国見温泉 森山荘(お宿編)

1DSCN1137.jpg

鶯宿温泉を出発して、国見温泉の森山荘に向かう。
国道46号線にある道の駅あねっこを過ぎて秋田との県境に向かってしばらく行き、途中から県道266号線に入って奥まで行ったところが国見温泉。
森山荘の隣には石塚旅館があり、2年ほど前に訪問している。
そのときの記事はこちらからどうぞ。

1DSCN1138.jpg

到着後、まずは受付。
宿泊・日帰りともにここで受付を行う。
宿のご主人から、お風呂の場所、貸切ロッヂの場所と利用の仕方、食事の時間と場所などを教えてもらう。

1DSCN1126.jpg

受付のある建物の向かい側が宿泊棟になっている。

2DSCN1034.jpg

ペット可の貸切ロッヂ「こまくさ」はその上。

2DSCN1229.jpg

駒ヶ岳への登山道を少しだけ登ったところにロッヂがある。
荷物を持って、ダイちゃんを連れて登っていく。

2DSCN1015.jpg

バンガローのようなロッヂには部屋が2つある。
1つはフローリングの部屋でベッドが2つ並んでいる。
ペットはこの中では自由。
下界は30℃を超える暑さだが、ここは別世界。
標高が高いので気温が低く、夜は布団が必要なほど。

2DSCN1018.jpg

もう1つの部屋は和室。
こちらはペット不可となっている。

2DSCN1019.jpg

ロッヂにはトイレと炊事場があり、簡単な自炊が可能。
鍋や食器類も備えられている。
ただ、今回は2食付きで予約していたので、お湯を沸かしてコーヒーを入れる程度しか使わなかった。

2DSCN1159.jpg

長時間の車での移動でちょっと疲れ気味のダイちゃん。

2DSCN1043.jpg

ロッヂにはテラスが付いている。
ここからの眺めは最高。
夕焼けと夜空がとても美しかった。

3DSCN1237.jpg

食事は、受付した建物の広間(食堂)でいただく。

3DSCN1145.jpg

夕ご飯のときには、まずビールで乾杯。
風呂上りのビールは最高の幸せ。
お膳に用意されたのはきりたんぽ鍋、ミズ、山菜の煮物など。

3DSCN1150.jpg

食事の途中で出された岩魚、きゅうりの酢味噌和え、豆腐となめこなど。
素朴な味だが、どれも美味しくいただく。

4DSCN1235.jpg

朝食も同じ場所でいただく。
朝1時間以上散歩して、風呂に入った後の朝食は本当に美味しかった。

お宿編の最後はダイちゃんの写真をいくつか。

5DSCN1190.jpg

ペット専用のお風呂に行ってみるものの、匂いを嗅ぐだけで一向にお風呂には入ろうとしなかった。
以前、無理にお風呂に入れようとして失敗したことがあるので、今回は無理せずにパス。

5DSCN1210.jpg

朝の散歩で立ち寄った石塚旅館。
ダイちゃんはここに興味があるのかも・・・?

5DSCN1213.jpg

石塚旅館からさらに坂を下ると、国見山荘(日帰り温泉)の表示がある。

5DSCN1215.jpg

道路から急な階段を上った先に国見山荘がある。
営業しているのだろうか?

5DSCN1220.jpg

坂道をどんどん下って通行止めのゲートまで行ってみる。
行きはよいよい、帰りは大変。
急な坂道をひたすら登るはめに。
宿に戻ったときには、足がガクガク。
ダイちゃんもかなり疲れたようだ。

宿のご主人やお婆ちゃんのお人柄がとても良く、ペット可の貸切ロッヂのある森山荘。
もちろん、お湯も抜群に素晴らしい。
いつか必ずまた訪問しようと思う。

次は、お風呂編。(たぶん、明日アップ)
お楽しみに!

訪問日:2016.8.7~8

国見温泉 森山荘
場所 雫石町橋場国見温泉
料金 貸切ロッヂ 1泊2食 1人9,870円 ペット1,500円



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter