藤島旅館 中浴場(再訪)

aP4110040.jpg

最近、山形の最上地方にある赤倉温泉が続いたので、久しぶりに川渡に行きたくなり、藤島旅館へ訪問した。
前回は中浴場に入ったが、お湯を入れている最中だったので、満タン状態を確認するために、今回も中浴場をチョイス。
藤島旅館には、300円の大浴場と500円の中浴場がある。
どちらもお湯は同じだが、中浴場の方が空いていることが多いようだ。
また、中浴場には、シャンプー類が備えられている。

aP4110001.jpg

自炊による湯治もできる歴史を感じさせる建物。

bP4110038.jpg

玄関から中に入り、帳場で受付をする。
大浴場に行く途中に有料のコインロッカーもあるが、帳場でも貴重品を預かってもらうことができる。

eP4110035.jpg

玄関周辺のショーケースには、置物や財布がところ狭しと並べられている。

bP4110003.jpg

大浴場は、玄関右側の廊下を奥に進むとあるが、中浴場は、玄関からまっすぐ奥に行ったところにある。

bP4110029.jpg

この旅館のお湯は、真癒(まゆ)の湯と名付けられている。
昔から、「脚気川渡」と言われるほどよく知られたお湯で、身も心も癒されるお湯である。

bP4110006.jpg

お風呂は、手前に女湯、奥が男湯となっている。
この辺りには、「500円のお風呂です」と表示されている。

cP4110008.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠だけのシンプルな造り。

dP4110012.jpg

浴室に入った瞬間に、川渡カラーのお湯が目に入り、同時に川渡独特な硫黄の香りが感じられる。
前回は、お湯を入れている最中でだったので、浴槽の中で寝湯を楽しんだが、やはり、満タン状態の方が美しい。

dP4110022.jpg

湯口からは、やや熱めのお湯が断続的に注がれている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で、PH7.5の弱アルカリ性のお湯。
熱いお湯をイメージしていたが、今日の湯温は、少し温め。
また、今日は、アブラのような黒い湯の花が多数舞っている。
温泉は、生ものなのだなあ!と思う。

dP4110024.jpg

浴槽の縁からは、溢れたお湯が流れ出している。
美しい掛け流しに大満足。
湯口の後ろ側が特にオーバーフローの多いポイント。
トド寝には、ここが一番。
貸切状態だった最初の20分は、お湯に浸かったり、床にゴロンとなったりして過ごす。

dP4110018.jpg

洗い場は3箇所あり、シャンプー類完備。
シャワー・カランの出具合も良好。

eP4110032.jpg

帰り際に、宿泊の料金表を見つけた。
お手頃な料金なので、退職したら、ここでゆったりと湯治を楽しめたらいいなあと思う。

藤島旅館
場所 宮城県大崎市鳴子温泉字川渡84
料金 中浴場 大人500円 子供300円
    大浴場 大人300円 子供100円
時間 7:00~23:00


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter