乳頭温泉郷 黒湯温泉

1DSCN1242.jpg

国見温泉に別れを告げて、秋田県の乳頭温泉郷に向かう。
最初に訪れたのは黒湯温泉。
以前行った鶴の湯からさらに奥に進んでいく。
道路の突き当りにある駐車場に車を停めて、徒歩で坂を下っていく。

1DSCN1246.jpg

坂の途中にある表示に従って先に進む。

1DSCN1289.jpg

坂を下りると受付の建物に到着。
ここで日帰り入浴の受付をする。
ここは喫茶店にもなっている。

最初に向かったのは、混浴風呂。

2DSCN1253.jpg

受付の建物に沿って進むと湯小屋にたどり着く。

2DSCN1281.jpg

入口から中に入る。
脱衣所は男女別になっている。

2DSCN1255.jpg

脱衣所は狭く、棚と籠のみの簡素な造り。

2DSCN1283.jpg

脱衣所の向かい側に内湯がある。
一応入口は男女別となっている。

2DSCN1259.jpg

大きな窓が開放されているので、内湯というより半露天。
入口は別でも中はこんな感じなので、女性にとって混浴のハードルは高いと思う。
湯口からは新鮮なお湯が注がれている。
泉質は、酸性の単純硫黄泉(硫化水素型)。
白濁したお湯からは硫黄のいい香りがしている。
もちろん、お湯はすべて掛け流し。

2DSCN1263.jpg

内湯の奥には打たせ湯がある。

2DSCN1268.jpg

脱衣所から外に出ると露天風呂がある。
景色を眺めながら、新鮮なお湯を心ゆくまで楽しむ。
ただ、時々アブが襲来するので、戦闘態勢は常に維持しておく。

混浴風呂を楽しんだ後は、男女別のお風呂に向かう。
いったん受付まで戻り、混浴風呂とは反対側に進む。

3DSCN1292.jpg

途中にコインロッカー(100円)がある。

3DSCN1304.jpg

宿泊棟やフォトギャラリーのある建物を抜けていくと、お湯が噴出しているところがある。
硫化水素が発生しているので、近づかないようにと注意書きがある。

4DSCN1308.jpg

その近くに男女別のお風呂のある湯小屋がある。

4DSCN1314.jpg

暖簾を潜って中に入ると左右両側に脱衣所がある。

4DSCN1316.jpg

とっても美しい浴槽には、硫黄臭のする白濁したお湯が張られている。

4DSCN1334.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
現在、砂防工事のために柵が施されており、眺望はよくないが、開放的な気分に浸ることができる。

5DSCN1354.jpg

5DSCN1310.jpg

男女別のお風呂のある湯小屋の近くには打たせ湯用の湯小屋がある。

6DSCN1297.jpg

黒湯は初めてだったが、どのお風呂も終始貸切状態だった。
平日、しかも月曜日の午前中だったのが幸いしたのかもしれない。
敷地内に旅館部、自炊部、食堂、喫茶店など、さまざまな施設があり、湯治場としての雰囲気が感じられた。
ここには、是非宿泊してのんびりと過ごしてみたいなと思った。

訪問日:2016.8.8

黒湯温泉
場所 仙北市田沢湖生保内2-1
料金 大人600円 子供300円
時間 9:00~16:00 冬季休業

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter