東根温泉 旅館いづみ湯

aPB300033.jpg

今日は、東根温泉の旅館いづみ湯に行ってきた。
出発時、仙台は小雨模様だったが、山形に入ると晴れていて、とても気持ちが良い。
当初は、大二館に行くつもりだったが、残念ながら、お風呂場の工事が入っていて日帰り入浴は受け付けていないとのことだった。
12月の中旬から再開するとのことだったので、大二館は次回の楽しみにしたいと思う。

aPB300037.jpg

いづみ湯は、東根の温泉街にあり、大二館から近い。
また、前回訪ねた松浦屋もすぐ近くにある。
2階建てのこじんまりと旅館で、我々が到着したときには、若女将さんが、玄関前の掃除をしているところだった。

aPB300039.jpg

初めての訪問だったので、「お風呂に入りに来ました。大丈夫ですか?」
「どうぞ、入ってください。」
といったやりとりがあり、入浴料350円を払って中に入る。

bPB300032.jpg

玄関を入るとすぐに帳場があり、廊下を奥まで進むとお風呂がある。
旅館は新しく、館内に光が入るので、明るい。
隅々まで清掃が行き届いており、清潔感がある。

bPB300029.jpg

赤い暖簾をくぐると男湯があり、その奥に女湯がある。

bPB300024.jpg

脱衣所は、棚と籠、洗面台といった簡素な造り。

cPB300023.jpg

浴室に入ると、ほんのりとアブラ臭が感じられる。
三角形の浴槽は、4人ぐらいが入れる広さ。

cPB300004.jpg

湯口からは、ザーザーと音をたててお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
色は、薄い紅茶色。
湯温は高めだが、水で薄めなくても入れる温度。

cPB300003.jpg

溢れたお湯は、浴槽の隅に設けられた排出口から外に流れだしている。
注入量に比べて排出量が少ないので、循環と掛け流しの併用と思われる。

cPB300017.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類が備えられている。
最初の10分ぐらいは、この旅館に泊まっているお爺さんと一緒だったが、出られてからは、貸切状態。
昨日は、職場の同僚の結婚披露宴があり、さらに仲間と2次会まで行き、そこで結構日本酒を飲んだので、体は疲れていたが、温泉に浸かったらすっかり回復した。
帰り際、玄関のところで、若女将さんは、娘さん(たぶん)とクリスマスツリーの飾り付けをしているところだった。
ああ、明日から12月になるんだ。1年が過ぎるのは早いなあ、などと思いながら旅館から外に出た。

dPB300038.jpg

外に出ると、隣に旅館不二乃湯を発見。
いい感じがするので、日帰り入浴が可能ならば、ここにもいつか行ってみようと思う。

旅館 いづみ湯
場所 山形県東根市温泉町二丁目2番25号
料金 350円
時間 要確認
電話 0237-42-0813


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter