まるみや旅館(お風呂編)

aP6170012.jpg

東鳴子温泉まるみや旅館のお宿編に続いてお風呂編。
まるみやにはお風呂が3つある。
1階の廊下の途中に、男女別のお風呂があり、その向かい側に混浴の大浴場がある。
ご主人の計らいで、女性用のお風呂も混浴風呂も貸切で使用させてもらう。

まずは、御婦人浴室と表示されたお風呂から。

aP6170016.jpg

脱衣所は狭く、棚のみの簡素な造り。

aP6170017.jpg

脱衣所から石の階段を数歩降りたところに浴室がある。

aP6170019.jpg

浴室に入った瞬間に、モール系のアブラ臭が感じられ、気分は高揚する。
コンクリートの浴槽は4人サイズで、やや深め。

aP6170025.jpg

湯口からはほどよくお湯が注がれている。
コップにお湯を汲んで匂いを嗅いでみると、アブラ臭の他に金気臭がはっきりと感じられる。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉で、中性のお湯。
濁りがあり、浴槽の底は見えない。

aP6170026.jpg

浴槽の切り欠けと低いところから常にお湯が溢れ出している。
2人で同時にお湯に浸かると、ザーッと音を立てて溢れ出していく。
お湯の表面はかなり熱いが、底の方がぬるいので、手足で湯もみすれば適温になる。

aP6170034.jpg

洗い場は一応あるが、大浴場で洗ってほしいとのことなので使用せず。

良質のお湯を十分堪能した後、いったん服を着て、向かい側にある大浴場に移動する。

bP6170037.jpg

大浴場の脱衣所は、男女別のお風呂の脱衣所よりは広く、棚と籠、洗面台が備えられている。

bP6170040_201606181258582cd.jpg

浴室には8人程度が入れる台形の美しい浴槽がある。

bP6170049.jpg

湯口の岩には温泉成分が堆積している。
泉質は、ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉で、弱アルカリ性のお湯。
無色透明のお湯は若干のトロミがある。
匂いは一般的な温泉臭で、特別な匂いは感じられない。
お湯はとても新鮮。特に一晩中掛け流されていた朝一は最高。

bP6170043.jpg

洗い場には、シャワー・シャンプー類完備。

cP6170057.jpg

浴室から出たところの廊下にドライヤーが備えられている。

dP6180109.jpg

お湯のコンディションが女風呂の方が良いとのことだったので、実際には入らなかった男性用の浴室。
女性用の浴室とほぼ対称になっている。

敷地内に源泉を持っているまるみやは、お湯の良さをしっかりと維持している。
私もだが、連れがこの宿をとても気に入ったので、また行ってみようと思う。
今度はダイちゃんも連れて・・・。

スポンサーサイト

コメント

東鳴子とはまるみや旅館だったのですね。
それも八兆とセットとは。
うらやましすぎます。
正直、まるみやは一般受けする宿ではないとおもうので、他の方が泊まるとどんな感想をもつのか、ドキドキしますが(もう宿側の人間?)奥様が気に入ってくださったなんて、嬉しい限りです。

まるみやのお湯に入りたい〜。そしてきくちゃんと話すとなんかホッとするんですよ。

それにしても八兆は安いですね。温泉ブロガーさん達で賑わってましたか?

Re: タイトルなし

デビャさんへ

まるみや旅館は、お湯がとても良く、ご主人のお人柄も良かったので、また行ってみようと思います。
ダイちゃんを玄関に置いてもいいとのことだったので、今度はダイちゃんも一緒に連れていきます。
ただ、夏は暑そうなので、涼しい時期がいいかな、と思っています。

八兆は、料理の味・料金ともに大満足でした。
特に、イカ焼きをイカの腑に付けて食べたのは初めてでしたが、病みつきになりそうです。
行った日はお客が少なく、我々とご婦人が1人だけでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter