あすなろ温泉

aP4300129.jpg

4月30日、秋田県大館市の雪沢温泉大雪を出発して向かった先は青森県北津軽郡板柳町にあるあすなろ温泉。
ここはアブラ臭の聖地も言うべき温泉で宿泊も可能。
風呂付の客室があり、そこには源泉が引かれているので是非泊まってみたかったが、今回はダイちゃんと一緒なので残念ながら今後の楽しみとしたい。

aP4300128.jpg

ゴールデンウイーク真っ只中なので相当な混雑を覚悟していたが、着いてみると駐車場には車数台のみ。
施設の周辺はのどかな田舎の風景そのもの。

bP4300131.jpg

玄関から中に入り、券売機で入浴券を買って受付の人に渡す。

bP4300130.jpg

お風呂は入ってすぐのところ。
手前が男湯、奥が女湯となっている。

cP4300133.jpg

脱衣所に入ろうとすると、ちょっとした騒ぎが起こっている。
何事かと思って覗いてみると、脱衣所の床にポロッと、う*こが3粒ほど落ちている。
受付のおばちゃんが呼ばれ、ティッシュできれいにふき取っていた。
後で聞いたら、お年寄りが多いので、時々あるんだとか。
あ~、びっくりした!

cP4300161.jpg

脱衣所は広く、棚と籠、ロッカー、洗面台があるが、ロッカーに鍵は付いていない。
洗面台にはドライヤーが備えられている。

dP4300149.jpg

浴室に入った瞬間に、強烈な石油系のアブラ臭が襲ってくる。
くらくらするような素晴らしい香り。

内湯には浴槽が2つある。
手前は8人サイズで、湯温は42℃で適温。
奥は4人サイズで、湯温は45℃でかなり熱め。
どちらも深めの浴槽だが、奥の浴槽はかなり深くなっている。

dP4300150.jpg

2つの浴槽の境に湯口がある。
泉質は、ナトリウム‐塩化物泉で、PH7.7の弱アルカリ性のお湯。
塩分濃度が高く、かなりしょっぱい。
肌に擦るとツルツルした感じがある。

dP4300148.jpg

洗い場は左右と奥にあり、合わせて20箇所程度。
カランは赤い方が温泉、青が水となっている。
シャワーは固定式。
このスタイルを見ると、青森に来たことを実感する。

dP4300151.jpg

浴室内には温い1人用の浴槽がある。
ここは熱い浴槽に入った後にクールダウンするのに最適。
実際、熱い浴槽、温い浴槽、適温の浴槽を順繰り回っていると、時間が過ぎるのを忘れてしまう。

dP4300153.jpg

熱めのお湯が落ちてくる打たせ湯もなかなか気持ちが良い。

eP4300143.jpg

浴室の奥の扉を開けて、真っ暗な廊下を通って外に出ると露天風呂がある。
浴槽は4人サイズで、屋根付き。
周りを塀で囲まれているが、けっこう開放的な造り。

eP4300139.jpg

2本の湯口があり、左側からは熱いお湯が、右側からはかなり温いお湯が注がれている。
湯温は温く、風が強かったので、一度入ったらなかなか出られない。

fP4300166.jpg

敷地内には旅館部がある。
いつか風呂付のお部屋に泊まってみたいと思う。

fP4300168.jpg

全身アブラ臭まみれになって、次の目的地鯵ヶ沢に向かう。
その途中、雲が切れて岩木山がきれいに見えた。

訪問日:4月30日

あすなろ温泉
場所 北津軽郡板柳町大字掛落林字前田140番地1
料金 大人350円 子供150円
時間 7:00~22:00


スポンサーサイト

コメント

わあfrapapaさん青森旅ですか〜。
いいですね。
あすなろ温泉は泊まりましたよ。
部屋中がアブラ臭でいっぱいで幸せな夜でした。確か素泊まりで4500円。
部屋風呂付きでエアコンあって、何ともお得でした。また青森に行きたいですぅ。

Re: タイトルなし

デビャさんへ

ついに行ってきました、あすなろ温泉へ。
以前、デビャさんが宿泊したときの記事を読んで、青森に行ったら絶対行こうと決めていました。
大浴場、露天風呂、どちらも大満足でした。
今度行くときには風呂付の部屋に泊まって、アブラ臭に包まれてみたいです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter