泡の湯温泉 三好荘

aP4170052.jpg

飯豊温泉飯豊梅花皮荘を出た後に向かったのは、泡の湯温泉三好荘。
梅花皮荘から国道の方に少し戻り、小学校近くの酒屋のところから右折する。
分岐点には、案内表示あるが、見落としてしまい、少し先まで行って戻ってくる。

aP4170112.jpg

分岐点からは道なりに進むが、分岐するところには案内表示あるので迷わずに行くことができた。
梅花皮荘からは車で10分ぐらい。

aP4170114.jpg

三好荘は、本館と別館の2棟からなる。
玄関は本館にあり、お風呂は別館にあるが、2棟は廊下で結ばれている。

aP4170107.jpg

玄関の上には「マタギのふるさと」と表示されている。

bP4170104.jpg

玄関から中に入り、帳場で受付をする。

bP4170101.jpg

お風呂に行くには、長い廊下を奥まで進んでいく。
途中には檜大浴場の案内表示があったが、残念ながら「本日お休み」の札が掛けられていたので、まっすぐに源泉温泉に向かう。
100%かけ流しとあり、期待感が高まる。

cP4170063.jpg

源泉温泉泡の湯は廊下の突き当りにある。

cP4170069.jpg

cP4170070.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみの簡素な造りとなっている。

dP4170071.jpg

浴室に入った瞬間に鉄の匂いが襲ってくる。
濁ったお湯の表面に油膜ができている。
初めて入るタイプのお湯。

dP4170091.jpg

湯口は浴槽内にあり、窓の下の方にある穴からお湯が注がれている。
泉質は、含鉄・二酸化炭素‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉で、PHは6.2。
匂いは鉄さび系の匂いが中心だが、非常に複雑な匂いがする。
湯温は低く、40℃以下。
塩分濃度が高く、かなりしょっぱい。

dP4170087.jpg

溢れたお湯は、浴槽の隅に設けられた排出口から外に流れ出している。

dP4170075.jpg

洗い場は1箇所のみ。
シャワー・シャンプー類完備。

dP4170083.jpg

浴室の窓からは、雪解け水で水量が増した川が眼下に見え、遠くは飯豊の山々がのぞめる。

湯温が低いために長湯したいところだが、お湯はかなり強く、あまり長く入っているとのぼせてしまいそう。
浴後は、温まりの効果抜群でしばらく体全体があたたかく、さらに肌はツルツルになる。
岩魚料理やマタギ料理が食べられる宿なので、いつか泊まれたらいいなと思う。

泡の湯温泉 三好荘
場所 西置賜郡小国町大字小玉川715
料金 400円
時間 10:00~16:00
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter