東鳴子温泉 旅館なんぶ屋(再訪)

aPB290002.jpg

今日の仙台は久しぶりの良い天気。
最近、週末になると天気が悪かったが、今日は空気も澄んでいて気持ちがいい。
アブラ臭を求めて東鳴子温泉のなんぶ屋に行ってきた。

aPB290001.jpg

なんぶ屋に行くのは、約1年半ぶり。
場所は、東鳴子温泉の真ん中あたりで、近くには高友、いさぜんなど強豪が揃っている。
なんぶ屋には12時半過ぎに到着。
駐車場にはけっこうな台数の車が停まっていたが、いくつかの団体さんが利用している模様。

bPB290004.jpg

帳場で受付をした後、お風呂に向かう。
お風呂は帳場のすぐ近く。
前回訪問時には、奥が男湯、手前が女湯だったが、今日は逆になっている。

cPB290030.jpg

脱衣所は広めの造りで、棚と籠の他に貴重品ボックスが備えられている。

cPB290005.jpg

大きな鏡のある洗面台にはドライヤーが3台置かれている。
これからの季節にはありがたい。

dPB290018.jpg

浴槽は大きく10人以上が入れるサイズ。

dPB290025.jpg

2人分の寝湯があるので、ゴロンとなってみる。

dPB290023.jpg

2本の管から熱いお湯が注がれている。
ここのお湯は2つの源泉の混合泉で、泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で中性のお湯。
浴槽の中では大小の茶色の湯の花が舞っており、お湯の色はうす茶色。
匂いは、微アブラ臭。
湯温は適温で、長湯できる。

dPB290024.jpg

源泉掛け流しになっており、溢れたお湯は浴槽の切り欠けから外に流れ出している。

dPB290027.jpg

洗い場は6箇所ほどあり、シャワー・シャンプー類が備えられている。
浴室内の湯気で、カメラのレンズが曇り、ボケた写真になっている。

ePB290011.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
石造りの浴槽は8人サイズ。
屋根があり、周囲が塀で囲われているので眺望はよくないが、涼しい風に当たりながら風呂に入るのは気持ちがいい。
今日は女湯となっている隣の露天風呂は、木造りだったと記憶している。

ePB290015.jpg

岩の隙間から熱いお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じ。
お湯の通り道が黒く変色している。

ePB290017.jpg

溢れたお湯は、岩の隙間から外に流れ出している。

なんぶ屋は、建物が新しくて清潔感がある。
連泊すると安い料金で泊まれるようなので、いつかのんびりと湯治するのもいいな、などと思いながら家路に着いた。

旅館なんぶ屋
場所 宮城県玉造郡鳴子町大口字鷲ノ巣90-18
料金 大人500円 子供250円
時間 10:00~20:00

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter