やくらい薬師の湯

aP6060001.jpg

今日は、加美町の薬莱山の麓にある「やくらい薬師の湯」に行ってきた。
ここには以前よく通ったが、最近はあまり行くこともなく、震災の数ヶ月後に一度行ったきりなので、おそらく4年ぶりぐらい。
小雨が降る中、仙台を出発し、約1時間余りで到着。
玄関から中に入り、受付で入浴料を払って入館する。
料金は、1日券だと800円だが、2時間券にしたので500円。
首から下げるネームプレートのようなものに入館時刻を示した紙が入れられて渡される。

bP6060022.jpg

お風呂は、受付から廊下を奥に進んだところにある。
土日は結構混んでいることが多いので、覚悟していたが、案の定たくさんの入浴客で賑わっている。

bP6060020.jpg

脱衣所には、100円リターン式のロッカーと籠がある。
貴重品を持ち込む場合には、ロッカーで使う100円玉を忘れないようにする。
洗面台には大きな鏡があり、ドライヤーが備えられている。

cP6060007.jpg

浴室には、30人以上が入れる大きな浴槽がある。
泉質は、ナトリウム-塩化物泉で、PH7.6のお湯。
湯使いは、源泉温度が低めのために加温、お湯の入れ替え時には加水、循環濾過と掛け流しの併用、消毒ありとなっている。
そのため、浴室内には、塩素臭が漂っている。

浴室内には、ジェットバス、かけ湯、打たせ湯があるが、いずれもお湯は温泉ではない。
さらに、サウナと水風呂もある。

cP6060010.jpg

洗い場は12箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

内湯から外に出ると露天風呂。

cP6060004.jpg

一部に屋根がかけられた岩造りの浴槽は10人サイズ。
この露天風呂からの眺めは、特に紅葉の季節が美しく、お薦め。
夜も風情があってなかなかのもの。

cP6060006.jpg

竹の筒からは打たせ湯のような感じでお湯が注がれている。
泉質は、内湯と同じだが、加水されていないので温泉成分は濃く、かなり塩っぱい味がする。
内湯よりもお湯がよく、開放感もあるので、ほとんどの時間をここで過ごす。

eP6060023.jpg

お風呂から上がって外に出ると、雨もあがっていて、爽やかな風が吹いている。
近くの土産(どさん)センターに寄って、野菜などを買って、家路に着いた。

やくらい薬師の湯
場所 加美郡加美町味ケ袋薬莱原1-76
料金 1日券 大人800円 子供400円
    2時間券 大人500円 子供200円
    夜間券16:00以後 大人500円 子供200円
時間 9:00~20:30
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter