焼石クアパーク ひめかゆ(お宿編)

aP5060150.jpg

GWの終盤、5日から6日にかけて、岩手県の焼石温泉に1泊で行ってきた。
宿泊したのは、焼石クアパークひめかゆ。
ここを通り過ぎて少し先に行くと、ひめかゆスキー場と強烈なアブラ臭のお風呂があるやけいし館がある。

aP5060146.jpg

ひめかゆには、日帰り入浴施設と宿泊施設がある。
ゲートから正面に進めば日帰り施設(ゆうゆう館)。

aP5060157.jpg

宿泊棟(新館)は、ゆうゆう館の右側にある。

aP5060130.jpg

玄関で靴を脱いで、下足入れの鍵をフロントに預ける。
スリッパがないので、施設内では靴下か裸足か部屋に準備されている足袋で過ごす。

aP5060131.jpg

フロントで宿泊の受付をする。
今回は、1泊朝食付きのコースで、1人7200円。
受付後、お姉さんが部屋まで案内し、その途中でお風呂と朝食の場所を説明してくれる。

bP5050036.jpg

部屋は1階の奥の方。
8畳の和室に床の間と2畳の板の間付き。
夕食なしのコースなので、布団はセルフ敷き。
冷暖房のある快適な部屋。
窓側の障子を開けると木々の緑を楽しむことができるが、残念ながらカメムシ発生のため、障子は開けられない。

bP5050038.jpg

シャワートイレは清潔。

bP5050039.jpg

洗面台は2箇所ある。

fP5050053.jpg

寝酒には瞑想水大吟醸。
蔵元は宮城県加美町の山和酒造。
昨年度の新酒品評会で金賞を受賞したお酒。
爽やかな味わいだが、芳醇な香りが楽しめる最近お気に入りのお酒。

fP5060139.jpg

朝食は、日帰り施設ゆうゆう館の入口にある食堂でいただく。
朝7:00~9:00が宿泊者用のバイキング。
その後は、日帰り客用の食堂となっている。

fP5060137.jpg

座席はすべてテーブル席。
部屋数の多い施設ではないので、宿泊客が少なく、朝食もゆったりとることができる。

fP5060132.jpg

料理は、豪華ホテルのようにはいかないが、山菜や煮物など種類も豊富で味付けも良い。
大根、ごぼう、かぼちゃ、ウド、焼き魚などで、お腹いっぱい。
ご飯、ゼンマイとなめこの入った味噌汁も美味しくいただく。

ひめかゆは、お風呂良し、お宿良し、そしてリーズナブルな料金なので、いつかまた泊まってみようと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter