鳴子温泉 四季の宿ますや

aP1250053.jpg

今日も爽やかな良い天気。
鳴子温泉の四季の宿ますやに行ってきた。

aP1250058.jpg

ますやは、先日訪れた鳴子観光ホテルの向かい側にある。
8階建ての高級感ある大きなホテル。

aP1250054.jpg

道路に面したところにある駐車場に車を停めて、玄関から中に入る。
フロントで入浴料を払い、車の鍵を預けて8階にある展望風呂に向かう。

bP1250003.jpg bP1250004.jpg

エレベーターを降りるとすぐのところに女湯があり、反対側に男湯がある。
時間帯で、男女を入替えているようだ。

cP1250048.jpg

脱衣所に入ると無料の貴重品ボックスがあるので、利用する。

cP1250044.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
暖房が効いていて、とても暖かい。
洗面台には、整髪料・櫛・綿棒・ひげ剃りなどが備えられている。

cP1250033.jpg

浴室に入ると、消毒用の塩素の匂いが感じられる。
内湯の浴槽は大きく、30人程度が入れる広さ。

cP1250029.jpg

大きな木製の湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯で、湯温は適温。
無色透明のお湯で、時折ふわっと硫黄臭がしてくるが、浴室全体に塩素臭がしているためにあまり感知できない。
浴槽の中では、細かな湯の花がチラチラと舞っている。
全体として、とってもマイルドな感じのお湯。

cP1250032.jpg

窓側に設けられた排出口から、溢れたお湯が外に流れ出しているが、循環と掛け流しが併用されている。

cP1250040.jpg

8階にあるので、窓からの景色は抜群。
温泉街や遠くの山々が一望できる。

cP1250036.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

続いて、露天風呂に向かう。

dP1250020.jpg

露天風呂は、内湯からも行けるが、脱衣所から直接行くこともできる。
浴槽は小さくて4人サイズ。

dP1250023.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
こちらは、掛け流しとなっており、溢れたお湯は浴槽の縁から外に流れ出している。
消毒用の塩素の匂いもほとんど感じられない。

dP1250021.jpg

内湯からの眺めも良かったが、露天風呂からの眺めはとても良い。
今日は風のない穏やかな天気なので、ほとんどの時間を露天風呂で過ごす。
ここからは、荒雄川の対岸がよく見える。

今日は、最初の20分ぐらいは、10名程度の団体さんがいたので、賑やかだったが、彼らが出てからは、ほとんど貸切状態に。
真冬とは思えないほど暖かく、露天風呂で過ごすには最高の日和だった。

四季の宿 ますや
場所 大崎市鳴子温泉字湯元82
料金 大人750円 子供380円
時間 11:00~14:00


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter