畑の沢鉱泉たまご湯

aP1230026.jpg

今日は、岩手県の一関市千厩(せんまや)町にある畑の沢鉱泉たまご湯に行ってきた。

aP1230036.jpg

千厩は、宮城県の気仙沼にほど近い場所にある。
畑の沢鉱泉たまご湯は、一関市と陸前高田市を結ぶ国道284号線から車で10分ほど入ったあたり。
土地勘のない場所なので、ナビ頼り。

aP1230030.jpg

畑の沢鉱泉たまご湯は、地区の集会場のような感じの施設。
実際、中に入ってみると、たくさんのお年寄りが座敷でお茶を飲んだり、お話をしたりして寛いでいる。
ここは、自治会手作りの施設で、近所のおばちゃん達が交代で受付をしているとのこと。

bP1230021.jpg

玄関から中に入り、右手の廊下を奥の方に進むと受付がある。

bP1230019.jpg

廊下の突き当りの扉を開けてさらに進むと、右側に女湯、左側に男湯がある。

bP1230015.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のほかにベンチと洗面台があり、ドライヤーが備えられている。
到着時には、脱衣所には5~6名おり、混雑していた。
脱衣籠もすべて使用中でどうしようかと思っていたら、おじいちゃんが「これ使って」と、使い終わった籠を渡してくれた。
とっても温かい心遣いに感謝!

cP1230002.jpg

浴室に入ると、狭い浴室に5名ほど先客さんがいたが、皆さん次々と上がっていったので、途中から一気に空いてきた。
11時頃に到着したが、皆さんは10時の開店に合わせて入っていたようで、ちょうど風呂からあがる時間だったのだろう。
浴槽は小さく、3人サイズ。

cP1230004.jpg

湯口は2つあり、石の湯口からはザーザーと音を立てて熱いお湯が注がれている。
こちらは加熱・循環のお湯。
もう1つの湯口は、石の湯口の右下にある塩ビ管。
ここからは、冷たい鉱泉がチョロチョロと注がれている。
手に掬ってみると、無色透明だが、少しトロミがある。
ただ、たまご臭や特別な匂いは感知されず。
浴槽内でブレンドされたお湯は、若干のトロミがあり、肌に擦るとツルツル感がある。
泉質は不明。

cP1230009.jpg

湯使いは、循環メインで、一部掛け流しとなっている。
洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備だが、1つは故障中のようで使用できず。
故障していることを分からずに椅子に座ると、隣のおじいちゃんが、「自分は洗ったのでどうぞ使って」と、空けてくれた。

cP1230010.jpg

仕切りの向こう側は、女湯。
連れがおばちゃん達に捕まって、話をしている様子がよく聞こえる。
「どこから来たの?」
「仙台からです」
「実家が近くにあるの?」
「いいえ、うちのが温泉好きで、温泉巡りをしているんです」
「へえー」ってな感じ。

風呂から上がって休憩所に行くと、受付のおばちゃんからお茶を勧められる。
ここに集まっている皆さんは、とってもフレンドリーで、いろいろ話かけてくれる。
ちょっと方言がきつくて分からないこともあったが、いいひとときを過ごすことができた。
身も心も温まり、たまご湯をあとにした。

畑の沢鉱泉たまご湯
場所 一関市千厩町小梨字小林334-1
料金 大人500円 子供100円
時間 10:00~19:00
定休 毎月第2・第4水曜日


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter