網張温泉 休暇村(お風呂編)

aP9220113.jpg

9月21日から22日にかけて1泊で、岩手県にある網張温泉の休暇村に行ってきた。

aP9210042.jpg

ここは、岩手山の南西に位置し、近くには小岩井農場やこの夏訪れたゆこたんの森がある。
また、網張温泉スキー場がこの施設のすぐ隣にある。
標高が高いために気温は低く、朝は10℃を切っている。
休暇村は、2階建ての本館と、3階建ての東館と、4階建ての西館の3つからなり、それぞれが連絡路や廊下でつながっている。
今回宿泊したのは、景色のよい西館の3階の部屋。
詳しくは、続編(お宿編)で紹介したい。

aP9220094.jpg

午後3時にチェックインし、すぐにお風呂に向かう。
この施設には、お風呂が3箇所ある。
1つ目は、東館2階にある白泉の湯。
2つ目は、西館1階にある見晴らしの湯。
この2つは、日帰り入浴でも入ることができる。
そして、3つ目は、仙女の湯。
渓流沿いに設けられた混浴の露天風呂。
宿からは、山道を7分程度歩いたところにある。
さらに、今回は入らなかったが、日帰り専用の温泉館がある。
これらは、宿泊すれば、すべて入ることができる。

bP9210008.jpg

まず向かったのは白泉の湯。

bP9210009.jpg

ここには、男女別の内湯がある。

bP9210011.jpg

脱衣所は、そこそこの広さがある。
ロッカーはすべて鍵付きのため、日帰り入浴のときも便利。
日帰り客の多くが見晴らしの湯に行くので、こちらは空いていることが多い。
ゆったりしたいときにはお薦め。

bP9210070.jpg

3時半過ぎに入ったが、ほぼ貸切状態。
浴室に入った瞬間に強烈な硫化水素臭が感じられる。
扇形をした浴槽は、8人サイズ。

bP9210074.jpg

湯口からは、熱いお湯が勢いよく注がれている。
泉質は、単純硫黄泉(硫化水素型)で、PH4.1の酸性湯。
色は若干青みがかっており、白濁している。
湯温は適温。

bP9210075.jpg

溢れたお湯は、浴槽の縁から壁側に設けられた排出路へ流れ出している。
気持ちのよい掛け流しに大満足。

bP9210076.jpg

洗い場は8箇所。
それぞれに、プッシュすると出てくるお湯とシャワーが備えられている。
ただし、お湯の温度調節はできない仕組み。
シャンプー類も完備。

続いて向かったのは、西館1階にある見晴らしの湯。

eP9220089.jpg

東館から西館に行き、エレベーターで1階に下りる。
エレベーターを降りると見晴らしの湯の入口があるが、そこから長い廊下をどんどん奥に進んでいく。
途中には、無料の休憩所が3箇所、喫煙所、マッサージ室などがある。
日帰りのときには、休憩所はありがたい。

cP9210064.jpg

廊下の突き当たりには、お風呂の温度表示がある。
これによれば、露天風呂は若干高めの設定となっているようだ。

cP9210065.jpg

突き当たりの左右に男女別のお風呂の入口がある。

cP9210061.jpg

cP9210062.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
洗面台にはドライヤーが備えられている。
また、白泉の湯と同じように、ロッカーには鍵が付いている。

cP9210046.jpg

浴槽は、白泉の湯よりも少し大きくて、10人以上が入れる広さ。

cP9210058.jpg

湯口からは、勢いよくお湯が注がれ、溢れたお湯は浴槽の縁から排出路に流れ出している。

cP9210045.jpg

洗い場は10箇所程度ある。

浴室からは、そのまま露天風呂に行くことができる。

cP9210051.jpg

岩造りの浴槽は、10人サイズ。

dP9210052.jpg

こちらも、湯量豊富できれいに掛け流されている。

cP9210054.jpg

露天風呂からの眺めは最高に素晴らしい。
朝、昼、晩と、それぞれの違った景色が堪能できる。

さて、次はいよいよ仙女の湯。
こちらは、初入湯となる。

dP9210024.jpg

休暇村の施設から外に出ると展望台があり、その近くに案内表示がある。

dP9210025.jpg

宿泊客は無料だが、日帰りで入るときには、300円をこの箱に入れる。
なお、混浴のために、フロントで女性用のゆゆ着を300円で貸してくれる。

dP9210028.jpg

案内表示に従って施設に沿って歩くと、仙女の湯のゲートがある。

dP9210031.jpg

この先は、山道を少し歩くが、ところどころに案内板があるので、それに従って進む。

dP9210032.jpg

入口から約7分で脱衣所のある建物に到着。
たいした距離はないが、運動不足の身にはちょっときつい。
脱衣所内は電気がないので薄暗いが、脱衣所から1歩出ると、そこはパラダイス。

dP9220119.jpg

ここからの写真は、翌朝に入浴開始時間に合わせて、山道をダッシュして一番乗りを果たして撮ったもの。
行った初日は日曜日。
午後4時過ぎに入ったときには、10名近くが湯あみしており、しかも半数は女性。
こんな状況ではカメラを出すこともできず、浴槽はぎりぎり10人サイズなので、けっこう窮屈。
しかも、目のやり場に困ってしまい、ずっと滝の方と空を眺めて過ごす。
やっぱり、混浴は苦手。

dP9220120.jpg

翌朝の仙女の湯は、最高。
一晩中掛け流されていたので、お湯は新鮮そのもの。
表面が熱く、底が温いので、手足を使って湯もみする。
お湯に浸かっていると、不思議なことに、周囲の自然と一体となった感じがしてくる。
群れからはぐれた猿が温泉を楽しんでいるような気分。

dP9220131.jpg

湯口から注がれるお湯は、熱くて新鮮。
湯口付近に陣取ってしばらくボーっとする。

dP9220133.jpg

楽しいことの後には、苦しいことも。
この上りは、けっこうきつい。
はかはかしながら歩いて宿に戻る。
休暇村に行ったときには、仙女の湯は外せないと思った。

網張温泉 休暇村
場所 岩手県岩手郡雫石町網張温泉
日帰り入浴
 料金 本館・温泉館 各 大人600円 小学生310円
     仙女の湯 大人300円
 時間 本館 8時~15時
     温泉館 9時~18時(土日は19時)
     仙女の湯 8時~日没前
     (雨天時不可、冬期間は閉鎖)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter