川渡温泉浴場(再訪)

aKC3Z0146.jpg

今日は、熱いお湯と硫黄臭を求めて川渡温泉浴場に行ってきた。

aKC3Z0117.jpg

連れは、藤島旅館に行くというので、最初に藤島旅館に行って連れを降ろし、いつものように公民館の駐車場に車を停める。
仙台は一昨日降った雪がまだ融けず、我が家の周りはアイスバーン状態だった。
大雪を覚悟していたが、川渡は思ったほど雪はない。

aKC3Z0120.jpg

温泉浴場までは歩いてもすぐの距離。

bKC3Z0121.jpg

脱衣所は、棚のみの簡素な造り。

bKC3Z0136.jpg

脱衣所に入るとすぐのところに入浴料金箱があるので、200円を入れる。

cKC3Z0129.jpg

浴室に入った瞬間、川渡カラーの笹濁りのお湯が目に入り、同時に硫黄臭が襲ってくる。
浴槽は、6人サイズで深め。
浴槽に2つのプラスチック製の棒のようなものが浮いており、その間に段がある。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉で、PH7.6の弱アルカリ性のお湯。
お湯の中には、白くて小さな湯の花がたくさん舞っている。

cKC3Z0127.jpg

お湯はいったん湯溜めに入り、浴槽に注がれる。
注入量はかなり多い。
湯温は高めで、45℃ぐらい。
お湯に体を沈めたら、じっとしていないと、辛い温度。
十分掛け湯しても、1回目は、1分で限界。
お湯から上がって床にゴロン。
また浸かってはゴロン。
これを繰り返して、徐々に体を慣らす。
最後は5分ぐらいは入っていられるようになる。

cKC3Z0128.jpg

洗い場は2箇所。
右の蛇口をひねると、熱い温泉が出てくる。(とっても良い香り)
左は冷たい水。
シャンプー類は持参したものを使う。

cKC3Z0132.jpg

木造りの建物は、天井が高くて風情が感じられる。
換気がいいので、この時期でも湯気はあまり立っていない。
今日は、終始貸切状態。
雪道の中、行ったかいがあった。

前回の訪問はこちら

川渡温泉浴場
場所 宮城県大崎市鳴子温泉字川渡25-59
料金 大人200円 子供100円
時間 6:00~22:00
    毎週、月と金が清掃日
    「午前8時より清掃となります」との掲示あり

スポンサーサイト

コメント

鎌先温泉行きました!

この頃、鳴子方面によく行かれますね。僕は、鎌先温泉に行ってみました。迷いましたが、露天が好きなので、木村屋旅館へ。フロントには、白い猫がまだ元気におりました。お湯は、すごくぬるき感じたのですが、あとあとまで体があったまりんこでした。今週は財政課との折衝でストレス120%だったので、癒やされました。前に書かれていたように、露天と内風呂のお湯が随分異なる印象を受けました。

Re: 鎌先温泉行きました!

kuroさんへ

鎌先温泉の木村屋さんに行かれたのですね。
露天風呂は、この時期はちょっと温いかもしれません。
しかし、雪景色を眺めながらの湯浴みは最高だと思います。

私の方は、3シーズン目のスタッドレスタイヤのため、雪があるときにはあまり山道に入らないようにしています。
そんな訳で、近場の温泉か、鳴子方面へ行くことが多くなっています。
早く、雪が融けないかなあ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter