とどろき旅館

aP5230043.jpg

今日は、久しぶりに鬼首(おにこうべ)に行ってきた。
当初目指したのは、かむろ荘。
しかし、残念ながら、「本日日帰り不可」の張り紙があり、とどろき旅館に変更。

aP5230040.jpg

とどろき旅館は、鬼首の入口付近にある一軒宿。
露天風呂が素晴らしいと、評判の宿。

bP5230036.jpg

玄関から中に入ると女将さんが出迎えてくれる。
日帰り入浴料を払って、無事入館。

bP5230027.jpg

お風呂は、玄関から廊下を奥に少し進み、途中から左に曲がって、突き当たりに近いところにある。
この宿には、男女別の内湯の他、混浴の露天風呂、貸切の露天風呂がある。

露天風呂には先客がいるようなので、まずは内湯に向かう。

bP5230003.jpg

脱衣所は、棚のみのシンプルな造り。

cP5230015.jpg

脱衣所から階段を2~3段下ったところに浴槽がある。
浴室に入った瞬間に石膏臭のいい香りがしてくる。
浴槽は小さく、2人サイズ。

cP5230009.jpg

岩の隙間から少し熱めのお湯が注がれている。
お湯に足を浸けた瞬間はかなり熱く感じるが、湯もみすれば入れる温度。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。PHは7.6。
MT泉だが、掛け流しのお湯はとても新鮮に感じる。

cP5230010.jpg

浴槽の縁からは、溢れたお湯が静かに流れ出している。
浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると、浴室の床は洪水状態。

cP5230008.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー付きのカラン、シャンプー類が備えられている。
ただ、カランとシャワーは、急に熱くなったり、冷たくなったりするので、お湯の調整が難しい。

内湯では完全に貸切状態だったので、トド寝したり、お湯に浸かったりしながら、しばらくまったりとした時間を過ごす。

その後、いったん服を着て、露天風呂に向かう。
露天風呂は、女湯から廊下を少し奥に進んだところにある。
ただ、こちらは大勢の先客さんで賑わっており、女性のお客さんも混ざっていたので、カメラはバッグから出さなかった。
脱衣所は棚のみの簡素な造りで、男女別となっている。
岩造りの細長い浴槽は、20人ぐらいが入れる広さ。
浴槽の中央付近に滝のような湯口があり、熱めのお湯が注がれている。
溢れたお湯は岩の隙間から排出路を伝って外に流れ出している。
ここは混浴だが、浴槽の中央に大きな岩があるので、その岩が一応男女の境目となっており、混浴への抵抗感は少ないかもしれない。
写真が撮れなかったので、宿のHPを見てほしい。

鬼首の温泉に行くときにはこの旅館の前を通るが、宿の駐車場にはたくさんの車が停まっていることが多い。
内湯・露天風呂ともに掛け流しで、雰囲気のあるお風呂なので、人気があるのだろう。
今日は、内湯は貸切状態でラッキーだったが、露天風呂はかなり混雑していた。
いつか宿泊して、のんびりと過ごしてみたいと思う。

とどろき旅館
場所 大崎市鳴子温泉鬼首字轟1番地
料金 大人500円 子供400円
時間 10:00~14:00

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter