており、旅館の中庭に面している。

bP9140101.jpg

手前が女湯、奥が男湯。
お風呂の入口のところで靴を脱いで脱衣所へ。

cP9140105.jpg

脱衣所は、棚と籠だけの簡素な造り。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP9140114.jpg

露天風呂はなく、内湯のみ。
お風呂の造りは、東屋とほぼ同じ。
石造りの4人サイズの浴槽からは、大量にお湯が溢れ出している。
泉質は、含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉。
微かなタマゴ臭と石膏臭が感知できる。
無色透明のお湯の中には、白い湯の花が無数に舞っている。
湯温は適温。
気持ちのよい掛け流しに大満足。

dP9140113.jpg

湯口は打たせ湯。
3本の筒からは、ものすごい勢いでお湯が落ちてくる。

dP9140112.jpg

一段高いところに、石造りの1人用の浴槽がある。
湯口からは熱い源泉がそのまま注がれている。
湯温は60℃で、そのままでは入れない。
加水用のホースがあったので、5分ほど加水し、温度が下がるのを待つ。
温度が下がったのを見計らって入るが、すぐに温度が上がっていく。
5分も浸かっていたら、体は茹蛸状態。
後で分かったが、この浴槽は、掛け湯用だったらしい。

洗い場は特に無いが、シャンプー類が置かれている。
その場に腰掛けて、浴槽から桶でお湯をすくって髪や体を洗う。

eP9140102.jpg

溢れたお湯は、浴室から渡り廊下のスノコの下を通って中庭の池に流れている。

東屋が現代風ならば、西屋は伝統的な宿屋で、昔ながらの風情が感じられる。
お湯は、非常に良く、気持ちのよい掛け流しで大満足。
こんなところで湯治ができたら最高だなあ、と思いながら帰路に着いた。

訪問日 2014年9月14日

白布温泉 西屋
場所 米沢市大字関1527
料金 500円
時間 12:00~15:30

スポンサーサイト

コメント

No title

茅葺き屋根の温泉宿ですか!
白布という山奥も相まって、古風な雰囲気万点の魅力的な
宿なのでしょう~お湯も良さそうですね^^

Re: No title

右肩さんへ

今回訪ねた白布温泉の東屋と西屋は、それぞれに良さがあって、甲乙つけがたいお宿でした。
お湯はどちらも素晴らしく、心地よい掛け流しで、大満足でした。
西吾妻スカイバレーへ向かう県道沿いにありますので、ドライブの途中に寄るのもいいかもしれませんね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter