銀山温泉 瀧見館

aP7250099.jpg

今日は、銀山温泉の瀧見館に行ってきた。
当初は、共同浴場のしろがね湯とかじか湯のはしご湯を計画していた。
しかし、いざ銀山に到着してみると、気温が非常に高くて、共同駐車場からお風呂まで歩くのが辛く感じ、それならば、ということで、専用駐車場のある瀧見館を目指すことにした。

aP7250151.jpg

瀧見館に行くには、銀山温泉の共同駐車場を過ぎてすぐのY字路を右側に曲がり、そのまま道なりに進んで行く。
瀧見館の手前に専用の駐車場がある。
そこからは徒歩1分で行くことができる。

aP7250103.jpg

白い建物の瀧見館は地上2階、地下1階建てとなっている。
なお、有名なそば処滝見館はここから急な坂道を5分ほど下ったところにある。

aP7250104.jpg

瀧見館は、宿泊と日帰り入浴のための施設。

bP7250148.jpg

玄関から入り、正面にあるフロントで受付をする。

bP7250147.jpg

玄関の近くに観光バスが停まっていたので、もしやお風呂は激混みなのでは?と心配しながら、お土産物売り場を抜けて奥に進み、エレベーターで地下1階に降りる。

cP7250105.jpg

男湯はエレベーターを降りてすぐのところにあり、女湯は奥にある。

cP7250142.jpg

暖簾をくぐって脱衣所に入るとすぐのところに貴重品ボックスがあるので利用する。

cP7250136.jpg

施設自体が新しく、清掃も行き届いていて快適に過ごすことができる。

cP7250133.jpg

洗面台は入ってすぐのところに2箇所、奥に2箇所、合計4箇所あり、整髪料・ドライヤーなどが備えられている。

dP7250116.jpg

浴室に入った瞬間に、フワッとタマゴ臭が感じられる。
浴槽は10人サイズ。
窓からの景色は良好。

dP7250117.jpg

湯口からは少し温めのお湯が注がれている。
お湯を手に掬ってみると、タマゴ臭がプンプン。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉でPH6.6のほぼ中性のお湯。

dP7250118.jpg

湯使いは、循環と掛け流しの併用。
浴槽の縁の低いところからは、溢れたお湯が静かに流れ出している。
浴槽の中にある湯口からは熱めのお湯が勢いよく注がれていることから、上下のお湯の温度を変えることで湯温を調整しているものと思われる。
また、消毒あり、となっているが、ほんのりとしたタマゴ臭以外の匂いはほとんど感じられない。

dP7250115.jpg

洗い場は5箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

eP7250120.jpg

浴室のドアを開けて外に出るとすぐに露天風呂がある。

eP7250121.jpg

岩の湯口からは少し熱めのお湯が注がれている。
泉質は、内湯と同じ。

eP7250128.jpg

溢れたお湯は、岩の隙間を通って、排出口から外に流れ出している。

eP7250127.jpg

露天風呂からの眺めはとてもよい。
景色を眺めながら、出たり入ったりして、ついつい長湯に。

瀧見館に到着したときには、団体客がいるので、混雑することを懸念していたが、ちょうど昼食中だったようで、お風呂はほぼ貸切状態だった。
涼しい季節に銀山の温泉街を散策するのは、とても情緒があって好きだが、暑い日に歩くのはちょっと・・・。
そんなとき、瀧見館は大正解だったように思う。
また、到着がちょうど昼食時となったこともラッキーだった。
帰り道の途中で尾花沢すいかを買って、家路に着いた。

瀧見館
場所 尾花沢市銀山新畑522
料金 大人600円 子供300円
時間 11:00~13:30

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter