川渡温泉 板垣旅館

aP4090075.jpg

このところさらっとした温泉が続いたので、今日は久しぶりにタマゴ臭を嗅ぎたくなって川渡に行ってきた。
目指したのは、これまでに何度も通っている板垣旅館。

aP4090083.jpg

場所は、川渡のメインロードにあるくるみ豆腐の店のところから玉造荘に向かって入ったところにある。
建物は向かって左側が新館、右側が旧館となっており、旧館の玄関から中に入る。

bP4090004.jpg

中に入るが人の気配が感じられない。
「ごめんください」と声をかけるが応答なし。
こんな時には、玄関に置かれた桶にお金を入れて中に入る。

bP4090006.jpg

最初に新館のお風呂に向かう。
玄関から廊下を奥に進み、ドアを開けてさらに進むと新館に行くことができる。
男女の暖簾が掛かっていないが、いつも左側が男湯、右側が女湯となっているので、私は左のお風呂に、連れは右のお風呂に向かう。

bP4090008.jpg

bP4090007.jpg

脱衣所はシンプルな造りとなっていて、大きな鏡付きの洗面台がある。

cP4090010.jpg

浴槽は4人サイズ。
しばらく誰も入っていなかったようで、浴室の床は完全に乾いている。

cP4090024.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫化塩泉で弱アルカリ性のお湯で、湯温は適温。
色は薄い緑色で、濁りはほとんどない。

cP4090043.jpg

浴槽の隅に設けられた切り欠けからは、溢れたお湯が静かに流れ出している。
浴槽が小さいので、ザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁からも一斉にお湯が溢れ出す。

cP4090029.jpg

お湯の中では、大小の白い湯の花が無数に舞っている。

cP4090025.jpg

洗い場は3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
お湯の温度調節が少し難しいが、シャワーの出具合は良好。

dP4090074.jpg

新館のお風呂から上がって、次に旧館のお風呂に向かう。
場所は玄関からの廊下の突き当りにある。

dP4090069.jpg

dP4090068.jpg

こちらは貸切で使用することができ、「入っていいよ」の札を「見ちゃいや!」に裏返す。

dP4090051.jpg

脱衣所は狭くて、棚のみ。

eP4090053.jpg

浴室のドアを開けた瞬間にタマゴ臭がフワッと感じられ、美しい浴槽に見とれてしまう。

eP4090056.jpg

お湯はいったん湯溜めに入り、そこから浴槽に注がれている。

eP4090055.jpg

溢れたお湯は浴槽の縁から浴室の床に流れ出している。
泉質は、新館のお風呂と同じだが、湯温はかなり高く、加水せずには入れない温度。
加水用のホースを湯溜めに入れて水を注ぎ、温度を下げる。
しばらく水を入れてからお湯に浸かる。

今日は、終始貸切状態。
新鮮なお湯とタマゴ臭に満足して家路についた。

板垣旅館
場所 大崎市鳴子温泉字川渡64
料金 大人400円 子供200円
    洗髪料100円
時間 10:00~20:00



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter