道の駅上品(じょうぼん)の郷 ふたごの湯

aP8160003.jpg

今日は、ふたごの湯に行ってきた。
震災前に行ったことがあるが、おそらく10年ぐらい前のこと。
久しぶりの入湯。

aP8160040.jpg

ふたごの湯は、道の駅上品の郷の中にある。
場所は、三陸自動車道河北インターチェンジから国道45号線に入り、気仙沼方面に500mほど進んだところ。

aP8160002.jpg

道の駅の中には、コンビニ、農産物直売所、レストランなどがあり、ふたごの湯は、入口から入って一番奥にある。

bP8160007.jpg

玄関から中に入り、下足入れに靴を入れて、券売機で購入した入浴券と下足入れの鍵を受付で渡す。
すると、下足入れの番号と同じ番号の札を渡される、
帰るときには、札と鍵を交換する。

cP8160011.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
鍵付きのロッカーは100円リターン式。

cP8160012.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP8160018.jpg

浴室内には、お風呂が2箇所ある。
大きな浴槽は20人程度が入れる広さ。

dP8160024_20150816120738093.jpg

浴槽の隅の方に設けられた湯口からは、熱いお湯が注がれている。
泉質は、含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で高張性中性冷鉱泉。
源泉温度が16.3℃のため加温しての注入。湯温は適温。
湯使いは循環と掛け流しの併用。
匂いは微金気臭、味はかなりしょっぱい。

dP8160025_20150816120740857.jpg

溢れたお湯は、浴槽の縁から外に流れ出している。

eP8160017.jpg

もう一つのお風呂は、半露天のような造り。
浴槽は一回り小さくて10人サイズ。
窓が開け放たれているので風通しがよい。

eP8160028.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は、もう一つのお風呂と同じ。

eP8160026.jpg

浴槽の切り欠けからは静かにお湯が溢れ出している。

mP8160015.jpg

浴室内にはサウナと水風呂がある。
水風呂には源泉が注がれているので、とても冷たく、色も強烈。

fP8160020.jpg

洗い場は20箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。
売店でタオルも販売しているので、手ぶらで立ち寄ることができる。

fP8160036.jpg

無料の休憩所が2箇所、食事処などがあり、施設は充実している。

gP8160004.jpg

玄関近くには足湯がある。

gP8160044.jpg

お風呂から出た後、農産物直売所で、新鮮な野菜などを買って帰路に着いた。

ふたごの湯は、道の駅にあるので利用しやすく、いつも多くのお客さんで賑わっている。
お湯の力はかなり強く、長湯すると、ぐったりしてしまうほど。
南三陸や気仙沼に行く途中に、またいつか行ってみようと思う。

ふたごの湯
場所 石巻市小船越二子北下1−1
料金 平日 大人500円 子供200円
    土日祝日正月お盆等 大人700円 子供300円
    小学生未満は無料
時間 9:00~21:00(受付20:30まで)



スポンサーサイト

コメント

No title

自分は今日、ふたごの湯に行ってみました。湧かしているということで、当初は期待してなかったんですが、知人が推薦してくれて、行ってみました。結果、よかったです。確かにお湯にパワーがありますね。おかげで痛かった腰も楽になりました。帰りにレストランで芹蕎麦を食べました。まいう〜。

Re: No title

kuroさんへ

ふたごの湯に行かれたのですね。
私が行ったときにも土色のお湯はかなりのパワーが感じられました。
腰も楽になられたとのことで、何よりです。

レストランでは、ランチバイキングもやっているようなので、いつかまた行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter