微温湯温泉 旅館二階堂(再再訪)

aP8180003_20150730040909253.jpg
(この写真は前回訪問時のもの)

昨日は、休みが取れたので、平日温泉。
毎日猛暑が続いているが、こんなときは、福島県の微温湯温泉に行きたくなる。
運動公園のあたりから行くルートが工事中で通行止めのため、前回と同じように、あづま温泉→流しそうめん→微温湯のコースで向かった。

aIMG_20150729_131205.jpg

今回は、デジカメを家に忘れてしまい、超格安のスマホで撮ったので、写真の質は良くない。
いつものように、帳場で受付をする。

bIMG_20150729_130839.jpg

細長い廊下を奥まで進むとお風呂がある。
途中に貴重品ロッカーがあるので利用。

bIMG_20150729_130543.jpg

脱衣所は棚と籠のみの簡素な造り。
先客さんは2名。
夏の土日は、混むことも多いので、平日に来て正解。

cIMG_20150729_130327.jpg

お風呂は手前の木造りの浴槽が微温湯、奥のポリバスが熱めのお湯。
2つを交互に入る人と、手前だけに入る人と分かれるようだが、自分はどちらかと言えば交互に入るタイプ。
皆さん長湯で、1時間ぐらいは普通。
お風呂から上がると、手足は完全にふやけている。

cIMG_20150729_130242.jpg

木造りの浴槽がとても美しい。
浴室の床は滑りやすくなっているので、歩くときには注意が必要。
簀子が敷かれているので、簀子の上を歩く。

cIMG_20150729_130312.jpg

湯口からは、ドバドバと温いお湯が注がれている。
源泉温度が31.8℃という低温のために、入った瞬間はひやっと感じるが、浸かっているうちに、じわじわと温かみが感じられる。
泉質は、含鉄(Ⅱ,Ⅲ)-アルミニウム-硫酸塩泉。PH2.6の酸性湯で無色透明。
匂いは若干の硫黄臭と金気臭。
味は、苦味と酸味。

cIMG_20150729_130512.jpg

浴槽の縁からザーザーと掛け流されていて、とっても気持ちが良い。

cIMG_20150729_130301.jpg

洗い場は2箇所。
シャワーと石鹸、シャンプー・リンスが備えられている。

dIMG_20150729_131145.jpg

お風呂から上がって外のベンチに行くと、白くて可愛らしい猫が眠っている。
宿の大女将さんから、名前を教えてもらう。名前は「お嬢」。
他に何匹かいる猫の母親。
人懐こくて、宿の看板猫とも言える存在。

下界は猛暑だが、山の中にある旅館は、涼しく感じる。
このまま何日もいられたらいいなと思いながら宿をあとにした。

前回の訪問はこちら

微温湯温泉 旅館二階堂
場所 福島市桜本温湯11
料金 500円
時間 10:00~15:00
    冬期間は休業


スポンサーサイト

コメント

うらやましい

先越されたぁ、今週ずっと行きたいと思ってました。
湯口下向きになったんですね、8月中に自分も行きたいと思います。

Re: うらやましい

江口さんへ

微温湯温泉は、夏の暑い時期に一度は入りたい温泉です。
湯口、よく気づきましたね。
実際のところは、管が長くなって、お湯の表面近くまで延びていました。
以前の豪快さはありませんが、湯量は変わらず豊富で、ザーザーと掛け流されていました。
この温泉では、いつまでも入っていたくなり、出るタイミングが難しいので、1時間と決めています。

No title

こんばんは、ご無沙汰しております。今日、日航機墜落事故現場の御巣鷹山へ慰霊登山してきました。言葉に言い表せない現場でした。帰りに山奥の「浜平温泉しおじの湯」で汗を流しました。すっきり気持ちの良いお湯でしたよ。さすが群馬ですかね。

Re: No title

kuroさんへ

お久しぶりです。
御巣鷹山へ行かれたのですね。
日航機の墜落事故は、今でも記憶に残っています。

群馬の温泉は名湯ぞろいですよね。
まだ入ったことがないので、いつか行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter