幕川温泉 水戸屋旅館

aP5100060.jpg

今日は、福島県の土湯峠温泉郷の一番奥まったところにある幕川温泉水戸屋旅館に行ってきた。
幕川温泉には宿が2軒あり、今日訪問した水戸屋の隣には、吉倉屋がある。
吉倉屋には2年ほど前に訪問しているので、よかったらこちらを見てほしい。
水戸屋旅館には、およそ20年前に一度宿泊しているが、そのときは夜に到着したので、県道から旅館までの狭い道がとても長く感じた。
今回は昼間の訪問だが、道路は一応舗装されているものの、狭くて傾斜もあるので注意深く運転する。
宿に到着し、車を旅館の裏にある駐車場に停める。

aP5100058.jpg

玄関から中に入ると、日本秘湯を守る会の提灯が出迎えてくれる。

bP5100053.jpg

玄関から左側の廊下を少し行ったところにある帳場で受付をする。
受付では、お風呂の案内をしてくれる。
それによれば、入浴できるお風呂は3箇所。
まずは、1階にある大浴場。こちらには男女別の内湯と露天風呂がある。
次に、2階にある展望露天風呂。こちらは混浴で、16:00~20:00は女性専用。
そして、駐車場の奥にある混浴の露天風呂。

連れは、1階の大浴場に、私は2階の展望露天風呂に向かう。

bP5100017.jpg

1階の廊下の途中にある階段で2階に上がり、2階の廊下を左側に進むと突き当たりに展望露天風呂がある。

cP5100014.jpg

突き当たりのドアを開けると、男女別の脱衣所がある。

cP5100012.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみの簡素な造り。
到着時、先客さんが3名。
お風呂の湯温が低めで、皆さん長湯なので、写真を撮るチャンスなし。
写真が撮りたくて、1階のお風呂に入った後にもう一度トライしたが、さらに混んでいたので諦めた。

展望露天風呂は、木造りの2つの円形の浴槽が中央でくっついたような形をしている。
湯口からは熱めのお湯が注がれ、浴槽の縁から溢れたお湯は外に流れ出している。
泉質は、弱酸性の単純硫黄泉。
白い湯の花が無数に舞い、ときどき黒っぽい湯の花も混ざり、お湯は白濁している。
匂いは当然ながら強い硫黄臭。
気温が低いためか、湯温は温め。
混浴となっているが、男女別の脱衣所からお風呂の方に出ると、隠れるものが何もないので、女性には少しハードルが高いかもしれない。
このお風呂からの眺めはとても良く、周りの山や木々を見ながら、まったりとした時間を過ごすことができる。

続いて、1階の大浴場に向かう。

dP5100019.jpg

大浴場は1階の廊下の突き当たりにある。

dP5100020.jpg

脱衣所は、そこそこの広さがあり、洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP5100022.jpg

脱衣所内には有料の貴重品ロッカーがある。

dP5100052.jpg

木枠の施された浴槽は8人サイズ。

dP5100047.jpg

木製の湯口からは、結構な量のお湯が注がれている。
泉質は、単純硫黄泉。
お湯は白濁しているが、今回入ったお風呂の中では、一番透明度が高く、湯温も高い。
2階の展望露天風呂で少し冷えたので、熱めのお湯はとても嬉しい。

dP5100049.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類が備えられている。
今日入ったお風呂の中では、唯一洗い場があるところなので、体や髪を洗う。

eP5100029.jpg

内湯から外に出るとすぐに露天風呂がある。
石造りの浴槽は4人サイズ。
こちらも湯温は温め。
吹く風がかなり冷たいので、長時間入っているのはちょっと辛い。

eP5100033.jpg

岩の間に設けられた湯口からは熱めのお湯が注がれている。

eP5100038.jpg

溢れたお湯は、浴槽の隅に設けられた排出口から外に流れ出している。

fP5100056.jpg

連れと待ち合わせをした玄関脇のソファ。
2階の展望風呂に2回入り、1階の大浴場でも長湯していたので、待ちくたびれた様子。
連れは、このまま家に帰るつもりでいたようだが、ここまで来て、渓流沿いの露天風呂に入らない手はない。
ということで、連れには車の中で少し待ってもらい、最後のお風呂に向かう。

fP5100081.jpg

露天風呂は、駐車場の奥にある。
目立たないところにあるので、受付で説明されなければ気づかないでいたかもしれない。

fP5100078.jpg

脱衣所はとても狭く、棚と籠のみ。

fP5100077.jpg

岩造りの浴槽は6人サイズ。
浅めの浴槽のため、寝湯に近い形でお湯に浸かる。

fP5100072.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれ、溢れたお湯は岩の隙間からそのまま小川に流れ出している。

fP5100071.jpg

湯温は適温。
お湯の鮮度が良く、眺めも素晴らしい。

2階の展望露天風呂は人気があり、お客さんが絶えることはなかったが、大浴場と外の露天風呂はほぼ貸切状態。
特に最後に入った露天風呂は、とても気持ちがよく、今回入ったお風呂の中では一番のお気に入りとなった。
風は少し冷たく感じたが、周囲の景色を眺め、鶯の囀りを聞きながら、まったりとした時間を過ごすことができた。

幕川温泉 水戸屋旅館
場所 福島市土湯温泉町鷲倉山1−3
料金 500円
時間 10:00~15:00
冬季休業(11月下旬~4月下旬)あり

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter