百目鬼(どめき)温泉

KC3Z01691.jpg

今日は、山形市にある百目鬼温泉に行ってきた。
場所は、山形市の西部に位置する。仙台からだと、山形道蔵王ICから国道286号線に入り、国道13号線のバイパスを越えてそのまま進んで、国道348号線に入る。国道348号線を長井市に向かって行くと、百目鬼温泉の看板があるので、そこを右折してしばらく進んだところ。山形道蔵王ICからは車で30分程度。

KC3Z01671.jpg

周り一面が水田地帯で、今は田植えに備えている。
その背景には、まだ雪の残る蔵王の山並みが見渡せる。

KC3Z01641.jpg

玄関から中に入ると、券売機があり、300円で入浴券を購入。
貴重品ロッカーは券売機の横にある。100円のリターン式。

入浴券を受付のおばさんに渡して、浴室に向かおうとすると、次のような説明をされた。
1 とても強い温泉なので、長湯はせずに1回の入浴は3分以内にする。
2 脱衣所のドライヤーは5分10円なので、必要ならば10円玉を持って行く。
3 露天風呂の岩に気をつけ、露天風呂内で歩くときはゆっくり歩く。
とても親切なアドバイスだ。

KC3Z01661.jpg

廊下突き当たりの左側が男湯、右側が女湯になっている。

KC3Z01651.jpg

脱衣所には、説明通り、コイン式のドライヤーが備えられている。
あとは、脱衣かごと棚の簡素な造りだが、清潔感がある。

浴室・露天ともに、かなり大勢の入浴客がおり、写真は撮れなかった。
お湯は、緑がかった濁りのあるお湯で、鉄分を含んでいるため、鉄の匂いがする。
塩分も多く、しょっぱいお湯で、湯温は少し高め。

お風呂に入る前に、1回の入浴は3分まで、と言われていたが、5分程度、数回入ってみた。
見た目や匂いは優しい感じのお湯だが、それとは異なり、かなりハードなお湯で、風呂から上がったあともなかなか汗が引かず、ずっしりときた。長湯をすれば、湯あたりするかもしれない。

内湯は、木製の大きな湯船で、10人以上でも楽に入れる広さ。
湯口からは、新鮮なお湯が、かなりの勢いで注入され、溢れたお湯は、窓際の排水口から流れ出ている。
洗い場は広く、シャワーもあり、シャンプー・ボディソープが備えられている。

露天風呂は、岩風呂になっており、かなり広い。
こちらも源泉かけ流しで、湯船の縁からは大量のお湯がオーバーフローしている。
眺めがよく、周りのたんぼや遠くに蔵王の山々が見渡せる。
星空のもと、この温泉に入ったら最高だと思う。

今日は、もう1つの温泉をはしごするつもりで仙台を出たが、湯疲れしたので、お昼をどこかで食べて帰ることにした。


山形 百目鬼温泉
場所 山形県山形市百目鬼42-1
料金 300円
時間 6:00~22:00
お休み 第1月曜日 



スポンサーサイト

コメント

No title

山形もいい天気だったでしょうか。今日は午後,近所の東北大で花見をしました。缶麦酒と文庫本を持ってのんびり。ここは大学院生や地域の方々が毎年集うところで,込んでいなくて本当に桜をめでることができます。春の露天風呂にも心惹かれます・・・

Re: No title

山形もいい天気で暖かく、春を感じさせてくれました。
桜は、一部咲いているところもありましたが、全体としてはまだまだで、次の週末あたりが見頃になると思われます。
桜を見ながらのビールにも惹かれますが、露天風呂からお花見ができたら最高ですね。
だれかいいところがあれば教えてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter