秋の宮温泉郷 鷹の湯温泉

aPB230113.jpg

今日の仙台は朝から小雨で少し肌寒い。
最近開通したばかりの花渕バイパスを通って秋田の秋の宮温泉郷に行ってきた。
花渕バイパスは鳴子と鬼首を結ぶ道路で、鳴子ダムの周りを通るこれまでの道路に比べ、トンネルで直線的に結んでいるので時間がかなり短縮された。
旧道は道幅が狭いところやカーブ・坂のきついところがあったが、バイパスは道幅が広くて運転しやすいと感じた。

今日訪問したのは秋の宮にある鷹の湯温泉。
国道108号線から川に向かって坂を下った突き当たりにある一軒宿。
途中、道路は舗装されているが道幅が狭くて坂も急なので慎重に運転する。

aPB230120.jpg

鷹の湯温泉は2階建ての中規模な旅館。

bPB230109.jpg

受付はフロントで行う。
係の人が館内の地図を使ってお風呂の場所を教えてくれる。
それによれば、お風呂は3箇所にある。
大浴場、半露天風呂、野天風呂の3つ。
なお、貴重品は車に置いてきてくださいとの掲示がある。

bPB230052.jpg

まずは、旅館の一番奥にある半露天風呂を目指す。
フロントから奥に進むと、大浴場と婦人浴場がある。
そこから階段を少し登っていく。
館内には案内地図と表示があるのでそれに従って行く。

bPB230003.jpg

廊下を奥に向かってどんどん進む。

bPB230004.jpg

すると、外に出る扉がある。
ここから外に出れば、足湯と野天風呂、まっすぐに進めば半露天風呂。

cPB230006.jpg

さらに廊下を奥に進み、最後は石の階段を少し登ると半露天風呂に着く。
左手前は、婦人専用の半露天風呂。
その奥が混浴の半露天風呂。

cPB230008.jpg

混浴の半露天風呂の脱衣所は男女別となっている。
脱衣所は棚と籠のみの簡素な造り。

dPB230016.jpg

浴槽は2つある。
男性用の脱衣所側にあるのが、木造りのお風呂。
女性側にあるのが岩造りのお風呂。

cPB230009.jpg

木造りの浴槽は4人サイズ。

cPB230015.jpg

木製の湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、表示では弱食塩泉となっている。おそらく、ナトリウム-塩化物泉だと思う。
MT泉で、若干の塩味と風味、微石膏臭が感じられる。

cPB230017.jpg

注入された分はすべて掛け流されている。
浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると、あちこちからお湯が溢れ出す。

dPB230011.jpg

もう1つの岩風呂も4人サイズ。

dPB230023.jpg

dPB230024.jpg

竹筒からお湯が注がれ、溢れたお湯は岩の隙間から外に流れ出している。

dPB230021_201511231737383c8.jpg

屋根付きの露天風呂だが、非常に開放的で、眺望は抜群。
周囲の山々や川の流れがよく見える。

一応混浴となっているが、脱衣所が別となっており、男性側、女性側にそれぞれ浴槽があるので、女性にとってのハードルは低めだと思う。
また、お客さんもあまり多くないようなので、貸切状態となることも多いと思われる。

半露天風呂を楽しんだ後に向かったのは野天風呂。
いったん服を着て、廊下をフロントの方に戻る。
途中のドアから外に出ると、サンダルが用意されているので、スリッパからサンダルに履き替える。

ePB230029.jpg

案内の矢印に従って先に進む。

ePB230030.jpg

川沿いに少し歩くと足湯がある。
ここもしっかり掛け流しになっている。

ePB230032.jpg

足湯からさらに奥に進む。

ePB230048.jpg

木の階段を下っていくと、野天風呂。
手前の小屋が脱衣所。
脱衣所は棚と簀子のみの簡素な造り。

ePB230034.jpg

円形の岩風呂は8人サイズ。
浴槽は浅く造られている。

ePB230042.jpg

ePB230041.jpg

竹筒からはほどよく熱いお湯が注がれ、溢れたお湯は岩の隙間から川に流れ出している。

野天風呂は川のすぐ近くにあるので、小さな滝など川の流れがよく見える。
自然との一体感を感じながら、だれもいないお風呂に浸かってしばらくまったりとする。
宮城県はずっと雨模様だったが、このあたりは曇りで雨に当たらないのもラッキー。

いよいよ、最後の大浴場に向かう。
廊下をフロントの方に戻ると大浴場がある。

fPB230051.jpg

大浴場には女性タイムが設けられているが、午後4時から6時までなので、宿泊しないと入れないようだ。
また、その間は大浴場の隣にある婦人浴場が男性専用タイムとなっている。

fPB230054.jpg

脱衣所は広めだが棚のみの簡素なものとなっている。

fPB230058.jpg

大浴場には浴槽が4つある。
木枠の施された浴槽が3つ。
手前左側の浴槽は深さ130cm、右側はへそぐらい、奥が普通の深さとなっている。
泉質は皆同じで、湯温も大きな違いは感じられない。
いずれも奥行のある造りになっているので、思わず泳ぎたくなってしまう。

fPB230066.jpg

岩風呂は小さくて3人サイズ。

fPB230065.jpg

奥の方に打たせ湯があったので行ってみたが、冷たい水が落ちてきて、ビクッ。
洗い場は、合計5箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
半露天風呂と野天風呂には洗い場がないので、体と髪はここで洗う。
なお、シャワーの出方はイマイチ。

fPB230080.jpg

どのお風呂も湯口からは相当の量のお湯が注がれている。

fPB230085.jpg

浴槽の切り欠けからは溢れたお湯が浴室の床に流れ出している。

初めての鷹の湯温泉だったが、掛け流しの新鮮なお湯と宿の雰囲気に大満足。
絶対に泊まりたい宿の1つとなった。

鷹の湯温泉
場所 湯沢市秋の宮字殿上1
料金 650円
時間 11:00~14:00


スポンサーサイト

コメント

frapapaさん、ここいい雰囲気ですよね。
お湯も柔らかくて最高です。女性用の内湯もなかなかいいんですよ〜。

大浴場は混浴だから泊まって入ってみたいです。野天もいいなー。

この前秋の宮の稲住旅館が廃業したばかりなので、ここ鷹の湯さんに頑張って欲しいです。

Re: タイトルなし

デビャさんへ

鷹の湯さんは、宿の雰囲気やお風呂がとても良く、お泊りしてゆっくりしてみたいなあと思いました。

バイパスができたおかげで、秋の宮まではぐっと距離が縮まった感じがしました。
他にも日帰りできそうな宿があるので、また行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter